レバテックフリーランスの評判・口コミを徹底調査!フリーランスエンジニアにおすすめのサービスの特徴・案件を解説!

フリーランスに興味のあるITエンジニアやWEBデザイナー、フリーランスで収入や仕事に悩みを抱えているエンジニアの方は、レバテックフリーランスの存在をご存じでしょうか?

フリーランスへの興味はあっても、「安定した収入の確保」という点で一歩を踏み出せない人は数多くいます。私もその一人でした。さらに、フリーランスで独立してから1年間は赤字と絶望的な日々を送っていたのです。

フリーランスに興味を持っている人には不安を煽ってしまったかもしれませんが、実際にフリーランスで独立できる人は限られているのも事実です。

しかし、その不安を解消してくれるのがレバテックフリーランスです。レバテックフリーランスでは、独自のサービスや企業努力によって高単価案件を多数用意しています。

さらに、契約期間も長く、スキルによっては継続的に安定収入を確保することができるのです。私がフリーランスで独立した当初は、レバテックフリーランスの存在を知らなかったので苦労しました。

しかし、レバテックフリーランスをきかっけにフリーランスに転身すれば、収入面で困る心配も軽減できます。

今回は、そんなフリーエンジニアやフリーランスに興味があるITエンジニアやWEBデザイナー向けのレバテックフリーランスについて詳しく見ていきましょう。

当記事の内容はこち
  • レバテックフリーランスの特徴や魅力
  • レバテックフリーランスのメリット・デメリット
  • レバテックフリーランスの口コミや評判

レバテックフリーランスとは?

レバテックフリーランス

どんな企業なのか

レバテックフリーランスは、IT・WEB系のフリーランスや個人事業主のエンジニア向けの専門エージェントサービスです。運営元はレバレジーズ株式会社で、レバテックフリーランスは2017年の8月に設立した比較的新しい事業となります。

レバレジーズ株式会社では、レバテックフリーランスの他にも、ITエンジニアやWEBデザイナーへの転職エージョントサービスであるレバテックキャリアやレバテックエキスパートなども運営している会社です。

IT分野に特化した会社なので、レバテックフリーランスを活用すれば、ITエンジニアやWEBデザイナーのキャリアアップに大きく繋げることができます。

レバテックフリーランスのポイント

レバテックフリーランスでは、ITエンジニアやWEBデザイナーやフリーランスのスキルアップや働きやすい環境づくりなど、さまざまな特徴や魅力があるのでポイントを抑えていきましょう。

独自のサービス体制

レバテックフリーランスでは、働きやすい環境づくりとして連絡手段をメール・電話・SNSで行うことが可能です。

2019年現在では、SNSを活用した情報取得のニーズが高まっています。

しかし、エージェントサービスの中には、連絡手段を制限する企業も少なくありません。連絡漏れや情報伝達の遅れを軽減するためです。

一方、レバテックフリーランスでは連絡手段が多いので、連絡に関してストレスを感じることが少ないのが特徴。

そのため、担当者とも小まめな情報交換が可能となっています。

また、レバテックフリーランスの独自サポートとして、LINEを通じて無料勉強会の情報やスキルアップに繋がる技術情報を配信しています。

通常、勉強会の案内や情報配信は公式サイトから発信されるので、仕事に追われているフリーランスやITエンジニアなどの方は見落とすことが多いのです。

しかし、LINEを使うことで、情報チェックが簡単に行えるのも嬉しいポイントでしょう。

他にも、担当者や関係者と一緒にランチをすることも可能で、交流や情報交換の場として活用できます。

やはり、エージェントサービスを利用する人にとって、最初はやり方も分からず不安な部分もあるでしょう。

そのため、連絡するような内容ではない不安や悩みを気軽に相談できる場を設定してもらえるのは素晴らしいサービスだといえます。

独自のサポート体制

実際の案件参画時にもサポートが役立ち、契約書類の作成や顔合わせもレバテックフリーランスの担当者が中立し行ってくれます。

そのため、交渉が苦手な人でも自分を売り込む必要がないので安心です。また、担当者の言葉を覚えておけば、交渉術のスキルもアップするので独立してからの自信にも繋がります。

さらに、フリーランスではなくITエンジニアやWEBデザイナーの転職を目的に募集するレバテックキャリアだと独自サービスを受けることが可能です。

レバテックフリーランスでは応募者1名に対して担当者が1名付くサービスですが、レバテックキャリアだと応募者1名に対してキャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの2名がサポートしてくれます。

