個人事業主とは

パラレルワークの文脈で用いられる用語「個人事業主」について解説します。

個人事業主とは、法人に所属せずに、自ら事業に取り組んでいる個人のことを指す言葉です。

この場合の事業とは、反復・継続・独立している仕事のことです。繰り返し継続しておこなわれていることが条件であるため、単発であれば事業とはみなされません。

一時所得や雑所得をおこなっている場合であれば、収入としてはみなされるものの、個人事業主ではないということです。

会社を設立すれば、たとえ従業員が一名であったとしても「法人」とみなされるため、個人事業主ではなくなります。

しばしば「個人事業主」と「フリーランス」の違いに悩んでいる人がいます。

基本的に「個人事業主」は全員が「フリーランス」です。

フリーランスの中には、法人を設立して働いている個人事業主以外の人がいる、と考えましょう。

個人事業主として働くメリット

設立のコストがかからない

個人事業主は「開業届」を税務署に提出するだけでスタートできます。開業するだけであれば、申請費用もかかりません。

そのため、設立コストが不要であるというメリットがあります。法人の場合は、収入印紙や認証手数料、謄本手数料や登録免許税などが発生しますし、これらの準備や申請の手間や時間もかかります。

時間や場所が自由になりやすい

会社に所属して働いているわけではないので、事業に取り組む場所や時間を自由に設定しやすいです。

通勤ラッシュによるストレスをなくしたり、通勤時間を節約したりが可能になります。

また、自分のペースで働きやすいため、ワークライフバランスが取りやすいというメリットもあるでしょう。

稼ぎやすくなる

個人事業主は、固定給制ではありません。

取り組む仕事によって、時給制から出来高制まで幅広い報酬形態がありますが、働き方次第で収入が増やしやすいというメリットがあるのです。

マネージメントスキルが上がりやすくなる

個人事業主になると、セルフマネージメントが不可欠になってきます。

強制的に自分自身をマネージメントするわけですから、スキルも当然上がりやすくなります。

タイムマネージメントによって時間管理スキルが

マネーマネージメントによって金銭管理スキルが、

メンタルマネージメントによって精神管理スキルが養えるでしょう。

これらのマネージメントスキルは、最終的には事業の精度アップにも繋がっていきます。