Webディレクターがフリーランスで稼ぐ方法は?【平均年収や仕事を獲得する方法も紹介】

この記事でわかること
  1. Webディレクターの仕事と必要なスキル
  2. フリーランスのWebディレクターになる方法と稼ぐ方法
  3. Webディレクターのフリーランスとしての独立をおすすめする理由
フリーランスと会社員の現役パラレルワーカー「こーへい」

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。

会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します!

Webディレクターは、事業会社や制作会社で正社員として働いている人が、多いと思います。

そして、多くのディレクターが、クライアントからの無理難題に忙殺されており、さらに年収は低いという状況にあるのではないでしょうか?

このまま、正社員としてWebディレクターとして働くのか、年収アップかつ自由な働き方が実現できそうなフリーランスを目指すのか、迷うところです。

実は、近年のIT業界では、正社員だけでなくフリーランスのWebディレクターの需要が高まっています!

そして、Webディレクターの中には、フリーランスとして独立を果たし、高収入を得ている人が多くいるのです。

とはいえ、

  • フリーランスのWebディレクターなんて本当になれるの?
  • フリーランスのWebディレクターが高年収って本当?
  • フリーランスのWebディレクターになってメリットなんてあるの?

と、疑問を持っている人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「Webディレクターがフリーランスで稼ぐ方法や求められるスキル」について、詳しく解説します!

Webディレクターの仕事内容

はじめに、Webディレクターの仕事内容や求められるスキルについて説明しておきます。

なぜ、説明するのか?

それは、Webディレクターの業務範囲は、かなり幅広いため、人によってディレクターに対する認識が全く違うからです!

これからフリーランスとして独立を検討する前に、いま一度、自分の仕事やスキルについて振り返ってみてください。

こーへい
Webディレクターとして雇ったはいいけど、全く仕事ができない人がけっこう多いのです・・・

Webディレクターとは?

Webディレクターとは、一言で表現すると「Webサイトの品質に責任を持つ人」です。

具体的には、「企画フェーズ」、「制作フェーズ」、「検証・納品フェーズ」というWebサイト制作の上流工程から実際に公開するまで、Webディレクターの仕事は、多岐に渡ります。

それでは、フェーズ毎の業務内容について、簡単に概要を説明します。

企画フェーズのWebディレクターの業務

企画フェーズでは、クライアントの依頼内容やビジネス要求を適切に整理することがポイントです。

なお、アカウントプランナーのような営業担当者がいない会社では、クライアントへの概算見積りの提示や企画・提案まで行い、受注まで担当しているディレクターもいます。

  • 依頼内容の確認
  • ヒアリング
  • ビジネス要求の整理
  • 概算見積り
  • 企画・提案

制作フェーズのWebディレクターの業務

制作フェーズでは、要件定義やWBSなど用いてスケジュール設計を行います。

Webディレクターは、Webサイトの品質とプロジェクトの納期を守るために、課題管理進行管理をメインに行います。

会社によっては、情報設計(IA)やワイヤーフレームの作成まで担当しているWebディレクターもいます。

  • 要件定義
  • プロジェクト設計
  • スケジュール設計
  • 情報設計(IA)
  • ワイヤーフレーム作成
  • 進行管理
  • 課題管理

検証・納品フェーズのWebディレクターの業務

検証・納品フェーズでは、要件定義の内容と合っているか検証を行い、バグやミスがないかデバッグを行うなど、Webサイトの品質を維持・向上するための最後の大切な業務です。

  • 検証
  • デバッグ
  • 検収・納品

以上が、Webディレクターの仕事内容です。

いかがですか?ものすごく幅広い業務を担当していることが分かったと思います。

さらに、恐ろしいのは、この幅広い業務を複数の案件を並行して行っているのです!

