システムエンジニア(SE)とは?SEの仕事内容と年収を解説!おすすめの求人サイトや転職サービスも紹介します!

こーへい
こんにちは!複業家「こーへい」です! 今回は、システムエンジニアの仕事内容や年収や必要なスキルについて解説します! おすすめの求人サイトや転職サービスも合わせて紹介するので、参考にしてみてください。

SE・システムエンジニアは、PCでプログラムコードを黙々とプログラミングしているイメージを持っている方が多いと思います。

実は、そのイメージはちょっと違っていて、実際のSEの仕事内容は、企業やクライアントへのシステムに関するヒアリングやシステムの設計という上流工程を行うことです。

企業活動やサービスには、在庫管理や発注管理・顧客管理から勤怠管理など様々なシステムが活用されていますよね。

そんな企業活動を裏側で支えるシステムを設計するシステムエンジニア(SE)について、どんな仕事内容か、年収はどれくらいか、またシステムエンジニア(SE)のおすすめ求人サイトや転職サービスについて、わかりやすく解説します!

システムエンジニア(SE)とは?

システムエンジニアは、ITエンジニアの一種です。

ITエンジニアの中には、プログラマーやWebエンジニアなど、様々な職種があるので、実際の仕事内容がイメージしづらいですよね。

そこで、システムエンジニアの仕事内容と他のITエンジニアの仕事内容を理解できるように比較して解説します!

システムエンジニア(SE)とは?

システムエンジニアとは、企業やサービスの情報システムを設計する技術者のことです。

SEは、企業の要求やニーズをもとに、要望にあったシステムの仕様を決定し、設計する上流工程を担当します。

情報システム開発における上流工程とは、「要求分析・要件定義」、「基本設計・外部設計」、「詳細設計」、「テスト」などの業務のことです。

また、開発にあたっての予算や人員・工数の見積り、進捗管理などのマネジメント業務も行います。

ITエンジニアの職種と仕事内容の違い

ITエンジニアには様々な職種や仕事内容があります。

システムエンジニアがどのような位置づけなのか理解するために、代表的なITエンジニアの職種と仕事内容について解説します。

ITエンジニアの種類と仕事内容

エンジニアの職種仕事内容
システムエンジニア
  • 要求ヒアリング・要件定義
  • システムの設計・開発
  • システムの動作テスト・納品
プログラマー
  • システムの設計・開発・構築
  • システムのテスト・運用・改善
ネットワークエンジニア
  • ネットワークの設計・構築
  • ネットワークの監視・運用
サーバーエンジニア
  • サーバーの構築・アプリケーション設定
  • サーバーの運用・保守・セキュリティ・障害対応
Webエンジニア
  • Webサイト・Webサービスの設計・開発
  • Webサイト・Webサービスの運用・保守

システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニア(SE)の仕事内容は大きく5つに分類できます。

システムエンジニアの5つの仕事

  1. 企業やサービスの要求分析・システム要件定義
  2. 情報システム概要を決める基本設計
  3. システムの内容を決める詳細設計
  4. 納品前のテスト設計・単体テスト・結合テスト
  5. 予算・人員・進捗管理などのマネジメント業務

それぞれの仕事について詳しく解説していきます。

企業やサービスの要求分析・システム要件定義

システムエンジニア(SE)は、情報システムの設計にあたり、企業やクライアントへのヒアリングを行います。

既存システムの改善や改修の場合には、綿密に調査を行うこともあります。

SEは、企業のニーズや要求を分析し、開発コストや開発期間などを考慮して、要件定義書を作成し、顧客に提案・説明を行います。

企業のニーズを全て満たすことは、現実的には難しいので、要件定義の段階でしっかりと開発スコープや条件の認識合わせができていないと、後々トラブルにつながるので、注意しましょう。

情報システム概要を決める基本設計

次に基本設計の段階では、ヒアリング内容や要件定義書をもとに、情報システムに必要な機能を全て洗い出し、それぞれの機能を明確にします。

データベースや外部システムなども関連する場合は、どのように連携するのか具体的に決めるフェーズです。

基本設計は、企業やクライアントが情報システムの概要や実際のオペレーションをイメージできる最後段階なので、詳細設計に入る前に、イメージに合っているか、しっかりレビューしてもらうことが大切です。

基本設計の設計項目例

  • 業務フロー図
  • 機能一覧表
  • ネットワーク構成図
  • データベースのテーブル定義
  • データベースのER図
  • 画面レイアウト・イメージ
  • 帳票レイアウト・イメージ