そのため、ITエンジニアやWEBデザイナーで転職を検討している人にはおすすめのエージェントサービスだといえるでしょう。

20~30代の登録者が多い

レバテックフリーランスに登録している年齢層は、20~30代が多いのも特徴となっています。

というもの、若い年齢層になるにつれて、副業・複業や転職への抵抗が少ない人が多い傾向にあるのです。

政府も働き方改革を推奨しているように、スキルアップや収入アップを目指して自分を高める環境が整いつつあります。

レバテックフリーランスの2015年1月~2015年12月を見ても、739名のフリーランスエンジニアやクリエイターが登録する中、以下のような年齢層で振り分けとなっているのです。

20代16%
30代前半26%
30代後半26%
40代前半19%
40代後半9%
50代4%

参考:レバテック「フリーランスエンジニア・クリエイター白書」Vol.1

2015年で既に若者層が多いため、2019年以降も20代~30代の世代がレバテックフリーランスを利用することは多く、企業側も若いフリーランスエンジニアを獲得しやすいのも特徴です。

非公開案件・求人が80%

レバテックフリーランスの案件や求人では、非公開のものが80%というのも特徴です。

年間1100件以上の求人・案件を取り扱っているため、単純に880件以上が公開されていない計算になります。

これは、多くのエージェントサービスとの競争が激しく、登録を促進する目的が込められているでしょう。

ただ、フリーランス側も、登録後に自分の目指す案件や求人が見つかることも多く、公開している案件よりも契約に結び付きやすい特徴もあります。

すべての案件を公開してしまうと、レバテックフリーランス側もフリーランス側もデメリットが大きいので、非公開は嬉しいサービスとして捉えましょう。

また、求人の中には常駐型案件が多く大手企業案件に参画しやすい特徴もあります。常駐型は、プロジェクトごとに契約先の企業に行き作業を行う方法です。

そのため、拘束時間が長く、副業・複業を目的とした人には向けませんが、転職をしたい人やフリーランスにはメリットが高くなります。

また、仕事内容によっては、契約継続にも結び付きやすいのも特徴です。

年間3,000件以上の企業訪問

レバテックフリーランスでは、常に年間3,000件以上の企業と直接関わって情報交換を行っています。

そのため、どのような案件なのかをしっかりと把握しているのも大きな特徴です。

どんなに高報酬な案件でも、契約後に自分の思っていた作業内容とは違うとなれば、モチベーションの低下や作業のクオリティに影響が出てしまいます。

実は、他社のエージェントサービスの口コミでも、このような相談や悩みが掲載されていることは多いのです。

一方、レバテックフリーランスの企業努力もあって、案件参画をした人の90%以上が契約延長をしているデータがあります。

そのため、比較的エンジニアと企業の求める内容にミスマッチが少ないといえるでしょう。

レバテックフリーランスの料金

レバテックフリーランスで案件・求人を応募する人は登録や参画を行う料金は無料です。

レバテックフリーランスでは、契約後の企業側の報酬から手数料を貰っているので企業側は費用がかかってきます。

ただし、契約後の手数料に限ってはエンド請負案件など報酬設定にばらつきがあるので注意しましょう。

エンド請負案件とは、参画する企業と直接取引を行うことです。

例えば、企業の報酬が100万円だった場合、エンジニアに80万円とレバテックフリーランス20万円のように振り分けられます。

しかし、案件によっては数社が関わっていることがあり、企業が100万円でもエンジニア70万円・レバテックフリーランス15万円・代理店各社に数パーセントと報酬が下がってしまうのです。

そのため、案件の報酬制度を担当者と話し合って、自分の報酬がいくらになるのかを把握しておくことも重要でしょう。

フリーランスエンジニアにおすすめ!