Webディレクターに求められるスキル

ここまで、Webディレクターの仕事内容を説明してきました。では、そんなWebディレクターに求められるスキルについても簡単に解説します。

ヒューマンスキル

Webディレクターに最も必要なスキルが「ヒューマンスキル」です。プロジェクトを推進していくリーダーでもあり、制作スタッフのマネジメントやコミュニケーションが必要不可欠です。

  • リーダシップ
  • マネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル
  • スケジュール管理スキル

問題発見能力・解決能力

問題発見能力や解決能力は、すべての仕事に必要なスキルです。それは、Webディレクターも同じ。

ただ、Webディレクターの場合は、Webサイトのアクセス解析やデータ分析など、問題を発見するためのスキルも必要不可欠です。

  • 問題発見能力
  • 課題抽出スキル
  • アクセス解析
  • 統計学・データ分析スキル

マーケティングスキル

Webサイトは、制作して終わりではありません。ユーザーが来訪して初めて価値を提供できます。なので、Webディレクターには、集客に必要なマーケティングスキルも必要なのです。

  • Webマーケティングの知識
  • SEO・コンテンツマーケティングの知識
  • 広告や広報・PRの知識

企画・提案スキル

どんな仕事にも必要な企画・提案のスキル。もちろんWebディレクターにとっても重要なスキルです。そして、進歩が速いWeb業界では、日々の情報収集も大切です。

  • 企画力
  • 資料作成力
  • プレゼンスキル
  • 情報収集力

制作知識

Webサイトの制作には、プログラミング、デザイン、ライティングなどの専門スキルが必要です。ですので、Webディレクターは、制作スタッフへの指示やコミュニケーションのためにも制作知識が必要不可欠なのです。

  • Webデザイン・UI/UXデザイン
  • フロントエンド言語(HTML/CSS/JavaScript)
  • バックエンド言語(PHP/Ruby/JAVA)
こーへい
Webディレクターに求められるスキルは、幅広く、そして、高いレベルを要求されるのです・・・

Webディレクターの年収

DODA 職種別・平均年収ランキング 2020によると、Webプロデューサー/ディレクターの平均年収は、446万円です。

平均では、実際の年収との差が大きいので、もう少し詳しく見ておきましょう。

男女別 Webディレクターの年収

男性女性
484万円404万円

(引用:DODA 職種別・平均年収ランキング 2020)

年代別 Webディレクターの年収

20代30代40代50代
365万円462万円533万円554万円

(引用:DODA 職種別・平均年収ランキング 2020)

フリーランス・会社員のWebディレクターの年収

会社員フリーランス
~550万円程度~1,000万円以上

Webディレクターの年収は、会社員とフリーランスでは、かなり違います!

Webディレクターの仕事は、目に見えない仕事や作業が多いため、会社員の場合、正しく評価されず、年収に反映されないのかもしれません。

一方、フリーランスの場合は、年収1,000万円以上も十分可能です。後ほど説明しますが、案件を紹介してくれるエージェントの求人内容を見ると、

  • 単価が低い案件で月77万円、つまり年収は924万円!
  • 単価が高い案件で月105万円、つまり年収は1,260万円!

と、かなり高年収が期待できます!もちろんエージェントや案件の内容にとって、単価が大きく変わってきますが、総じて高年収であることは間違いありません。

フリーランスのWebディレクターになる方法

ここまで、Webディレクターの仕事やスキルについて説明してきました。

Webディレクターは、業務範囲が広く、複数の案件を受け持っており、その責任の重さからIT業界の中では、年収は高い傾向にあります。

しかし、フリーランスで働いているエンジニアやデザイナーは、正社員のWebディレクターよりも、はるかに高い報酬を受け取っています。

これは、日本企業でのWebディレクターの市場価値が低いことに起因していると考えられます。また、そもそもWebサイトへの予算配分が低く、十分なリソースを確保できないため、Webディレクターが不足したリソースをカバーするような環境になっているためです。

ただ、近年IT業界では恒常的に人材が不足しており、フリーランスのWebディレクターへの需要が高まっています!

フリーランスであれば、「年収アップ」、「良好な職場環境」、「自由な働き方」を手に入れられる可能性が高いので、ぜひ検討しましょう!

