Webエンジニアがフリーランスで稼ぐ方法は?【平均年収や仕事を獲得する方法も紹介】

この記事でわかること
  1. Webエンジニアの仕事と必要なスキル
  2. フリーランスのWebエンジニアになる方法と稼ぐ方法
  3. Webエンジニアのフリーランスとしての独立をおすすめする理由
フリーランスと会社員の現役パラレルワーカー「こーへい」

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。

会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します!

Webエンジニアのみなさんは、フリーランスWebエンジニアとして独立したいと一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

これからの時代は、ますますWebエンジニアの需要も高まり、会社員として働くよりもフリーランスとして働いたほうが、収入も上がり自由も手に入れられる。

そんな素敵な未来を想像するだけで、ワクワクしてきますよね。

とはいえ、

  • フリーランスWebエンジニアってどうやって仕事を見つければいいの?
  • フリーランスWebエンジニアって収入になるの?
  • フリーランスのWebエンジニアになってメリットなんてあるの?

と、疑問を持っている人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「Webエンジニアがフリーランスで稼ぐ方法や求められるスキル」について、詳しく解説します!

Webエンジニアの仕事内容

エンジニア

はじめに、Webエンジニアの仕事内容や求められるスキルについて説明しておきます。

なぜ、説明するのか?

それは、人によってWebエンジニアに対する認識がバラバラだからです!

これからフリーランスとして独立を検討する前に、いま一度、自分の仕事やスキルについて振り返ってみてください。

Webエンジニアとは?

Webエンジニアとは、一言で表現すると「web上で動作するアプリケーションやサービスを開発する技術者」です。

開発だけでなく、保守・運用業務もWebエンジニアの仕事に含まれます。

常に変化し続けるweb業界では、webエンジニアの需要は、今後もますます大きくなっていきます。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの主な仕事内容は、Web上で提供されるシステムに特化したプログラミングを実装することです。主な業務は「企画・要件定義」「開発・コーディング」「運用・保守」などを行います。

