複業・副業の基礎知識

複業の名刺はどうする? 住所って必要? 名刺作成のポイントを解説

投稿日:

複業の名刺はどうする? 住所って必要? 名刺作成のポイントを解説

ビジネスシーンにおいて、「名刺」は非常に重要な役割を果たします。

あなたの基本的なプロフィールを相手に伝えると共に、今後の案件獲得のサポートアイテムとしても役立ってくれるでしょう。

特に、自ら仕事を繋げていく必要性の高いパラレルワーク(複業)において、名刺の存在は欠かせないと言えます。

そこで今回は、パラレルワーク(複業)における名刺の作成ポイントを詳しく解説していきましょう。

これから名刺を作るあなたはもちろん、既に名刺を持っているあなたも、見直しのチャンスとしても是非チェックしてみてください。

これを見れば複業の名刺は完璧!

当記事の内容はこちら

  1. 名刺は自己紹介や連絡先の交換、信用度アップなどの役割を担っている
  2. 名刺には名前や屋号、メールアドレスや経歴などを記載すると良い。ただし住所や電話番号などの個人情報は目的に応じて都度調整するべき
  3. 名刺はデザインにこだわったり、複数種類を使い分けたりするのもおすすめ

複業における名刺の役割とは?

パラレルワーク(複業)をする人が名刺を持つことには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

まずは名刺が果たす基本的な役割について紹介していきます。

自己紹介

自己紹介

どんなビジネスマンでも、名刺はまず「自己紹介」のツールとして活用しているでしょう。

名前や会社名、所属部署や職種、ポジションなどが記載されています。

初対面の相手に名刺を渡して、お互いを名乗り合い、詳しい自己紹介を展開していくシーンは、多くの人が体験しているはずです。

ただ名乗り合うだけではなく、名刺という紙や文字のツールが伴うことで、あなたを印象づけやすくなるというメリットも期待できます。

パラレルワーク(複業)やフリーランスのように、自ら案件を取得していくべき仕事であれば、尚更重要なツールだと言えるでしょう。

そのため、パラレルワーク(複業)に取り組む人は、名刺の内容やデザインにもこだわる必要があるのです。

後々、名刺をチェックしていたクライアントがあなたを思い出して、「あの人に仕事を頼んでみよう」と思い立ってくれる可能性が高くなるからです。

連絡先の交換

連絡先の交換

名刺を手渡すということは、あなたの連絡先を渡すということでもあります。

名刺は「連絡先の交換」という重要な役割も担っているのです。

特にこれからビジネス関係に発展していく相手とは、電話やメールなどの詳しいアドレスを把握しておくべきでしょう。

信頼度アップ

信頼度アップ

名刺を持っているというだけで、相手からの信頼度はワンランク上がりやすいです。

もちろん、名刺を持っている人が全員良いビジネスマンというわけではありません。しかし前述したように、名刺には名前や所属、連絡先などが記載されています。

個人情報を提供し、自分の身分を明かすアイテムを持っているというだけで、やはり信頼はされやすくなるのです。

企業やクライアントによっては、名刺がない相手とはアポイントを取らないというケースもあるほどです。

複業の名刺に載せるべき情報は?

複業の名刺に載せるべき情報は?

それでは続いて、パラレルワーク(複業)をする人が名刺に載せるべき情報について解説していきます。

できるだけ詳しい個人情報があった方が良いものの、多ければ良いというわけではありません。

プライバシーの観点から見ても、情報の取捨選択は非常に重要だと言えるでしょう。

名前(ペンネーム、屋号)

まず名刺に大切なのは「名前」です。屋号を設定している人は、それも合わせて記載しておくと良いでしよう。

ライターやイラストレーターなどは、ペンネームだけの記載でも構いません。実際に取引をおこない、契約書や振込先書類などには本名を書くことになりますが、名刺はあくまで仕事をする立場をアピールするものだからです。

肩書き

名刺を自己紹介ツールや営業ツールとして役立てるためにも、肩書きは欠かせません。

「エンジニア」「ライター」「イラストレーター」といった基本情報は必ず載せるようにしてください。

そこに加えて、より細分化された得意分野を掲載しておくと、クオリティがぐっと高くなります。

「アプリエンジニア」「医療系ライター」「写実系イラストレーター」といった容量ですね。工夫を凝らすほどオリジナリティは出ますが、ぱっと見の分かりやすさが失われないように注意しましょう。

メールアドレス

昨今はビジネスのやり取りをメールでおこなう人も多いでしょう。

そのため、名刺にメールアドレスは欠かせない情報となっています。

相手が解読しやすいよう、数字やアルファベットで分かりにくいアドレスは避けて、万が一の場合は注釈を入れると良いでしょう。

そして容量の大きいデータが添付されても困らないよう、サーバーの空き容量は前もって確認しておきましょう。

電話番号

ビジネスの関係が成立すれば、緊急時の対応や、文面ではニュアンスが伝わりにくい内容もあるでしょう。

そのため、名刺には電話番号も記載しておくのがおすすめです。

基本的にはいつも連絡が取れるスマホや携帯電話の番号が好ましいでしょう。自宅や仕事場に固定電話がある場合は、両方記載しておくと良いです。

ファックスがある場合は、ファックスナンバーも記載しておきましょう。

プライベートとビジネスのスマホを分けている場合は、ビジネス用の番号だけで構いません。

住所

住所は番地や部屋番号まで記載してあった方が、相手からの信用度は上がりやすいでしょう。

ただし、パラレルワーク(複業)の場合は「自宅=職場」という人も少なくありません。

一人暮らしの女性や、その他の家族がいる家庭などの場合、まだ付き合いの浅い不特定多数の人に、いきなりプライベートな住所を教えるのは気が引けてしまうこともあるでしょう。