それでは、気になるフリーランスのWebディレクターになる方法について解説します。

フリーランスのWebディレクターになる方法は、以下の3つです。

  • 直契約
  • フリーランスエージェント
  • 求人・マッチングサービス

それでは、詳しく説明します。

直契約

直契約とは、Webディレクターを求めている企業を自分で開拓し、案件を受注する方法です。

つまり、自分で

  • 新規営業
  • 提案・条件交渉
  • 契約締結

を行わなければいけません。

直契約で、フリーランスのWebディレクターとして活動するには、豊富な人脈がなければ、かなり厳しいです。

また、職務経歴書・スキルシートやポートフォリオなど、提案資料などの準備も必要です。

フリーランスエージェント

クライアント企業とフリーランスをマッチングしてくれるエージェントサービスです。
具体的には、

  • フリーランスへ案件の情報提供
  • フリーランスとクライアント企業との面談への同席やサポート
  • フリーランスとクライアント企業との条件交渉や契約サポート
  • フリーランスの就業中のサポート

などのサービスを提供しています。

ちなみに、フリーランスエージェントというと、エンジニアやデザイナー向けと思っている人が多いようですが、最近は、WebディレクターやITコンサルタント、プロジェクトマネージャーのような上流工程の案件も取り扱っています。

エージェントは、案件の紹介から契約手続きのサポートをしてくれるので、営業にかかる手間や時間を省けます

そして何より、エージェントが紹介してくれる案件は、単価が高いので、高年収を実現したいWebディレクターにおすすめです。

求人・マッチングサービス

求人・マッチングサービスは、

  • 求人サイトに掲載されている案件に自らエントリー
  • プロフィールやスキルを登録してスカウトを待つ

ことで、案件を受注できるサービスです。

マッチングサービス経由で案件を受注するには、案件調査、募集内容の読込、企業担当者との交渉やアピールなど、想像以上に労力がかかります

また、エージェントと比較すると単価が低い傾向にあります。

ただ、マッチングサービスの場合、リモートワークや週1日など副業に向いた仕事も多くあるので、自由な働き方を求めるフリーランスのWebディレクターには向いているサービスです!

Webディレクターがフリーランスになるメリット

Webディレクターがフリーランスとして独立するメリットは、以下のとおりです。

  • フリーランスのWebディレクターの年収は正社員よりも高い傾向にある
  • 労務管理や就業時間が正社員と比較すると短くできる
  • 自由な働き方やパラレルワークが実現できる
  • キャリアアップやキャリアチェンジしやすい

フリーランスのWebディレクターのデメリット

フリーランスになると、職種に関係なく、以下のようなデメリットや注意点があります。

  • 仕事や収入が安定しない
  • 健康保険や公的年金などの社会保険が薄い
  • 確定申告が必要
  • 有給休暇がない
関連記事

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します![…]

フリーランスとは?

フリーランスのWebディレクターにおすすめのエージェント

最後に、パラレルワーカーズ編集部で調査したWebディレクターにおすすめの人気のフリーランスエージェントをご紹介します。

テクフリ|業界最低水準のマージン率

テクフリ
(参照:テクフリ)

テクフリ公式サイト

テクフリは、「高額報酬の案件が多い」、「業界最低水準マージン率」ということで、フリーランスに人気のエージェントです。

テクフリのサービスのポイントをまとめると、以下のとおりです。

  • 驚異のマージン率! 業界最低水準の10%
  • 高単価案件が豊富! 単価70万円以上
  • 福利厚生が充実!  保険や各種サービスを優待利用できる

やはりポイントは、マージン率10%という低さ!

一般的なエージェントのマージン率は20%以上なので、テクフリなら手取り収入が多くなります!

テクフリのWebディレクター案件

実際にどのような案件を紹介してくれるのか、テクフリの案件について職種別の件数を調査しました!

職種案件数
ディレクター110
プランナー・プロデューサー8

(参照:テクフリ公開案件 ※案件数の重複あり)

テクフリの特徴

テクフリの特徴を一覧にまとめました!

