フリーランスとは?フリーランスの働き方について解説!

フリーランスと会社員の現役パラレルワーカー「こーへい」

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。

会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します!

現在日本には、フリーランスとして働いている人が1,100万人以上もいることをご存じですか?

「フリーランス」は、会社に所属せずに働いている人、くらいは知っているけど、実際フリーランスってどういう働き方をしているのか考える機会はあまりないと思います。

一方で、政府による働き方改革で、副業・兼業の解禁により、副業でフリーランスとして働く人が増加しており、興味を持っている人が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「フリーランスの意味やフリーランスの働き方」などについて、詳しく解説します!

テーマ「フリーランスの意味や働き方について解説!」
  • フリーランスとは?代表的な職種や仕事内容を紹介
  • フリーランスとして働くメリットやデメリット
  • フリーランスになる前に準備しておきたいこと

フリーランスとは?

フリーランスとは、企業や団体に所属せず、自分のスキルや経験をもとに、自由に仕事をしている人のことです。自由に活動しているので、「自由業」と呼ばれることもあります。

具体的には、世の中から求められる技術や知見を提供し、仕事や案件ごとに契約を締結し、その対価として報酬を受け取る働き方です。

ところで、「フリーランス」と「個人事業主」に違いってあるの?という疑問をよく聞きます。確かに、どこが違うか、聞かれてすぐに説明するのは難しいと思います。

フリーランスと個人事業主の違いについては、以下の記事で詳しく説明しているので、気になる方はチェックしてみてください。

関連記事

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します![…]

フリーランスと個人事業主の違い

フリーランスの代表的な職種と仕事内容

フリーランスの仕事について具体的にイメージしていただくために、実際にフリーランスとして活動している人が多い職種や仕事の内容についてご紹介します。

IT・クリエイティブ系

フリーランスとして最も多く働いているのがIT・クリエイティブ系の職種です。

エンジニアやWebデザイナーなどのIT・Web業界で活躍している人やイラストレーターやライターなど、クラウドソーシングサービスで仕事を受注している人もいます。

具体的には、以下の職種です。

  • エンジニア
  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • イラストレーター
  • ライター
  • 編集者
  • 翻訳・通訳
関連記事

この記事でわかること Webエンジニアの仕事と必要なスキル フリーランスのWebエンジニアになる方法と稼ぐ方法 Webエンジニアのフリーランスとしての独立をおすすめする理由フリーランス・複業[…]

Webエンジニアがフリーランスで稼ぐ方法は?【平均年収や仕事を獲得する方法も紹介】
関連記事

この記事でわかること Webデザイナーの仕事と必要なスキル フリーランスのWebデザイナーになる方法と稼ぐ方法 Webデザイナーのフリーランスとしての独立をおすすめする理由フリーランス・複業[…]

Webデザイナーがフリーランスで稼ぐ方法は?【平均年収や仕事を獲得する方法も紹介】

コンサルタント・カウンセラー系

次にフリーランスとして働く人が多いのが、コンサルタント・カウンセラー系の職種です。

コンサルタントや講師は、専門知識を活用した仕事なので案件を受注しやすく、フリーランスとして活躍している人が多いです。

  • コンサルタント
  • カウンセラー
  • 講師
  • スポーツトレーナー
関連記事

この記事でわかること コンサルタントの仕事と必要なスキルとは? フリーランスのコンサルタントになる方法と稼ぐ方法 コンサルタントのフリーランスとしての独立をおすすめする理由フリーランス・複業[…]

コンサルタントがフリーランスで稼ぐ方法は?【平均年収や仕事を獲得する方法も紹介】

ビジネス系

経営企画やマーケティング・広報などのビジネス系の職種もフリーランスとして活躍している人が多くいます。

以外に思うかもしれませんが、人事や経理・法務などのコーポレート系の職種にも、実はフリーランスとして活躍している人が多くいることです。

  • 経営企画
  • 新規事業開発
  • 人事・経理・財務・法務
  • 広報
  • マーケティング
  • 営業
関連記事

この記事でわかること Webマーケターの仕事と必要なスキル フリーランスのWebマーケターになる方法と稼ぐ方法 Webマーケターのフリーランスとしての独立をおすすめする理由フリーランス・複業[…]

