パラレルワークとは

パラレルワークの文脈で用いられる用語「 パラレルワーク 」について解説します。

パラレルワークとは

パラレルワークとは、複数の仕事を持って働くことを指します。「複業」と呼ぶこともあります。それぞれの雇用形態に縛りはなく、二社以上との企業とやり取りをしている状態です。パラレルワークで働いている人を「パラレルワーカー」と言うこともあります。

同時並行で複数の収入源を持つことから、「パラレル」という表現に発展しました。本業がいくつもあるというニュアンスを持っており、あくまでサイドビジネスを指す「副業」とはやや意味が異なります。

働き方改革の影響もあり、パラレルワーク人口は増加傾向にあります。2018年のフリーランス実態調査(出典:進化するフリーランスの未来 ーフリーランス実態調査2018)では、290万人にも上っています。前年度は276万人、三年前は92万人だったので、飛躍的な増加と言えます。

パラレルワークのメリット

パラレルワーク(複業)には、様々なメリットがあります。
今回は代表的なものをピックアップして紹介しましょう。

収入源の分散

パラレルワーク(複業)は本業がいくつもある状態であるため、収入源も複数あり、ひとつのビジネスに依存しなくても良い形になります。
倒産やリストラなどのリスクを回避しつつ、高収入を目指しやすいでしょう。

人脈が広がる

パラレルワーク(複業)によるキャリア形成で、より多くの人と関わるチャンスが増えます。ひとつの企業で働いていると、どうしても人間関係が狭くなり、コミュニケーション範囲が限定されてしまいます。パラレルワーク(複業)の場合は、新規人脈が広がりやすく、ビジネスチャンスにも発展しやすいです。

スキルアップ

複数の案件を掛け持つことで、必然的にスキルも磨かれるため、パラレルワーク(複業)はスキルアップにも効果的です。

どのような働き方であっても、最終的に自身の実力を底上げしないことには、キャリアアップは望めません。パラレルワーク(複業)であれば、自分の裁量で仕事内容も調整しやすいため、スキルアップのチャンスを掴みやすい上、新しいチャレンジもしやすいです。

ワークライフバランスが取りやすい

パラレルワーク(複業)の場合は、自分で仕事量や勤務時間を調整しやすいため、ワークライフバランスが取りやすいという魅力があります。

フルタイムの会社員だと、私生活の時間が取りにくいというデメリットがありますよね。
自身で案件量を調整しやすいパラレルワーカーであれば、育児や介護をはじめとして、私生活との両立もしやすいでしょう。

関連記事

いま「副業」ではなく「複業・パラレルワーク」を選ぶ人が増えていることを知っていますか?働き方改革の影響で、企業や個人の働き方に対する価値観が大きく変化しつつあります。多くの企業が複業・副業の解禁に動いているので、気に[…]

複業・パラレルワークとは|副業との違いは?メリットとデメリットを解説