複業・パラレルワークとは?副業との違いやメリットとデメリットを解説

この記事でわかること
  1. 複業・パラレルワークとは?
  2. 複業・パラレルワークと副業との違い
  3. 複業・パラレルワークのメリット・デメリット
  4. 複業・パラレルワークの始め方

いま「副業」ではなく「複業・パラレルワーク」を選ぶ人が増えていることを知っていますか?

働き方改革の影響で、企業や個人の働き方に対する価値観が大きく変化しつつあります。

多くの企業が複業・副業の解禁に動いているので、気になっている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、いま話題の複業・パラレルワークという新しい働き方について、そして副業との違いや、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます!

こーへい
これから複業・パラレルワークを始めようと考えている人は、メリット・デメリットを確認しておきましょう!

複業とは?

複業とは、複数の仕事を持つことを意味しています。辞書や辞典では、以下のとおり定義されているようです。

複業はどちらが本業か区別出来ないようなもの(出典:日本俗語辞典)
つまり、複業は、「副業」とは違って、本業とは区別出来ない「本業と同じレベルの仕事」や「収入源」を実現できる、複数の仕事を持っている、ということです。

複業・パラレルキャリアという新しい働き方

本業が正社員の場合、生活の基盤があるため、複業では新しいチャレンジや自分の夢を実現する、という新しいスタイルの働き方もできます。

複業は、副業と比較すると収入や労力が大きく、本業に近い仕事というイメージが強いようですが、あくまでも複数のキャリアを持つことですので、必ずしも収入や労力の多寡が基準ではありません

NPOやボランティア活動を行うことも立派な複業です!

人生を楽しむ、新しい生き方を模索する、そんな生き方の変革がいま起こっているのかもしれません。

複業について詳しく書いた記事もあるので、合わせてご覧ください!

関連記事

「複業」とは何か?また「副業」との違いとは何か?働き方改革で注目される「複業」「パラレルワーク」「パラレルキャリア」という新しい働き方の視点を詳しく解説します!複業・パラレルワークとは「複業」とは、複数の[…]

複業(ふくぎょう)とは

副業とは?

「副業」とは、本業以外に収入源を持つこと、または、その仕事自体を指しています。辞書や辞典では、以下のとおり定義されているようです。

本業のかたわらの仕事(出典:goo辞書)
「副業」も、「複業」と同じく、複数の仕事を持つことですが、「あくまで本業>副業」という位置づけです。

一般的な「副業」のイメージは、週5日会社勤めをしているサラリーマンが、帰宅後や週末に別の仕事でちょっとしたお小遣いを稼ぐ、という感じですよね?

しかし、最近は、副業で大成功して本業の収入を大きく上回る人もいるので、収入の大小ではなく、本業のかたわらの仕事、というのが「副業」の定義としてぴったり、ということがわかります。

副業について詳しく書いた記事もあるので、合わせてご覧ください!

関連記事

副業とは、本業以外の収入源を持つこと、またその仕事自体を指しています。「兼業」「サイドビジネス」「ダブルワーク」と呼ばれることもあります。雇用形態に具体的な縛りはありませんが、あくまで本業を持って取り組む[…]

副業とは

複業と副業の大きな違いは?

「複業」と「副業」の言葉の定義や具体的なイメージについて、解説してきましたが、あらためて比較して、両者の違いについて理解しておきましょう。

複業とは、複数の仕事を持つことで、どれが本業か区別が出来ないもの
副業とは、本業とは別のサブ仕事や収入源のこと

副業は、本業以外で収入を得ることが主目的ですので、雇用形態はアルバイトや在宅ビジネス、内職など隙間時間に行うもので、あくまでも本業の収入を補うものです。

複業・副業を推進・容認している

これまで、副業を禁止している会社が多かったのですが、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成したことを皮切りに、副業を解禁する会社が増え始めました。

とはいえ、複業を容認している企業は、まだまだ少数派という事実もあります。

複業を容認している企業

そんな中、一部の企業では副業という狭い観点ではなく、複業という多様な働き方を推奨する会社もでてきています。

一方で、複業・副業を禁止している会社が多いのも事実。禁止していること知らずに複業や副業を始めて、会社バレると、場合によっては懲戒解雇になることもあります。

複業・副業がバレる理由とリスク、対策方法をまとめたので、始める前に必ずチェックしましょう!

関連記事

近年は働き方改革の影響もあり、「副業」の許可が出ている会社も増えてきました。会社員をしながら別の仕事をする「複業」も増えてきました。パラレルワークという言葉を耳にしたことがある人も多いでしょう。しかし気になるのが、「副業[…]

複業(副業)は会社にバレる? リスクとバレない対策【事例つき】

複業・副業をする人が増えているのはなぜ?