Webマーケターがフリーランスで稼ぐ方法は?【平均年収や仕事を獲得する方法も紹介】

職人・アーティスト系

フリーランスといえば、この職人・アーティスト系の職種をイメージされる人が多いと思います。

ちなみに、美容師業界ではシェアサロンという新しい形態のサロンが登場したことで、フリーランスとして活躍している人が増加しているようです。

  • カメラマン
  • メイク・スタイリスト
  • 美容師
  • 調理師
  • アーティスト

専門・士業系

弁護士や税理士などの士業系の職種は、個人事務所を開設してフリーランスとして働いている人が多い仕事です。

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁理士
  • 公認会計士
  • 社労士

ここまで、フリーランスの代表的な職種と仕事内容についてご紹介しました。

次は、フリーランスとして働くメリットについて解説します。

フリーランスとして働くメリットはあるの?

フリーランスとして働くメリットは、以下のとおりです。

  • フリーランスの年収は正社員よりも高い傾向にある
  • 自由な働き方やパラレルワークが実現できる
  • 人間関係によるストレスを軽減できる

それでは、詳しく見ていきましょう。

フリーランスの年収は正社員よりも高い傾向にある

フリーランスで働くことで正社員よりも収入アップが期待できます!

特に、エンジニアやデザイナー・コンサルタントは、仕事や案件を紹介してくれるフリーランス専門エージェントサービスが豊富にあるため、独立後の収入安定や収入アップが期待できるのです。

関連記事

この記事でわかること フリーランスの年収分布・相場 IT・Web系フリーランスの職業別の平均年収 IT・Web系フリーランスが1,000万円稼ぐ方法 年収1,000万円以上を稼ぐフリーランスの特徴[…]

フリーランスの年収の相場はどれくらい?
関連記事

この記事でわかること 失敗するフリーランスの特徴 成功するフリーランスの特徴 成功しているフリーランスが実践していることフリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」[…]

フリーランスとして成功する人の特徴は?【失敗事例からわかるフリーランスの成功法則!】

自由な働き方やパラレルワークが実現できる

フリーランスの場合、どのような案件に参画するか、どのタイミングで案件を受注するかは、すべて自分の裁量で決めることができます。

働く時間も基本的に自由なので、仕事は一つではなく、複数の仕事を掛け持ちするパラレルワークも実現しやすいのです。

また、働く場所も基本的に自由です。ですので、自宅だけでなく、「シェアオフィス」や「コワーキングスペース」、「カフェ」などノマド的な働き方もできます。

関連記事

いま世の中では「副業解禁」という流れの中で、「副業」ではなく「複業」という新しい働き方に注目が集まっています。「副業」と「複業」、同じ「フクギョウ」という読み方ですが、何が違うのでしょうか?他にも、似ている言葉としてパラ[…]

複業と副業の違いは?
関連記事

この記事でわかることフリーランスが仕事場を選ぶポイントフリーランスが仕事場の候補フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)[…]

フリーランスの働く場所はどうする?

人間関係によるストレスを軽減できる

企業や会社では、職場内の人間関係でストレスを感じる人が多いのではないでしょうか?

ストレスは、仕事だけでなく生活や人生にとって悪影響しかありません。ストレスのあまり、うつ病などの精神疾患を患う人も多い時代です。

フリーランスであれば、上司や部下、同僚といった職場での人間関係に悩むことはありません。

フリーランスとして働くデメリットは?

一方で、フリーランスにはメリットばかりでなく、デメリットや働く上での注意点があります。

  • 仕事や収入が安定しない
  • 確定申告が必要
  • 有給休暇がない

仕事や収入が安定しない

フリーランスのデメリットとして、一番にあげられるのが、「仕事や収入が安定しない」ことです。

フリーランスは、基本的に自分で営業して仕事を受注するので仕事や収入が安定しない、という点は確かにデメリットです。

一方で、フリーランスは、自分の努力次第で大幅な収入アップを実現できることも大きな魅力です!