企画・要件定義

Webエンジニアが開発をする上で、まず行うのは「企画・要件定義」です。

クライアントや会社の要望を整理して、実現に必要な仕様・企画を設計します。

企業で働く場合は、事業部門のディレクター、マーケティング担当者などと協力し、企画を進めることもあります。

企画・要件定義にはエンジニアとしての知識や技術力のみならず、ビジネスのスキルも必要になるので、企画・要件定義がしっかりできるエンジニアは重宝されます。

開発・コーディング

Webエンジニアのメイン業務ともいえるのが開発・コーディング業務です。

現場により業務内容が異なるので、プログラミング言語や、求められるスキルも様々です。

また、Git/Githubでのバージョン管理も主流です。

運用・保守

Webエンジニアの業務は、Webサービスを開発するだけでは終わりません。

その後の運用・保守が大切になっています。

ログ監視などエラーをチェックし、異常があった場合には速やかに復旧を行ったり、ユーザーの利便性を向上するため、サイトの表示速度アップなども対応します。

そのため、Webエンジニアには、開発以外にも、サーバーやインフラ・ネットワーク、OSなどの幅広い知識が必要になってきます。

Webエンジニアに求められるスキル

Webエンジニアに求められるスキル

ここまで、Webエンジニアの仕事内容を説明してきました。では、そんなWebエンジニアに求められるスキルについても簡単に解説します。

Webエンジニアに必要なスキル
  • プログラミングスキル
  • 論理的な思考
  • コミュニケーション能力

ひとつづつ見ていきましょう。

プログラミングスキル

Webエンジニアとしてプログラミング技術は必須です。

Webエンジニアが使用するプログラミング言語はいくつかありますが、「HTML」「CSS」「JavaScript」「PHP」は最低限習得しておくとよいでしょう。

ニーズが高まっている「Ruby」や「Python」などもできるとWebエンジニアとしての価値がさらに上がります。

何が必要になるかは取り組む案件や所属する企業・部署によって異なってくるので、自分の強みを整理しておきましょう。

論理的な思考

Web系エンジニアだけでなく、エンジニア全般に必須なスキルが論理的な思考です。

論理的思考は、プログラムを組む際に、どれだけ順序立てて論理的な思考を展開できるかという、ロジックを考えることにつながります。

仕事の効率化と、無駄のないコードを書くために論理的思考は大切になってきます。

コミュニケーション能力

クライアントや社内でのミーティングに、コミュニケーションスキルも必須です。

要件を正確にヒアリングしたり、スケジュール確認など、クライアントと仕事をスムーズに進めるためには、身に着けておくべきスキルと言えるでしょう。

フリーランスを目指すWebエンジニアであればなおさらです。

関連記事

[st-kaiwa1]こんにちは!複業家「こーへい」です!Webエンジニアの仕事内容や年収や必要なスキルについて解説します!おすすめの求人サイトや転職サービスも合わせて紹介するので、参考にしてみてください。[/st-kaiwa1][…]

Webエンジニアとは?Webエンジニアの仕事内容と年収を解説!おすすめの求人サイトや転職サービスも紹介します!

Webエンジニアの年収

Webエンジニアの年収

DODA 職種別・平均年収ランキング 2020によると、Webエンジニアの平均年収は、429万円です。

平均では、実際の年収との差が大きいので、もう少し詳しく見ておきましょう。

男女別 Webエンジニアの年収

男性女性
444万円382万円
(引用:DODA 職種別・平均年収ランキング 2020)

年代別 Webエンジニアの年収

20代30代40代50代
372万円485万円568万円596万円
(引用:DODA 職種別・平均年収ランキング 2020)

フリーランス・会社員のWebエンジニアの年収

働き方平均年収
会社員429万円
フリーランス840万円
(引用:DODA 職種別・平均年収ランキング 2020/フリーランススタート)

Webエンジニアの仕事は、目に見えない仕事や作業が多いため、会社員の場合、正しく評価されず、年収に反映されないのかもしれません。

一方、フリーランスの場合は、年収1,000万円以上も十分可能です。

後ほど説明しますが、案件を紹介してくれるエージェントの求人内容を見ると、

  • 単価が低い案件で月60万円、つまり年収は720万円!
  • 単価が高い案件で月160万円、つまり年収は1,920万円!

と、かなり高年収が期待できます!もちろんエージェントや案件の内容にとって、単価が大きく変わってきますが、総じて高年収であることは間違いありません。

こーへい
アメリカでは、Webエンジニアとして働いている人の平均年収は889万円になるそうです。日本ではここまでの収入を得るには、やはりフリーランスがおすすめですね。
関連記事

世界中にはさまざまな職業がありますが、中でも高額年収がもらえる職種として注目されているのがエンジニア。しかし、エンジニアになれば、年収1000万円も簡単というわけではありません。ただ、エンジニアの中には、[…]

フリーランスのWebエンジニアになる方法

フリーランスのWebエンジニア

ここまで、Webエンジニアの仕事やスキルについて説明してきました。

Webエンジニアは専門技術ということもあり、IT業界の中では、年収は高い傾向にあります。

しかし、フリーランスで働いているWebエンジニアは、正社員のWebエンジニアよりも、はるかに高い報酬を受け取っています。

これは、日本企業でのWebエンジニアの市場価値が低いことに起因していると考えられます。Webエンジニアの適切な価値をわかるような人材が、組織の上層部に不足していることが原因の一つです。

ただ、近年IT業界では恒常的に人材が不足しており、フリーランスのWebエンジニアへの需要が高まっています!

フリーランスであれば、「年収アップ」、「良好な職場環境」、「自由な働き方」を手に入れられる可能性が高いので、ぜひ検討しましょう!