では、複業・副業がこんなにも注目されているのでしょうか。その背景には社会環境の変化が考えられます。

日本社会の環境変化

日本ではこの先、人口減少による労働力不足が確実に起こります。さらに、様々な環境の変化が、知らず知らずのうちに私たちのライフスタイルを変化させているのです。

以下は、日本の社会で複業人口が増える要因と考えられる環境変化の一例です。

  • 人口減少による労働力不足
  • 製品ライフサイクルの短期化
  • 技術革新による産業構造・就業構造の変化
  • 大企業の経営破綻や企業寿命の短命化
  • 複業解禁による起業率の向上と新規雇用の創出

上記のような社会環境の変化の中で、政府は、労働生産性の維持を目的として複業・副業の容認やモデル就業規則の策定という流れを推し進めたと考えられます。

人口減少は、間違いなく国際競争力を低下させます。優秀な人材の確保が難しい企業は、複業・副業で優秀な人材を活用する、という流れは、ますます加速していくのではないでしょうか。

企業と社員の関係性の変化

また、企業としても社員一人を定年まで抱え続けることが困難になっていることも重要な変化です。

勤務先の企業では需要やポストが無くなったとしても、社外では、まだまだ需要がや活躍の機会があるものです。特にベンチャー企業やスタートアップでは、常に優秀な人材を求めています。

1つの企業にとどまらず、新しい活躍の場を見出すことも、これからの社会では必須になってくるのではないでしょうか。

このような背景から、いま複業をはじめる人が急増していると考えられます。

いまの自分に何ができるだろうと考えることも重要ですが、まずは市場価値があるかどうか調べることから始めてみてはいかがでしょうか?

複業・副業を始めるのにおすすめのサービスを調査したので、ぜひ見てみてください!

関連記事

この記事でわかることどんな複業・副業を選べばよいのか?選び方のポイント!自分に合った複業・副業サービスや転職サイトの見つけ方を解説!複業や副業をするメリットとは?こーへい複業・パラレルワー[…]

複業・パラレルワークや副業におすすめの求人サービスを徹底比較!

複業・副業をはじめる5つメリット

周りで複業や副業をはじめる人が増えているので、自分も始めたいと考えている人も多いと思いのではないでしょうか。

しかし、複業は始めたものの、続かない人がとても多いという現実があります。始める前にしっかりとメリットを理解して、何を目的に複業をするのか見定めてからでも遅くはありません。

では、複業をはじめる5つのメリットを説明します。

リスク分散・リスクヘッジができる

大企業の経営破綻も珍しいことはではなくなった昨今、1つの企業だけに所属していることは、いまやリスクと言えるでしょう。

複業を持つことで、収入やキャリアという両面でリスクを分散できます。

幅広い人脈を持つことができる

複業・パラレルワークを持つことで、本業では関わることがない人たちと出会うチャンスがあります。

これまで会ったことがなかったベンチャーキャピタルの人やまったく畑違いの社長と会うことで、会社員では経験できない刺激を受けることができます。

もちろん刺激だけでなく、このような人々と会うことで新しいビジネスチャンスや仕事が回ってくるチャンスにも恵まれることも珍しいことではありません。

時間管理能力

新しい仕事、職場で働くことは、想像以上に時間がかかります。そのため本業と複業・パラレルワークを両立するためには、隙間時間や空き時間をいかに効率よく活用できるかがポイントです。

マルチタスクの処理能力が上がることで、当然、本業でも時間管理能力を活かすことができるようになります。

スキルアップ・シナジー効果

1つの企業では身につくスキルが限られてしまいます。特に大企業では適材適所や業務の役割が細かく分断されていることで、外では通用しないこともあります。

複業・パラレルワークを行うことで、これまで経験できなかった業務やスキルアップを図ることができます。

また、身に着けたスキルは本業でも活かすことで本業と複業のシナジー効果が生まれます。

心に余裕が生まれる

正社員では、1年で年収100万円アップなんて、そうそうありませんよね。しかし、複業・パラレルワークでは、大幅な収入アップは珍しくありません。

なかには、複業収入が本業の収入を超えてしまったプロフェッショナルなパラレルワーカーもいます!

当然ですが、収入はアップすることで、心に余裕が生まれますよね。

これまで買うことをためらっていた専門書を購入したり、高額なセミナーにも参加することで、さらなるスキルアップを図ることもできます。

複業・副業にデメリットはあるの?

メリットの多い複業ですが、一方でデメリットもあります。

ただ、複業を始める前に把握しておくことで、防げるデメリットなので、安心してください!

では、複業のデメリットを説明します。

自己管理能力が求められる

本業と複業の2つ以上の仕事を持つということは、それぞれの仕事のバランスを取ることが重要となります。

もちろん本業を疎かにすることはできないので、複業・副業にどの程度の労力をかけるのか、自分で調整する能力が不可欠となります。

本業との折り合いもさることながら家族との関係やサポートも重要なポイントです。

始める前はもちろんこと、複業を始めた後も家族に共有することで理解を常に得るようにしましょう。

複業・副業を認めている会社が少ない

前述のとおり、複業・副業を容認している会社は2割程度とまだまだ少ないという現実があります。

複業・副業をすることで就業規則違反になり最悪の場合、懲戒解雇ということもあり得ます。

まずは、就業規則の確認すること、就業規則に複業禁止の条項がなくてもルール上、できないという会社も多くありますので、総務部や人事部に確認することも忘れないようにしましょう。

あとから、複業・副業がバレて問題なることだけは避けてください。本末転倒になってしまいます。

本業との両立ができず中途半端になる

複業や副業に専念するあまり本業がおろそかになったり、本業の時間管理が上手くできずに、複業の締め切りに間に合わせるために徹夜を余儀なくされることなど、複業との両立ができずに中途半端になることも十分考えられます。

中途半端な仕事をすると本業でも複業でも信頼が失われてしまいチャンスを失ってしまうこともあります。

自分のスキルや時間管理など見極めながら、少しずつ複業にあてる時間を調整していくとよいでしょう。

サラリーマンが複業や副業を始めるには?