システムの内容を決める詳細設計

基本設計の次は、詳細設計を行います。詳細設計では、基本設計の内容をもとに、主にエンジニアやプログラマーに向けた設計書を作成するフェーズです。

設計書ができたら実際に開発を行うエンジニアやプログラマーとの認識合わせや指示を行います。

詳細設計の設計項目例

  • 機能分割説明・クラス図
  • データベースフロー・DFD図
  • モジュール詳細・処理概要

納品前のテスト設計・単体テスト・結合テスト

エンジニアやプログラマーが開発したシステムが、設計の意図通りに動作するかテストする工程です。

テストは、開発会社が行う「単体テスト」と「結合テスト」、「システムテスト(ST)」と企業やクライアントが行う「ユーザー受け入れテスト(UAT)」に大きく分かれます。

テストが問題なく完了した場合、システムのプログラムコードを納品します。

予算・人員・進捗管理などのマネジメント業務

システムエンジニア(SE)は、設計やテストの他にも、開発予算や人員の調整、進捗管理などのマネジメント業務などのプロジェクト管理的な重要な仕事も行います。

管理能力だけでなく、メンバーとのコミュニケーションや企業やクライアントとの交渉なども行うこともあるので、コミュニケーション能力も必要です。

システムエンジニア(SE)の平均年収

システムエンジニア(SE)の平均年収は550.8万円

システムエンジニア(SE)の平均年収は、厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査によると550.8万円です。

日本全体の平均年収が454.5万円なので、システムエンジニアの平均年収は高いと言えそうです。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(平成29年)

なお、上記は、あくまでも平均年収ですので、経験豊富でスキルが高いシステムエンジニアになると、年収800万円、中には1,000万円を超える年収をもらっているSEも存在します。

システムエンジニアは、経験とスキル次第で他の職業と比べて大幅な年収アップを期待できる職種なのです。

関連記事

世界中にはさまざまな職業がありますが、中でも高額年収がもらえる職種として注目されているのがエンジニア。しかし、エンジニアになれば、年収1000万円も簡単というわけではありません。ただ、エンジニアの中には、[…]

システムエンジニア(SE)の年代別の平均年収

システムエンジニアの平均年収を年代別に比較すると、20代後半から一気に平均年収がアップしていることがわかります。

20代前半は、スキルも未熟で経験も少ないので、年収が低い傾向にありますが、新卒から数年経過した20代後半となると、SEとして一人前となり大きく年収がアップする傾向にあるようです。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(平成29年)

30代後半以降は年収に大きな差はなくなってきます。

実際は、所属する会社やスキルによって年収は大きく変わるため、20代から30代にかけてしっかりとスキルを習得することが大切です。

ステムエンジニア(SE)の年収はなぜ高いの?

システムエンジニア(SE)の年収は、日本の平均と比較すると高額な職種に入ると思います。

なぜ、年収が高いのか、理由は以下の3つが考えられます。

システムエンジニア業界や業務特性により年収が高い傾向にある

  • IT業界全体で人手不足がしている
  • 専門性が高く、特定のスキルが必要
  • 他の職種と比較すると残業が多い

すべての企業で残業が多いわけではないですが、私の経験上や知人でSEの人の見る限り、残業は多いです。

残業代がでないようなブラック企業に入ってしまうと、大変ですので企業選びは慎重に行いましょう!

なお、所属する企業や業種によっても年収は変わってくるので、以下も参考にしてみてください。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(平成29年)

年収上げたいと思って転職を考える方も多いと思います。しかし、転職したら必ずしも年収が上げるわけではありませんよね。

そこで、年収を上げたい方は、ぜひ副業を検討してみてくださいITエンジニア向けに副業を紹介するサービスが増えてきているので、一度検討してみると良いともいます!

関連記事

働き方改革という時代が大きく変化する中、副業を始めて収入アップやスキルアップを図りたいITエンジニアの方も多いのではないでしょうか。webディレクター・コーダー・デザイナー・プログラマーなどのITエンジニアの方は、副業や[…]

エンジニアが副業で稼げる案件サービスを徹底解説!

システムエンジニア(SE)に求められるスキル

プログラミング言語・IT関連の知識

システムエンジニアは、プログラムをコーディングするということは、基本的にないのですが、プログラマーに指示するだけでなく、チェックしなければなりませんので、プログラミングできることで、より質の高いシステムを構築することができます。

現場で使えるプログラミングスキルを持ったSEは、あまりいないので、市場価値も高く年収も上がりやすいです。

システムエンジニアにおすすめのプログミング言語

フロントエンドエンジニアHTML / CSS / JavaScript / jQuery
バックエンドエンジニアC / C# / Java / PHP / Ruby / MySQL / Python / R / Scala
アプリ開発Swift / Kotlin