フリーランスと会社員、どっちがいいのか比較してみました!合わせてご覧ください。

関連記事

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します![…]

フリーランスとサラリーマンの違いは?

確定申告が必要

会社員であれば、基本的に確定申告は不要です。

しかし、フリーランスになると、事業所得の確定申告を行わなければならず、日々の経理業務や確定申告時期の事務作業など、労力が増えることは間違いありません。

関連記事

フリーランス・パラレルワーカー専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。パラレルワーカーズでは、現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介しています![…]

フリーランスの確定申告を解説!

一方で、フリーランスになることで、様々な経費を計上することができるため、合法的に税金を節税できる、というメリットもあります。

仮に同じ収入でも、実質的な可処分所得はフリーランスの方が多い、なんてことも十分あり得ます。

関連記事

この記事でわかること 税金の基礎知識と節税の基本 経費・所得控除で節税対策 青色申告・小規模企業等掛金控除で節税対策フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運[…]

フリーランスが知って得する節税のポイント!

さらに、「freee」や「MFクラウド会計」などのクラウド会計サービスがあるため、日々の経理業務や確定申告も、格段にラクになっています。

関連記事

この記事でわかること クラウド会計ソフトのメリット 人気の3大クラウド会計ソフトを比較 クラウド会計ソフトを選ぶ5つのポイントフリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカ[…]

フリーランス(個人事業主)の確定申告に便利な会計ソフトを徹底比較!

有給休暇がない

フリーランスになると、有給休暇はありません。そのため、休暇を取ると収入が入らないためデメリットとして取り上げられることが多いのです。

確かに、有給休暇があるのは、嬉しいことですが、日本の有給休暇の取得率は、ものすごく低いため、有給休暇がないことだけで、デメリットとは言えないのではないでしょうか。

もう少し踏みで考えると、会社員で1ヶ月の休暇を取ることは難しいところ、職種によりますが、フリーランスであれば長期休暇も取りやすい、というメリットにもなり得ます。

フリーランスになる前に準備しておきたいこと

フリーランスになると、会社員時代は気にもしていなかったことが、できなくなったり、不利益や不便なことが多々あります。

フリーランスになる前に契約を検討したいこと

フリーランスは、会社員と比較すると社会的信用が劣ります

特にフリーランスになったばかりは、確定申告を当然していないため、所得を証明するものがありません。ですので、以下の信用を必要とする契約には、特に注意が必要です

  • クレジットカードが発行できない
  • 部屋が借りられない
  • 融資が受けられない
関連記事

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します![…]

フリーランスにおすすめのクレジットカード3選

フリーランスになる前に準備しておきたい手続き書類

会社員からフリーランスとして独立するときには、健康保険や公的年金の切り替えや、個人事業主としての開業届を提出する必要があります。

  • 健康保険の手続き
  • 国民年金の鉄続き
  • 個人事業主の開業届の提出
  • 確定申告の準備
関連記事

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します![…]

フリーランスの開業届は提出した方がいい?
関連記事

この記事でわかること フリーランスと健康保険の基礎知識 国民健康保険の保険料は高い 退職後に利用できる任意継続を活用 国民健康保険組合は活用しようフリーランス・複業・パラレルキャリア専[…]

フリーランスが加入できる健康保険とは?
関連記事

この記事でわかること フリーランスの年金制度 老後の生活費はどのれくらい いますぐできる年金額を増やす方法 自分年金や老後資金をつくる方法フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディ[…]

フリーランスの年金は?

フリーランスになる前に収入安定のための複業・副業

フリーランスになれば、すべての人が高年収、自由な働き方を実現できるわけでありません。特に貯金がなく、勢いでフリーランスになって、全く案件が受注できないと、取り返しがつきません。

そこで、おすすめしたいのが、フリーランスになる前に複業・副業で生活費を稼げるくらいの仕事を獲得することです。

複業・副業サービスで仕事を探す

働き方改革の影響もあって、複業・副業の仕事や案件を紹介してくれるサービスがたくさん立ち上がっています。

パラレルワーカーズでは、複業・副業サービスについて日々調査をしています。参考になる記事をいくつかピックアップしたので、ぜひご覧ください!

