フリーランスとは

パラレルワークの文脈で用いられる用語「フリーランス」について解説します。

フリーランスとは

フリーランスとは、特定の企業に所属せず、個人事業主や個人企業法人として働くことを指しています。「自由業」と呼ばれることもあります。

「個人事業主」と呼ばれることもありますが、こちらは「法人ではなく個人で事業をおこなう者として、税務署に開業届を出している人のことです。講義には意味は変わりません。

その他には、フリーランスで働く人のことを「フリーランサー」「フリーエージェント」と言うことがあります。

雇用形態は業務委託が基本です。

具体的な職種や報酬は、人によって様々です。

フリーランスで働くメリット

フリーランスで働くことには、様々なメリットがあります。

今回は代表的なものをいくつかピックアップして紹介しましょう。

収入アップ

フリーランスは企業所属ではないため、自分の得意なことに特化して働くことができます。そのため、実力次第で報酬がどんどん上がり、大幅な収入アップを目指すことが可能です。

自由度アップ

フリーランスの場合、どのような案件に参画するか、どのタイミングで案件を受注するかは、すべて自分の裁量で決めることが可能です。

もちろん、その分責任は増しますが、自由度が高い働き方を実現できるでしょう。

働く場所や、休日の取り方も自由に決められます。シェアオフィスやコワーキングスペース、カフェで仕事をすることもできますし、平日にまとまった休みを取ることも可能です。

人間関係のストレスダウン

ひとつの企業に所属すると、どうしても職場内の人間関係でストレスを貯めてしまう人が多いでしょう。

フリーランスであれば、上司や部下、同僚との人間関係に悩むことはなくなります。不要な対人ストレスを解消できるため、のびのびと仕事ができるでしょう。

定年退職がなくなる

スキルと案件があれば、フリーランスは何歳になっても働けるのです。

企業所属のように、定年退職の年齢が決められていたり、再雇用で収入が下がってしまったりすることもありません。

定年関係について言えば、退職金がないというデメリットはあるものの、小規模企業共済を利用してカバーすることができるでしょう。