単価Webディレクター案件は月額70万円以上 最高105万円
マージン率10%(業界最低水準)
支払いサイト翌月30日(業界標準)
福利厚生フリーランス協会無料加入/優待サービス/税理士紹介サービス
対応エリア東京23区内

テクフリの支払サイトは、若干長いですが業界標準なので及第点です。

特筆すべきは、マージン率が低いにも関わらず、フリーランス協会への加入が無料など、福利厚生サービスが充実している点も見逃せません!

もっと、テクフリ(テックキャリアフリーランス)の評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

この記事でわかること 「テクフリ」のサービスの特徴・メリット 「テクフリ」はこんな人におすすめ!案件を徹底調査! 「テクフリ」の評判・口コミフリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「[…]

テクフリ

いますぐ登録したい方はこちら

テクフリ公式サイト

Midworks|正社員並みの福利厚生

Midworks
(参照:Midworks)

Midworks公式サイト

Midworksは、フリーランスなのに「正社員並みの福利厚生」を提供しており、これからフリーランスになろう、という人に、おすすめしたいエージェントです!

Midworksのサービスのポイントをまとめると、以下のとおりです。

  • 正社員並みの福利厚生! 保険料の半額負担や給与保証制度
  • リモート・週3日OK! 柔軟な働き方ができる案件が豊富
  • マージン率10~15%   業界最低水準のマージン率!

 

大人気の理由の1つ「正社員並みの福利厚生とは、

  • 社会保険の代替になる保険の保険料を半額負担
  • フリーランス協会の加入が無
  • クラウド会計ソフトが無料
  • 福利厚生サービスが利用できる
  • 書籍代が月1万円まで無料
  • 交通費を1万5千円まで負担

と、至れり尽くせりとは、このことです。

そして、極めつけは給与保証制度」です。

なんと、契約が途切れてしまった時に予想契約単価の80%を日割りで受け取れます!

Midworksで次の案件を探すことが条件とはいえ、他のエージェントにはない魅力的なサポートですよね。

特に、これからフリーランスになろうと思っているけど不安という方におすすめです!

MidworksのWebディレクター案件

実際にどのような案件を紹介してくれるのか、Midworksの案件について職種別の件数を調査しました!

職種案件数
ディレクター55
プランナー・プロデューサー54

(参照:Midworks公開案件 ※案件数の重複あり)

Midworksの特徴

Midworksの特徴を一覧にまとめました!

単価Webディレクター案件は30万円~90万円
マージン率10%~15%(業界最低水準)
支払いサイト翌月20日
福利厚生給与保証制度/フリーランス協会無料加入/優待サービス
対応エリア東京都

福利厚生など、サービスはとても良いのですが、やはり大手エージェントより案件数は、少し見劣りしています。

もっと、Midworks(ミッドワークス)の評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こーへいMidworksは、低マージンで良質な案件、高単価の案件が多く、正社員並みの保証まである素敵なエージェントです!フリーランスのIT・Webエンジニアやデザイナーは、登録しないと損ですよ!いまフリーランスのIT[…]

Midworks

いますぐ登録したい方はこちら

Midworks公式サイト

レバテッククリエイター|業界最大手・高単価

レバテッククリエイター
(参照:レバテッククリエイター)
レバテッククリエイター公式サイト

レバテッククリエイターは、業界最大手のレバテックが運営するエージェントです。

具体的には、

  • フリーランスエージェント認知度№1
  • エンジニア登録者数15万人以上
  • 常時案件1,000件以上

という実績で、他のエージェントとは規模が一桁違います!

フリーランスエージェントを選ぶポイントでも触れましたが、「優良なエージェントは案件が豊富で規模が大きな会社」です。

つまりレバテッククリエイターは、間違いなく優良なエージェントの1つ、ということです。

レバテッククリエイターのWebディレクター案件

実際にどのような案件を紹介してくれるのか、レバテッククリエイターの案件について職種別の件数を調査しました!

職種案件数
ディレクター29
プランナー・プロデューサー

(参照:レバテッククリエイター公開案件 ※案件数の重複あり)

レバテッククリエイターの特徴

レバテッククリエイターの特徴を一覧にまとめました!