まだまだ、複業や副業を認めていない会社の方が多いという実態もありますが、確実に複業・副業を認めていく社会へ変化していくことは、間違いありません。

それは、大企業のサラリーマンであっても、会社が定年まで守ってくれた時代の終焉と共に、まさにいま複業・副業が当たり前の時代が訪れようとしています。

サラリーマンが複業や副業を始めるのに、必ずしも特別なスキルや資格は必要ではありません。何より、この時代の変化に適応していくことが求められているのです。

フリーランスの複業家になる

フリーランスの方は、会社員の方に比べて既に仕事を得る術を身につけているというメリットがあります。

まったく畑違いの仕事を探して幅広げることもできますが、できれば本業とのシナジーが高い、近い領域で複業を始める方が近道かと思います。

関連記事

企業に所属し、会社員としてエンジニアをしている人で、副業やパラレルワーク(複業)に興味がある人はいるでしょう。エンジニアは、クライアントとの条件さえ合致すれば、在宅やフリーランスでも働くことは可能です。[…]

会社員のエンジニアがフリーランスとして副業(複業)はできるの?

複業や副業が向いている人は?

複業や副業が向いている人とは、どのような人なのか気になる方も多いと思います。

必ずしもすべてのスキルや環境を整える必要はありませんが、ぜひ以下を参考にしてみてください。

専門スキル・特化型のスキルを持っている

基本的には会社員は、ある程度何でもできるジェネラリストであることを求められる傾向にあります。

しかし、複業・パラレルキャリアにおいては、専門性が高く、特殊なスキルを持っている人材の方が求められる傾向にあります。

リモートワークが苦にならない

複業・副業において、リモートワークは必須です!

リモートワークには、環境を整えるだけでなく、クライアントのコミュニケーション方法や頻度などを考えて仕事を進める能力も重要な資質です。

デスクやパソコンがなくても、スマホ1台でもコミュニケーションを取って仕事を円滑に回すことができなければならない場面も多いので、そのような環境が苦にならないことも必要です。

マルチタスクが苦にならない

複業や副業はその名のとおり複数の仕事・プロジェクトを同時に進めることが求められます。

クライアントからは、あなたの状況など関係なしに質問攻めにあうこともよくあることです。

マルチタスクにおいて重要なことは、常に頭の整理をしておき状況を完全に把握しておくことです。

仕事を同時に進めることと勘違いされがちですが、求められるのは状況を適切に把握する能力と判断能力です。

コミュニケーション能力が高い

複業・副業を始めると、人に会うこと多くなります。

これまでは、上司の指示どおり仕事していた環境から、自らスキルをアピールしたり、仕事を受注するための能力が必要です。

特に外部の人間を雇う企業側からするとスキルだけでなく、高いコミュニケーション能力によって、チーム全体の安心感が増すことができます。

コミュニケーション能力は、仕事を円滑に進めるために重要な能力なので、もともとコミュニケーションスキル高い人は、複業や副業に向いていると思います。

自主性・積極的な行動力

複業・副業においては、間違いなく一番必要なスキルが自主性と行動力です。

与えられた仕事しかできない人材は、間違いなく複業で成功できません!

企業は、専門的なスキルを持った人材が積極的に自社の課題を解決していくことを望んでいます。

複業やパラレルキャリアについて、もっと知りたい方は、複業のことを解説した書籍を読むことから始めてみるのもいいですよ!

関連記事

近年、働き方の多様化で「パラレルワーク(複業)」をする人が増えてきました。複数のキャリアを並行に作り上げていくパラレルワーク(複業)は、収入アップや自己実現の可能性など、さまざまなメリットが期待できます。[…]

【2019年版】複業・パラレルワークにおすすめの本10選

さあ複業をはじめよう

複業や副業は、以前から存在していたものなので、特別なことではありません。

とはいえ時代は、複業家を求め、社会環境もそれに合わせて急速に変化しています。

本記事に記載のスキルや素養が自分にはないから、と早々にあきらめるのではなく、どうやったらできるのか、何からできるのか、を真剣に考えてみてください!

複業を始めるのに早いも遅いもありません。着実に自分のスキルアップを図っていくことでチャンスをつかめるはずです!

複業やパラレルキャリアを始めたいと考えている人に事例をご紹介しています。ぜひチェックしてください!

関連記事

この記事でわかること複業と副業の違い複業・パラレルワークに向いている人複業・パラレルワークにおすすめの仕事・職種フリーランス・パラレルワーカー専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こー[…]

複業・パラレルワークにおすすめの仕事・職種14事例をご紹介!