レバテックフリーランス公式サイト

レバテックフリーランスのメリット

レバテックフリーランスを利用する際のメリットは以下の3つになります。

レバテックフリーランスのメリット
  • 報酬面の優遇
  • 継続的な仕事の発注
  • 参加者特有サービスの充実

1.報酬面の優遇

レバテックフリーランスは、独自の企業戦略によって多くの大手企業案件を獲得しているため、高単価案件が多い傾向にあります。

2018年7月実績では、週5日稼働で平均年収862万円のデータも確認済みです。

ITエンジニアやWEBデザイナーで転職をしたい人や、収入に悩んでいるフリーランスにはメリットでしょう。

さらに、契約後のミスマッチも少ない特徴もあるので、自分の希望に合う仕事を中長期行うことができます

そのため、収入も安定しスキルアップにも力を注げる環境を手に入れられるのも大きなメリットといえます。

さらに、レバテックフリーランスでは報酬の支払いが早いもの強みです。

エージェントサービス業界の中でも早く、月末締めの翌月15払いとなっています。そのため、収入を早く貰いたい人にはとても安心できるサービスでしょう。

2.継続的な仕事の発注

メリット2つ目は、プロジェクト終了が迫っても継続的な仕事を発注してくれる点です。

レバテックフリーランスでは、契約終了期間が近づくと契約を継続するか終了するかを聞かれます。

当然、企業側にも同じようにヒアリングが行われるのですが、スキルが見合わないと契約終了となってしまいますよね。

フリーランスやITエンジニアやWEBデザイナーを転職してまで獲得したプロジェクトが終了することは収入がなくなることを意味します。

転職をためらう要因のひとつでもあるでしょう。

一方、レバテックフリーランスの担当者は企業側と仕事をする側とで話をまとめ、終了の場合は次の案件を提案してくれます。

つまり、担当者が案件を随時確保してくれるのでブランク期間がないのです。やはり、プロジェクト契約なので終了することも多く、収入への不安はあるのも当然でしょう。

しかし、レバテックフリーランスでは、収入確保へのサポートがしっかりしているので比較的安心して仕事に専念できるメリットが魅力です。

3.参加者優待サービスの充実

レバテックフリーランスでは、仕事を優先できるように確定申告などの手間を削減できる税理士紹介サービスや、お得な割引サービスを実施しています。

割引サービスは、レバテックフリーランスに参加・参画をした人を対象に、スポーツ施設や宿泊施設などを格安で利用できるようになるものです。

また、税理士紹介にも確定申告代行料が割引になるなどのお得なサービスが整っています。

さらに、保険に関してもファイナンシャルプランナーに相談できるライフ&マネープラン無料相談サービスもあるのです。

そのため、ただ、仕事をして報酬を貰うだけではなく、お得に楽しく仕事ができるのもメリットといえます。

レバテックフリーランスのデメリット

レバテックフリーランスを利用する際のデメリットは以下の3つになります。

レバテックフリーランスのデメリット
  • 案件数が少ない
  • 請け負える人が限られている
  • 副業・複業には向かない

1.案件数が少ない

レバテックフリーランスの設立は2015年なので期間が短いのも事実です。そのため、求人数が少なことがデメリットとして挙げられます。

大手企業などからの求人ということで1件の収入面やスキルアップへの強みは絶大ですが、仕事が請け負えないと意味がありません。

また、案件の優先順位もスキルによって変わるため、登録が早いから仕事も多く貰えるというわけではないのです。

そのため、案件の種類は多くでも、求人数が少ないのはネックになってしまう可能性があります。

2.請け負える人が限られる

レバテックフリーランスでは、良質な案件がありサービス体制も充実している一方、対象エリアが狭いデメリットがあります。のサービス対象エリアは、以下の通りです。

関東東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
関西大阪府・兵庫県・京都府
九州福岡県

つまり、エンジニアで仕事をしている人やフリーランスの人で地方在住の場合、仕事を請け負うのが難しくなってしまいます。

レバテックフリーランスに魅力を感じ、参画を期に首都圏へ単身赴任や移住を考えている人には可能ですが、住んでいる場所から離れない場合は利用が厳しいでしょう。

3.時間の確保が必要

レバテックフリーランスの求人には、少数ですが在宅型案件もあります。しかし、多くは常駐型のため時間の確保が必要です。

つまり、副業や複業を目的に兼業するには少し難点があります。

また、案件の多くは高報酬でプロジェクトの重要な部分を任される可能性が高いため、ある程度のスキルを求められます。

つまり、仕事が兼務できる時間ではなく、プロジェクトで成果を上げられる時間を持った人材が参画できるということです。

少し厳しい言い方かもしれませんが企業側も高報酬を出しているので、請け負う側にもプロジェクトに専念する覚悟と時間は必要となります。

兼務が可能なスキルを持っている人は、歓迎されるかもしれませんが、そうでない人は利用を検討する必要があるでしょう。

レバテックフリーランスの口コミ・評判

レバテックフリーランスの公式サイトでは以下のような口コミがありました。

塚田勇喜(つかだゆうき):29歳:男性職種:PHPエンジニア
メインスキル:PHP・C言語・Java・JavaScript・Linux
フリーランス歴:約1年3カ月