単価Webディレクター案件は30万円~85万円
登録者数140,000人以上(桁違いの人気エージェント)
支払いサイト翌月15日(業界最速)
福利厚生優待サービス/事務手続き代行/賃貸物件大幅割引/交流会など豊富
対応エリア営業所:東京/大阪/名古屋/福岡

もっと、レバテッククリエイターの評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

レバテッククリエイターの評判や口コミはどうなの?レバテッククリエイターは未経験でも利用できるの?レバテッククリエイターは在宅ワークの案件はあるの?この記事では、レバテッククリエイターに登録するか迷っている人の悩み[…]

レバテッククリエイターの評判は実際どうなの?

いますぐ登録したい方はこちら

レバテッククリエイター公式サイト

ギークスジョブ|業界最大級の求人サービス

geechs job(ギークスジョブ)
(参照:ギークスジョブ)

ギークスジョブ公式サイト

ギークスジョブは、日本最大級のITフリーランス専門エージェントです。

平均年収780万円以上ということで、高単価案件を多く取り扱っており、Webディレクターの人気が高いです。

ギークスジョブのサービスのポイントをまとめると、以下のとおりです。

  • 高額案件が多い! 平均年収780万円以上
  • 案件決定が早く! 5割の人が5営業日程度で決定
  • 福利厚生が充実! 福利厚生プログラム「フリノベ」

ギークスジョブは、豊富な案件数や高単価だけでなくエンジニアのサポート福利厚生サービスが充実している点でも、とても評判が良いです!

福利厚生プログラム「フリノベ」は、ギークスジョブ独自のサービスで、オンライン学習や様々なサービスを優待割引で利用できます。

ギークスジョブのWebディレクター案件

実際にどのような案件を紹介してくれるのか、ギークスジョブの案件について職種別の件数を調査しました!

職種案件数
ディレクター27
プランナー・プロデューサー11

(参照:ギークスジョブ公開案件 ※案件数の重複あり)

ギークスジョブの特徴

ギークスジョブの特徴を一覧にまとめました!

平均単価Webディレクター案件は40万円~90万円
マージン率10%~15%(業界最低水準)
支払いサイト翌月25日
福利厚生福利厚生プログラム「フリノベ」
対応エリア営業所:東京/大阪/名古屋/福岡

ギークスジョブの注意点は、離職する前の会社員の方はエントリーできないことです。

独立相談会やはじめてのフリーランスセミナーを行っているので、まずは話を聞いてから、ということもできます。

もっと、ギークスジョブ(geechs job)の評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

エンジニアやWebデザイナーとして働いている人の中で、副業や複業でスキルアップや収入アップをしたい人は、ギークスジョブには向いていないかもしれません。しかし、自分のスキルをフリーランスとして最大限に活用したい人にとっては[…]

geechs job(ギークスジョブ)は利用すべき?案件・報酬・口コミ評判から比較解説

いますぐ登録したい方はこちら

ギークスジョブ公式サイト

複数のエージェントの登録をおすすめする理由

フリーランスエージェントによって、得意業界職種が違います。また対応の質も当然エージェントによって大きく違ってきます。

初めてフリーランスに転向を考えているWebディレクターの方は、まずは複数のエージェントに登録して面談を通じて対応の品質を確認しましょう!

また、エージェントによって、スキルや経験が同じでも、取り扱っている案件の質が違うので、当然ながら単価にも差がでてきます。

複数のエージェントに登録して案件を紹介してもらい、比較することで生涯年収が大きく変わってくるので、複数登録することをおすすめします!

まとめ

今回は、Webディレクターがフリーランスになるための方法やおすすめのフリーラスエージェントについて詳しく解説しました。

フリーランスのWebディレクターにとって、エージェントは必要不可欠な存在です。

特にこれからフリーランスに転向しよう、という方は必須と言ってもいいでしょう!

あなたにあった、エージェントが見つかれば、高収入・安定も夢ではありません!

ぜひ、この機会に気になるエージェントに登録してみて、あなたの可能性を広げてみてください!

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

フリーランスと会社員の現役パラレルワーカー「こーへい」
こーへい
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
それではまた!!!