関連記事

パラレルワーク(複業)をするためには、仕事・案件をうまく探す方法を知っておく必要があります。安定した収入を得るためには、定期的に理想の仕事を受注できるようにしておくべきだからです。そこで今回は、パラレルワ[…]

関連記事

この記事でわかることどんな複業・副業を選べばよいのか?選び方のポイント!自分に合った複業・副業サービスや転職サイトの見つけ方を解説!複業や副業をするメリットとは?こーへい複業・パラレルワー[…]

複業・パラレルワークや副業におすすめの求人サービスを徹底比較!
関連記事

初めて複業・副業をする場合、仕事探しに苦労するケースは少なくありません。業界や職種は決まっているものの、実績がないため良い案件が受注できずに困ってしまう人は多いのです。初めて取り組むわけですから、営業のノ[…]

実績がないのに仕事を見つけられる?初めての複業におすすめのサービス

複業・副業は会社にバレる?

会社員が複業・副業を行うとバレるのでは?と気になることも多いと思います。複業や副業が会社にバレた時のリスクやバレない対策について、まとめた記事があるので、チェックしてみてください。

複業・副業が可能かどうかは、会社の就業規則や人事・総務部などに確認を取ることをおすすめします!
関連記事

近年は働き方改革の影響もあり、「副業」の許可が出ている会社も増えてきました。会社員をしながら別の仕事をする「複業」も増えてきました。パラレルワークという言葉を耳にしたことがある人も多いでしょう。しかし気になるのが、「副業[…]

複業(副業)は会社にバレる? リスクとバレない対策【事例つき】

フリーランスが当たり前の社会に

ここまでフリーランスについて、以下のとおり詳しく説明してきました。

  • フリーランスの意味
  • フリーランスの代表的な職種と仕事内容
  • フリーランスとして働くメリットやデメリット
  • フリーランスになる前に準備しておきたいこと

これからの日本社会では、フリーランスとして働く人が急速の増加していくことが考えられます。

日本でフリーランス人口が増加する理由

今後、フリーランス人口が増加していく要因として、以下の3つが考えられます。

  • クラウドソーシングやマッチングサイトなどのITサービスの普及
  • 個人のスキルや技術を活用した仕事の増加
  • 終身雇用の崩壊、企業の複業・副業の解禁の加速

一番の要因は、やはりクラウドワークスをはじめとした求人や案件紹介のITサービスの普及です。

実際に、クラウドソーシング市場は、年平均45%以上の爆発的に成長しています!

現在は、ITベンチャーや中小企業での利用が多いクラウドソーシングですが、今後は、大手企業での利用が進むことが予測されており、労働者にとっても期待できます。

クラウドソーシングやマッチングサービスを企業が利用する理由は、優秀な人材を手軽に案件単位で雇えることです。

プロジェクト型の仕事へ

クラウドソーシングやマッチングサイトで外部の複業・副業ワーカーを雇うことが当たり前の社会になると、これまでの仕事や働き方自体が多く変化していくものと考えられます。

日本では仕事は会社単位」という概念ですが、欧米では仕事はプロジェクト型」というのが、当たり前になってきています。

そのため今後、日本でも欧米と同じようなプロジェクト型の仕事が増加していくことが十分考えられます。

実際に、複業・副業サービスの多くがプロジェクト型であり、その仕事を紹介するマッチングサービスが多く立ち上がっていることから、既にプロジェクト型の仕事へ移行が始まっています。

プロジェクト型の仕事がフリーランスを当たり前に

フリーランスの仕事は、もともとプロジェクト型と言っても過言ではありません。

ですので、プロジェクト型の仕事が増加すれば、フリーランスにとっては、仕事が増加することに等しいのです!

これからは、正社員であっても、複業・パラレルワークでフリーランスのような働き方を経験しておくことをおすすめします!

そうしなければ、外部のフリーランスに自分の仕事を奪われてしまう時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。