その場合は、無理に住所を記載しなくても構いません。住所が記載されていることでプラスに働くことこそあれど、マイナスに働いてしまうことはあまりないからです。

見積書や契約書などの正式な書面を用意する際に、初めて伝えるのでも何ら問題はないでしょう。

もしもどうしても名刺に住所を記載したい場合は、レンタルオフィスやシェアオフィス、バーチャルオフィスなどの住所を利用するのがおすすめです。

SNSアカウント

近年は、LINEやTwitter、FacebookなどのSNSをビジネスに活用している人は多いです。

仕事内容の告知をはじめとして、日々のちょっとした発信が、案件獲得に繋がるケースは少なくありません。

職種や業界によっては、SNS上のネットワークがビジネス関係に発展することも増えてきています。

そのため、名刺には公開可能なSNSアカウントを記載しておくと良いでしょう。

ただし、あくまでビジネス用のものを載せるようにしてください。プライベートな情報が満載なアカウントや、ビジネス相手に見られると困るような内容のアカウントは、決して共有しないようにしましょう。

ポートフォリオ、サンプル、職務経歴

職種や業界によっては、ポートフォリオやサンプル、職務経歴を名刺に記載しておくことで、案件獲得がしやすくなるケースもあります。

代表的な事例を記載しておくだけでも構いませんが、詳しい情報が掲載されているオンラインページのアドレスやQRコードを載せておくと、相手により細かい情報をチェックしてもらいやすくなりますよ。

顔写真や似顔絵

「名刺交換をしたけれど、顔と名前が一致しない…」といったトラブルは、誰しも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そういった事態を回避するためにも、名刺に顔写真や似顔絵を載せておくのはおすすめです。

特に、写真家やイラストレーターなどはそこで自分の作品を用いることで、アピール材料にすることも可能です。

複業の名刺を活かすコツ

複業の名刺を活かすコツ

パラレルワーク(複業)における名刺は、以下のようなコツを意識して作成・利用することで、より効率良く活かしやすくなります。

名刺のデザインを工夫する

一口に名刺と言っても、そのデザインは非常に多岐に渡っています。

記載されている内容はもちろん、縦書きか横書きかでも印象は変わりますし、フォントカラーでも雰囲気ががらっと違うものになるでしょう。

紙の種類や、印刷の種類でも名刺の印象は変わります。

分厚い紙であれば高級感が出やすいですし、特殊加工でオリジナリティのある名刺に仕上げられるでしょう。

名刺の印刷会社はたくさんあり、それぞれテンプレートやプランを用意しているため、予算に応じたものを絞り込んでみてください。

デザイナーやイラストレーターの場合は、自分で名刺をデザインすることで、営業力がぐっと高まるはずですよ。

複数種類を使い分ける

名刺は決して一種類しか持ってはいけないというわけではありません。

むしろ相手やシーンに応じて、複数種類の名刺を使い分ける人もいます。

案件やクライアントのジャンルによって名義を使い分ける人もいますし、掲載されているアドレスやサンプルの内容を変える人もいるでしょう。

かっちりした雰囲気であれば硬い印象の名刺を使用し、フランクな交流会などであれば砕けた仕様の名刺を使うという方法もあります。

適宜使い分けることで、名刺という武器をいくつも持てることになるのです。

情報更新はこまめにおこなう

これは稀にあることなのですが、メールアドレスや電話番号が変更になったのに、古い情報の名刺を使い続けてしまうのはNGです。

相手が名刺を見て連絡を取ろうとしたとき、連絡が取れなければせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。相手に不快な思いをさせてしまう危険性もあるでしょう。

また、経歴や代表作を載せる場合もこまめな情報更新を心がけましょう。いつまでも古い情報のままだと、「最近の仕事は不調なのか?」とネガティブなイメージを抱かれてしまう危険性があります。

まとめ

今回の記事では、パラレルワーク(複業)をする際の名刺について紹介しました。

パラレルワーク(複業)をする上で、名刺はとても重要なツールです。

自己紹介のサポートや、連絡先の速やかな交換、自己アピールの材料などにもなるでしょう。

そう言った強みを活かすためにも、名刺作りはこだわっておこなうようにしてください。

必要な情報をしっかり掲載しつつ、印象に残るようなデザインも工夫しましょう。

あなたの魅力を、名刺が底上げしてくれると思ってみてください。

-複業・副業の基礎知識
-, ,

Copyright© パラレルワーカーズ , 2019 All Rights Reserved.