確定申告とは

パラレルワークの文脈で用いられる用語「確定申告」について解説します。

確定申告とは

確定申告とは、所得にかかる税金を計算して、その分を支払うための手続きのことを指します。

個人が確定申告をおこなう場合は、計算期間は1月1日から12月31日

翌年の2月中旬から3月中旬(具体的な日付は年度により異なる)までに、税務署に行って申告・納税をおこないます。

確定申告をする必要があるのは、主に以下に該当する人です。

  • 事業所得があった人(個人事業主:年間20万円以上)
  • 配当所得があった人
  • 不動産所得があった人
  • 給与所得があった人(年末調整によってカバーできる場合は申告不要)
  • 退職所得があった人
  • 譲渡所得があった人
  • 山林所得があった人
  • 一時所得があった人
  • 雑所得があった人(年金など)

(出典:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki2017/a/01/1_06.htm

確定申告の方法

確定申告をする方法は、以下の3つです。

  • 郵送(税務署に関連書類を送る)
  • 手渡し(最寄りの税務署の窓口に関連書類を提出)
  • e-TaX(オンライン上の電子申告システム・事前申請と専用機導入)

確定申告の種類

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の2種類があります。

以下は、平成21年度に弥生株式会社(会計ソフトウェア会社)が調査した、年収と確定申告種類の割合データです。

年収が上がるほど、青色申告の利用者の割合が高くなるのがわかります。

それでは続いて「青色申告」「白色申告」それぞれ特典や手続き、必要な書類が異なってくるため、前もって詳細を確認しておきましょう。

青色申告

節税メリットが大きい確定申告の方法です。

前もって、最寄りの税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておく必要があります。

主なメリットは以下の通りです。

  • 青色申告特別控除(10万円 or 65万円)
  • 赤字の繰り越し(最大3年間)
  • 専従者給与(親族への給与が経費になる)
  • 少額減価償却資産の特例(合計300万円まで)

 

白色申告

青色申告よりも節税効果は低いですが、作成書類の簡易さや、事前準備の手軽さが魅力です。

細かい帳簿をつけるのが苦手な人や、そこまで多くの収入がない人向けの確定申告方法です。

確定申告をしないとどうなるのか?

確定申告はひと手間かかる手続きなので、面倒に思ってしまう人も多いでしょう。

しかし、税務署の調査で遅かれ早かれ、申請をしていなかったことは明るみに出ます。

そうなると、以下のようなペナルティが課されることになります。

  • 延滞税の義務(年率最大9.2%)
  • 無申告加算税の義務(最大20%)
  • 国民健康保険料(国民健康保険税)や国民年金の減免もしくは免除手続きができなくなる
  • 不動産物件の賃貸契約が不利になる
  • 各種ローン、キャッシングの審査が不利になる
  • 幼稚園、保育園、こども園の保育料の補助が受けられなくなる
  • 公営への入居ができなくなる
  • 乳幼児医療費助成、児童手当、児童扶養手当の制限  など