それでは、気になるフリーランスのWebエンジニアになる方法について解説します。

フリーランスのWebエンジニアになる方法は、以下の3つです。

  • 直契約
  • フリーランスエージェント
  • 求人・マッチングサービス

それでは、詳しく説明します。

直契約

直契約とは、Webエンジニアを求めている企業を自分で開拓し、案件を受注する方法です。

つまり、自分で

  • 新規営業
  • 提案・条件交渉
  • 契約締結

を行わなければいけません。

直契約で、フリーランスのWebエンジニアとして活動するには、豊富な人脈がなければ、かなり厳しいです。

また、職務経歴書・スキルシートやポートフォリオなど、提案資料などの準備も必要です。

フリーランスエージェント

クライアント企業とフリーランスをマッチングしてくれるエージェントサービスです。
具体的には、

  • フリーランスへ案件の情報提供
  • フリーランスとクライアント企業との面談への同席やサポート
  • フリーランスとクライアント企業との条件交渉や契約サポート
  • フリーランスの就業中のサポート

などのサービスを提供しています。

エージェントは、案件の紹介から契約手続きのサポートをしてくれるので、営業にかかる手間や時間を省けます

そして何より、エージェントが紹介してくれる案件は、単価が高いので、高年収を実現したいWebエンジニアにおすすめです。

求人・マッチングサービス

求人・マッチングサービスは、

  • 求人サイトに掲載されている案件に自らエントリー
  • プロフィールやスキルを登録してスカウトを待つ

ことで、案件を受注できるサービスです。

マッチングサービス経由で案件を受注するには、案件調査、募集内容の読込、企業担当者との交渉やアピールなど、想像以上に労力がかかります

また、エージェントと比較すると単価が低い傾向にあります。

ただ、マッチングサービスの場合、リモートワークや週1日など副業に向いた仕事も多くあるので、自由な働き方を求めるフリーランスのWebエンジニアには向いているサービスです!

Webエンジニアがフリーランスになるメリット

Webエンジニアがフリーランスとして独立するメリットは、以下のとおりです。

  • フリーランスのWebエンジニアの年収は正社員よりも高い傾向にある
  • 労務管理や就業時間が正社員と比較すると短くできる
  • 自由な働き方やパラレルワークが実現できる
  • キャリアアップやキャリアチェンジしやすい

フリーランスのWebエンジニアのデメリット

フリーランスになると、職種に関係なく、以下のようなデメリットや注意点があります。

  • 仕事や収入が安定しない
  • 健康保険や公的年金などの社会保険が薄い
  • 確定申告が必要
  • 有給休暇がない
関連記事

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します![…]

フリーランスとは?

フリーランスのWebエンジニアにおすすめのエージェント

パラレルワーカーズ編集部で調査したWebエンジニアにおすすめの人気のフリーランスエージェントをご紹介します。

フリーランスWebエンジニアにおすすめエージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ、サービスの詳細を調査した記事も作成しているので、ぜひ見てください!

エージェントサービス特徴・記事リンク
レバテックフリーランス業界最大手・高単価エージェントサービス
レバテックフリーランスの評判・口コミの記事はこちら
クラウドテッククラウドソーシング業界最大手の「クラウドワークス」が運営するエージェント
クラウドテックの評判・口コミの記事はこちら
Midworks豊富な取り扱い案件数と正社員並みの福利厚生で、いま人気のエージェント
Midworksの評判・口コミの記事はこちら

それでは、フリーランスWebエンジニア向けの各エージェントサービスについて説明します!

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス
(参照:レバテックフリーランス)

レバテックフリーランス公式サイト

案件数公開:11,000件以上/非公開:40,000件以上(推定)
平均単価全国平均862万円(公開案件の約50%が月70万円以上)
登録者数140,000人以上(桁違いの人気エージェント)
支払いサイト翌月15日(業界最速)
福利厚生優待サービス/事務手続き代行/賃貸物件大幅割引/交流会など豊富
対応エリア営業所:東京/大阪/名古屋/福岡

サービス利用者の平均年収は862万円という、実力派のフリーランス専門エージェントです。

大手企業(クライアント)も多く利用しており、着実なキャリアアップを積みたいエンジニアにぴったりのシステムが整っています。

基本的には常駐型の案件を専門に取り扱っているため、フリーランスやパラレルワーク(複業)の中でも、腰を据えて働きたいと思っている人におすすめです。

フリーランスWebエンジニアなら、まず間違いなく登録必須の最強のエージェントのひとつです。

もっと、レバテックフリーランスの評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

レバテックフリーランスの評判や口コミはどうなの?レバテックフリーランスは未経験でも利用できるの?レバテックフリーランスに副業に向いている案件はあるの?この記事では、レバテックフリーランスに登録するか迷っている人の[…]

レバテックフリーランスの評判は実際どうなの?