技術者の派遣やソフトウェア開発を行っている会社を5年5ヵ月努めフリーランスに独立しました。

他のエージェントも調べてはしたんですけど、わりと最初からレバテックフリーランスを使おうかなと思っていました。Web系の案件が多かったのと、システムが使いやすいのが理由です。レバテックフリーランスの第一印象はオフィスが綺麗。スピーディーに対応してもらえたのでありがたかったですね。フリーランスになって、休みが取りやすくなりプライベートを充実させることができています。

柏木悦梨子(かしわぎえりこ):30歳:女性
職種:Javaエンジニア メインスキル:Java・JavaScript・Linux・Shell
フリーランス歴:約1年3カ月

大手SIerで7年半ほど勤務。その後、ファッション系のECサイトを運営する会社へ転職後、フリーランスの世界へ飛び込むことを決意した。

アパレス系やコピーライターなどシステム系の仕事をしていましたが、プログラムを書けるようになりエンジニアという仕事が好きになっていきましたね。でも、エンジニアに向いているかを悩んだ時期もありました。

レバテックフリーランスでは、コーディネーターの方に提案してもらった中でBtoCのサービスで面白そうなものを選ぼうという状態でした。単価に関しては、フリーランスになる前は不安定な収入というイメージもありましたが、実際にはそういった不安は感じず、むしろ満足しています。今では、縛られるのもがないので自由に動けます。

ただ、技術トレンドの移り変わりも速いのでキャッチアップするのが大変です。

続いて、Twitterでの口コミを見ていきましょう。

レバテックフリーランスの利用の流れ

レバテックフリーランスの登録から案件参画までの流れは以下のようになります。

1.登録フォームの入力

登録をする際には、氏名・生年月日・電話番号・メールアドレスを入力します。後日(3営業日以内)に担当者から連絡がくるまで待ちましょう。

2.カウンセリング

レバテックフリーランスの担当者から連絡がくると、カウンセリングを受けます。内容は、自己紹介・経歴・スキルなどを聞かれ、自分の請け負いたい仕事のジャンルや作業内容などを相談。

3.調整・準備

カウンセリング内容をもとに、担当者がスキルや希望に見合った案件を探す期間が設けられます。また、コーディネーターから案件詳細や交渉の流れなどを説明されるので要チェックです。

4.交渉・参画

担当者から案件が提案され、希望の案件が決定すると企業と交渉を行います。交渉にはレバテックフリーランスのコーディネーター・企業の担当者・本人の3者で行い、契約できれば参画という流れです。参画が開始してもコーディネーターと密に相談できるので不安な点があれば気軽に聞きましょう。

さあレバテックフリーランスをはじめよう!

ITエンジニアやWEBデザイナーで活躍している人や、フリーランスエンジニアの人は、レバテックフリーランスがおすすめです。

レバテックフリーランスを活用すれば、安定した収入を得ることも可能ですし大きなスキルアップに繋がります。

やはり、フリーランスにあたっての不安は大きいものですがレバテックフリーランスの参画をきっかけに転職をしてフリーランスに独立した人も口コミから多く確認できますね。

そのため、自分のスキルを確認したい・フリーランスに興味がある場合にはレバテックフリーランスは最適でしょう。しかし、自分の住んでいる地域やスキルを確認することも重要です。案件の多くは首都圏に集中していますし、高スキルを求められる案件が多いのも事実。

そのため、レバテックフリーランスで安定した収入を目的として参画をする場合は、自分のスキル・移住や転職が可能なのかをよく検討してから利用すると良いでしょう。

フリーランスエンジニアにおすすめ!

レバテックフリーランス公式サイト

関連記事

働き方改革という時代が大きく変化する中、副業を始めて収入アップやスキルアップを図りたいITエンジニアの方も多いのではないでしょうか。webディレクター・コーダー・デザイナー・プログラマーなどのITエンジニアの方は、副業や[…]

エンジニアが副業で稼げる案件サービスを徹底解説!
関連記事

エンジニアは、パラレルワーク(複業)や副業がしやすい仕事と言われています。在宅でも働きやすい上、スポットで案件受注もしやすいことから、エンジニア向けの人材サービスやマッチングシステムもたくさん登場しています。パラレルワー[…]

関連記事

副業したいエンジニアやプログラマーにおすすめのエージェントサービスやマッチングサービスをランキング形式でご紹介します。「収入アップしたい」、「スキルアップしたい」など、様々な理由で副業を始めたいと考えているエンジニアの方[…]

エンジニアにおすすめの複業サービスランキング【2019年版】