クラウドソーシングとは

パラレルワークの文脈で用いられる用語「クラウドソーシング」について解説します。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシング(Crowdsourcing)とは、Webサービス上を利用し、クライアントと作業者が発注・受注をそれぞれおこなうワークスタイルを指します。

クラウドソーシングという単語は、「crowd(群衆)」と「sourcing(業務委託)」の2つが合わさったもの。

その名前の通り、ほとんどのクラウドソーシング案件は業務委託で取り組むことになります。

具体的な仕事内容や報酬は、案件ごとに異なっています。

Webサービスのジャンルは多岐にわたっており、総合型のクラウドソーシングサービスから、業界や職種に特化したサービスまで様々なタイプが登場しています。

クラウドソーシングを利用するメリット

クラウドソーシングを利用して働くことには、様々なメリットがあります。

代表的なものを、いくつかピックアップして紹介しましょう。

営業の手間が省ける

クラウドソーシングを利用すると、本来であれば案件受注のために発生していた営業の手間が省けます。

自宅にいながら、隙間時間を使って案件を探せる上、お互いの条件が合えばすぐに受注できます。

契約や納品がスムーズになる

クラウドソーシングであれば、契約や納品もWebサービス上で一括でおこなえます。

そのため、副業やパラレルワーク(複業)、フリーランスでの仕事がかなりスムーズになと言えるでしょう。

もちろん、従来発生していた打ち合わせの時間や交通費も節約可能です。

単発で受注しやすい

クラウドソーシングで募集されている仕事は、単発の案件も多いです。

そのため、急に発生してしまった空き時間を有効活用したいパラレルワーカーや、少しずつ副業を始めたい会社員などにも向いています。

得意な仕事が選べる

クラウドソーシングを利用すれば、自分の得意なジャンルにしぼって、案件を受注することができます。

強みを活かした働き方は、効率の良い報酬獲得や、スキルアップにも繋がります。

働く時間が選べる

クラウドソーシング案件の多くは、成果物への評価です。そのため、自分で働く時間が選びやすいというメリットがあります。

本業と両立したい人はもちろん、フリーランスやパラレルワーカーにも魅力的な働き方でしょう。

ワークライフバランスを保ちたい人にも、空き時間を効率良く使いやすくておすすめです。