クラウドテック|業界最大手エージェント

クラウドテック
(参照:クラウドテック)

クラウドテック公式サイト

案件数常時4万~5万件以上
平均単価月額30~100万円
マージン率非公開
支払いサイト翌月15日(業界最速)
福利厚生健康サポート/事務サポート/家事・育児サポート/旅行サービス/グルメサービス/エンタメサービス/美容サービス
対応エリア全国

クラウドテックは、クラウドソーシングサービス最大手の「クラウドワークス」が運営しているフリーランスエージェントサービスです。

クラウドテックは、クラウドワークスが運営しているだけあって、登録している企業が14万社と他のフリーランスエージェントと比較すると圧倒的に登録企業数が多いです!

週2日やリモートワークOKのエンジニア向けの案件を豊富に抱えているので、フリーランスとして、自由に働いて稼ぎたいWebエンジニアにおすすめのサービスです。

クラウドテックは、面談な案件紹介のマッチングも、専任のキャリアアドバイザーが行ってくれるので、自分の業務に集中できるのも大きなポイントです。

もっと、クラウドテックの評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こーへいクラウドテックは、IT・Webエンジニア向けの副業案件の種類が豊富な評判のよいエージェントサービスです。週1日や在宅ワークOK・リモートワーク案件などの働き方も選べる案件が多く、エンジニアの副業・パラレルワークに[…]

クラウドテックの評判・口コミを徹底解説!クラウドワークスとの違いや副業におすすめの理由

Midworks|正社員並みの福利厚生

Midworks
(参照:Midworks)

Midworks公式サイト

案件数公開:1,100件以上/非公開:4,000件以上(推定)
平均単価50万円~70万円(最高180万円)
マージン率10%~15%(業界最低水準)
支払いサイト翌月20日
福利厚生給与保証制度/フリーランス協会無料加入/優待サービス
対応エリア東京都

Midworksは、フリーランスなのに「正社員並みの福利厚生」を提供しており、これからフリーランスになろう、という人に、おすすめしたいエージェントです!

大人気の理由の1つ「正社員並みの福利厚生とは、「社会保険の代替になる保険の保険料を半額負担」「フリーランス協会の加入が無料」「クラウド会計ソフトが無料」「福利厚生サービスが利用できる」「書籍代が月1万円まで無料」「交通費を1万5千円まで負担」と、至れり尽くせりとは、このことです。

そして、極めつけは給与保証制度」です。

なんと、契約が途切れてしまった時に予想契約単価の80%を日割りで受け取れます!

Midworksで次の案件を探すことが条件とはいえ、他のエージェントにはない魅力的なサポートですよね。

特に、これからフリーランスになろうと思っているけど不安という方におすすめです!

もっと、Midworks(ミッドワークス)の評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こーへいMidworksは、低マージンで良質な案件、高単価の案件が多く、正社員並みの保証まである素敵なエージェントです!フリーランスのIT・Webエンジニアやデザイナーは、登録しないと損ですよ!いまフリーランスのIT[…]

Midworks

複数のエージェントの登録をおすすめする理由

フリーランスエージェントによって、得意業界職種が違います。また対応の質も当然エージェントによって大きく違ってきます。

初めてフリーランスに転向を考えているWebエンジニアの方は、まずは複数のエージェントに登録して面談を通じて対応の品質を確認しましょう!

また、エージェントによって、スキルや経験が同じでも、取り扱っている案件の質が違うので、当然ながら単価にも差がでてきます。

複数のエージェントに登録して案件を紹介してもらい、比較することで生涯年収が大きく変わってくるので、複数登録することをおすすめします!