ネットワーク・サーバー

システムエンジニアの中でもインフラエンジニアを目指す方は、ネットワークやサーバー、データベースの知識やスキル必要になります。

サーバー系のプログミング言語

Java / C++ / C# / PHP / Ruby / Python / SQL

AWS・クラウドコンピューティング技術

現在、クラウド化が拡大しています。

クラウドコンピューティングの技術やスキルを習得することは、システムエンジニアとして、欠かせないことになると思います。

システムエンジニアにおすすめの役立つ資格一覧

システムエンジニアは、基本的に資格があるから仕事ができる職種ではありませんが、業界一般的に取得が推奨されている資格について紹介します。

Web系の国家資格

基本情報処理技術者

IPA(情報処理推進機構)が実施している基本情報処理技術者とは、高度IT人材となるために必要な基本知識・技能を持ち、実践的な活用能力を証明する国家資格です。

企業によって、システムエンジニア職につく人材は取得を義務付けられていることもあります。

応用情報処理技術者

応用情報技術者もIPA(情報処理推進機構)が実施している国家資格試験です。ITを活用する社会人が身につけておくと良い応用的知識・技能に関する資格です。

基本情報処理技術者と比較すると取得難易度がとても高い資格ですが、多くのシステムエンジニアが取得しています。

IPA公式サイト:http://www.ipa.go.jp/index.html

AWS認定

最近、サーバーのクラウド化が急速に進んでいますね。なかでもAWSを利用している企業は非常に多いと思います。

そんな中、AWS認定を取得してクラウドの専門知識を持っていること証明できれば、年収アップにもつながりやすいので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

AWA公式サイト:https://aws.amazon.com/jp/certification/

ITコーディネータ

ITコーディネータ協会が主催する民間資格です。

ITと企業経営の知識、IT戦略の意思決定をサポートするための知識を体系的に学習できる資格です。

将来、上流工程で働きたいという人は取得をおすすめします。

公式サイト:https://www.itc.or.jp/

この他にも、システムエンジニアの実務に役立つ資格があります。詳しくは、別の機会に記事にしたいと思います。

CCNA・CCNP(シスコシステムズ)

CCNA・CCNPとは、シスコシステムズ社が認定するベンダー資格です。

ネットワーク技術に関する資格で世界的に認知されています。ネットワークエンジニアを目指す方は、グレードの高い資格を目指してもよいでしょう。

LPIC

LPICとは、Linuxの技術者向けの試験格です。

インフラエンジニアを目指す方は取得することをおすすめします!

未経験からシステムエンジニア(SE)になるには?

システムエンジニア(SE)は、未経験からでも転職することはできます。

しかし、業務上、ITに関する知識やプログラミング言語に関する知識は必須となるので、転職の前にプログラミングスクールに通ったり、前述の資格取得をおすすめします。

転職の際は、どうしても未経験OKの求人を中心に検討することになりますが、スクールに通ったり、資格を取得することで、少しでも有利な条件で転職できるようにしましょう。

プログラミングスクールで技術を習得

独学で学習できる無料のプログラミングサイトも非常に多くなってきていますが、しっかりと腰を据えて勉強するには、やはりプログラミングスクールに通うことをおすすめします!

システムエンジニアになれる「おすすめプログラミングスクール」3選

プログラミングスクールを検討するなら以下の記事をぜひご覧ください!

関連記事

エンジニアは資格や学歴に関係なくできる仕事ですが、より効率良くスキルや知識を身に着けたいあなたには、プログラミングスクールがおすすめです。最新の技術を身に着けやすいですし、疑問点もすぐに解決しやすいでしょう。[…]

エンジニアになりたい人向け! プログラミングスクールまとめ

未経験でもOKな求人を扱うエージェントへの登録

プログラミングスクール等で技術を身につけたら次は、未経験OKな求人を多く扱う転職エージェント等への登録をおすすめします。

ただし、未経験といっても未経験OKという会社を単純に希望するのでなく、プログラミングスクールで学んだことや実際に自作したコードで十分に戦力なることをエージェントの担当者に伝えましょう!

未経験OKの企業に単純に転職すると誰でもできる簡単な仕事しかできずに、無駄になってしまうからです。

未経験OKの求人を扱う「おすすめエージェント」3選

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • ワークポート

【注意】ハローワークや転職サイトの求人はブラック企業に用心

転職を考える際に転職・求人サイトやハローワークを考える方が多いと思いますが、基本的におすすめしません。

IT・Web業界で未経験でもOKという求人は、ブラック企業であることが考えられるからです。

すべての求人がそうとは限りませんが、専門的なスキルや知識が必要なIT・Web業界の求人で、未経験OKかつ給与が高い場合は要注意です!

まとめ

システムエンジニア(SE)として働くには、専門的なスキルが必要ですが、IT・Web業界は需要が高く、将来性のある職業です。

未経験からでも、十分転職のチャンスはあるので、プログラミングスクールや資格を取得して、ぜひシステムエンジニアの世界へチャンレジしてください!