関連記事

この記事でわかること フリーランスエージェント選びが重要な理由 担当エージェント・カウンセラーを見極めるポイント 評判の良いおすすめのフリーランスエージェンをご紹介フリーランス・複業・パラレ[…]

優良なフリーランスエージェントを選ぶチェックポイントとは
関連記事

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します![…]

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント

フリーランスのWebエンジニアにおすすめのマッチングサービス

パラレルワーカーズ編集部で調査したWebエンジニアにおすすめの人気のマッチングサービスをご紹介します。

フリーランスWebエンジニアにおすすめマッチングサービス一覧

各マッチングサービスの評判・口コミ、サービスの詳細を調査した記事も作成しているので、ぜひ見てください!

マッチングサービス特徴・記事リンク
Workshipマッチング機能とエージェントサービスが融合したハイブリットサービス
Workshipのサービス内容・評判・口コミ
Anotherworks複業や副業をしたい人と企業をつなぐマッチングサービス
Anotherworksのサービス内容・評判・口コミ
Offersエンジニア・デザイナーに特化したマッチングサービス
Offersのサービス内容・評判・口コミ

Workship

Workship(ワークシップ)
(参照:Workship)

Workship公式サイト

Workship(ワークシップ)は、リモート案件や週1~3日などが豊富な複業・フリーランス向けの求人マッチングプラットフォームです。

案件の半数以上がリモートOKなので、いま複業・副業に最適なサービスとして注目を集めています!

もともと、W-AGENTというエージェントサービスを展開していて、現在も、Workshipに無料登録後にW-AGENTに相談できるようになっています。

もっと、workshipの評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

Workship(ワークシップ)は、リモート案件や週1~3日などが豊富な複業・フリーランス向けの求人マッチングプラットフォームです。案件の半数以上がリモートOKなので、いま複業・副業に最適なサービスとして注目を集めています。今回[…]

複業・フリーランスの人気マッチングプラットフォームを徹底調査!

Anotherworks

anotherworks
(参照:Anotherworks)

Anotherworks公式サイト

Another works(アナザーワークス)は、複業や副業をしたい人と企業をつなぐマッチングサービスです。

2019年9月にサービスが開始された新しいサービスですが、既に登録ユーザー数が2,000人を突破しており、複業・副業ワーカーに注目されています。

もっと、Another works(アナザーワークス)の評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

この記事でわかること「Another works」のサービスの特徴・メリット「Another works」はこんな人におすすめ!案件を徹底調査!「Another works」の評判・口コミフリーラ[…]

anotherworks

Offers

Offers
(参照:Offers)

Offers公式サイト

Offers(オファーズ)は、複業や副業をしたいエンジニア・デザイナーに特化したマッチングサービスです。

登録やサービスの利用料は、一切かかりません。

Offersの特徴として求人内容は、すべて非公開となっています。

登録したエンジニアやデザイナーのスキルや経歴をもとに、企業側がオファーを出す仕組みになっているので、登録したらオファーを楽しみに待ちましょう!

登録からアカウント開設までは、5分程度でできるので、マッチングサイトの一つとして登録しておくのがおすすめです。

もっと、Offersの評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

この記事でわかること「Offers」のサービスの特徴・メリット「Offers」はこんな人におすすめ!案件を徹底調査!「Offers」の評判・口コミフリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「[…]

副業・複業マッチングプラットフォーム「Offers」

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

今回は、Webエンジニアがフリーランスになるための方法やおすすめのフリーラスエージェントについて詳しく解説しました。

フリーランスのWebエンジニアにとって、エージェントは必要不可欠な存在です。

特にこれからフリーランスに転向しよう、という方は必須と言ってもいいでしょう!

あなたにあった、エージェントが見つかれば、高収入・安定も夢ではありません!

ぜひ、この機会に気になるエージェントに登録してみて、あなたの可能性を広げてみてください!

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

フリーランスと会社員の現役パラレルワーカー「こーへい」
こーへい
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
それではまた!!!