webデザイナーの平均年収は?年収1,000万円以上を稼ぐ方法を解説

WEB制作会社や広告代理店で需要のあるwebデザイナーですが、同じWEB関連のエンジニアなどに比べると年収が低いことをご存じですか。

もし、webデザイナーとして年収1000万円以上稼ぎたいと考えているならば、普通に働いているだけでは無理です。

しかし、この記事で紹介する3つの方法を理解することでwebデザイナーであっても年収1000万円以上を稼げるようになるとしたらどうでしょう。

もちろん、方法を理解して実践したからといって絶対に年収1000万円を超える保証はありませんが、確実に年収がアップするのは確かです。

そこで、今回は、webデザイナーが年収1000万円以上を超えるために知っておきたい平均年収と具体的な年収アップの方法について紹介していきます。

当記事の内容はこちら

  1. webデザイナーの平均年収の実情
  2. 年収1000万円以上を稼ぐ3つの方法
  3. 年収アップに最適な3つの方法

webデザイナーの平均年収

webデザイナーの平均年収を調査した結果、転職サイトである「求人ボックス給料ナビ」と「doda」では以下のような年収となりました。

転職サイト名平均年収
求人ボックス給料ナビ約426万円
doda約357万円

参考URL:「求人ボックス給料ナビ」,「doda」

参考にした転職サイト以外にもデータを算出すること可能だが、上記2つのサイトからだと約357~426万円が平均年収だということがわかります。

ちなみに、求人ボックス給料ナビの平均収入内訳では、webデザイナーの正社員が平均年収426万円・派遣社員が平均時給1722円・アルバイトやパートが平均時給999円です。

つまり、webデザイナーとして企業に正社員で勤務すると年収1000万円の半分以下しか稼ぐことができません。

ただし、webデザイナーという業種の年収幅は年収333~911万円以上と広いため、働く場所や役職などで年収は大きく変わってくる傾向にあるようです。

webデザイナーの性別・地域・年齢別の平均年収

webデザイナーの平均年収が、男女や年齢でどの程度変わってくるのかを把握しておきましょう。

地域別の平均年収

webデザイナーの平均年収は、各都道府県によって大きく変わる傾向があります。そのため、年収アップを狙うのであれば、より年収の高い地域を選択する必要があるでしょう。

まず、大まかなに見た地方の中でwebデザイナーの平均年収が高い地域は関東と近畿です。以下に詳細を記載。

地方名平均年収
関東423万円
近畿392万円
その他の地域372万円

参考URL:「求人ボックス給料ナビ」

関東とその他の地域を比べると平均年収51万円の差が出ていることがわかります。年収に特化して仕事を探している人は、関東や近畿がおすすめでしょう。

続いて、各都道府県の平均年収は以下の通りです。

地方名平均年収地方名平均年収
北海道315.0万円青森280.0万円
岩手315.0万円宮城350.0万円
秋田280.0万円山形315.0万円
福島315.0万円茨城350.0万円
栃木350.0万円群馬350.0万円
埼玉315.0万円千葉350.0万円
東京490.0万円神奈川385.0万円
新潟315.0万円富山315.0万円
石川350.0万円福井350.0万円
山梨315.0万円長野350.0万円
岐阜315.0万円静岡350.0万円
愛知385.0万円三重350.0万円
滋賀350.0万円京都350.0万円
大阪420.0万円兵庫350.0万円
奈良350.0万円和歌山315.0万円
鳥取315.0万円島根315.0万円
岡山350.0万円広島350.0万円
山口350.0万円徳島350.0万円
香川315.0万円愛媛315.0万円
高知315.0万円福岡350.0万円
佐賀280.0万円長崎315.0万円
熊本315.0万円大分315.0万円
宮崎280.0万円鹿児島315.0万円
沖縄280.0万円  

参考URL:平均年収.jp

上記の中で、平均年収の比較的高い地域は、1位東京都・2位大阪・3位愛知・4位福岡・5位北海道です。

やはり、地方よりも主要都市の方が比較的webデザイナーの平均年収は高い傾向にあります。

都道府県の中には、平均年収が300万円台を切る県もあるため、webデザイナーの年収と地域は密接な関係があることがわかるのではないでしょうか。

年齢別の平均年収

webデザイナーの平均年収は、年収によって数百万円単位で変わってきます。

年代平均年収
20~24277万円
25~29349万円
30~34407万円
35~39449万円
40~44502万円
45~49546万円
50~54558万円
55~59471万円

参考URL:「求人ボックス給料ナビ」

webデザイナーでは、平均年収のピークは、50~54歳の558万円で20~24歳の年収と比べて281万年ほどアップする傾向にあります。

やはり、かけ出しである20代よりもノウハウやスキルのレベルが年々上がるため、年齢に比例して年収もアップするようです。

男女別の平均年収

まず、男性がwebデザイナーとして働く場合の平均年収は以下の通りです。

男性

年代平均年収
20~24287万円
25~29364万円
30~34442万円
35~39486万円
40~44545万円
45~49584万円
50~54572万円
55~59478万円

参考URL:「求人ボックス給料ナビ」

続いて、女性の平均年収は以下の通りです。

女性

年代平均年収
20~24273万円
25~29340万円
30~34367万円
35~39398万円
40~44407万円
45~49458万円
50~54536万円
55~59461万円

参考URL:「求人ボックス給料ナビ」

webデザイナーとして働く場合、男女の最高額は男性が584万円に対して女性は536万円と男性の方が優遇されていることがわかります。

また、平均年収のピークも男女では異なり、男性が45~49歳で女性が50~45際です。

あくまでも平均なので、中には女性でも男性以上の年収で働いている人もいますが、今からwebデザイナーとして働く場合はひとつの目安としておくと良いでしょう。

webデザイナーの職種別平均年収

webデザイナーの平均年収は約357~426万円といわれていますが、企業の大きさによっても100万円以上の差が出るので以下を参考にして下さい。

企業規模平均年収
10~99人403万円
100~999人422万円
1,000人以上544万円

参考URL:「求人ボックス給料ナビ」

従業員数が1000人を超える大企業では、中小企業に比べて平均年収が100万円以上高くなっています。

同じwebデザイナーであっても、企業の規模と年収は比例していることがわかるため、年収アップを目指すのであればより規模の大きな企業に勤めた方が良いでしょう。

また、企業の大きさで給料に差が出ることは、webデザイナーに限った話ではなくどの職種にもいえることなので、場合によっては勤め先を見直すことも年収アップには欠かせない条件なのかもしれません。

webデザイナーで年収1000円以上を稼ぐ方法

webデザイナーの平均年収では、普通に会社員として働いても年収1000万円の半分程度しか稼ぐことはできません。

そのため、年収1000万円を達成させられる方法を紹介していきます。

キャリアチェンジをする

webデザイナーの平均年収を見ても、一生働き続けても年収1000万円には及びません。

そのため、webデザイナーのスキルを活かしたwebディレクターやwebプロデューサーなどにキャリアチェンジをすると年収アップに期待できます。

ある転職サイトの求人を見ても、webデザイナーは年収400万円に対してwebディレクターだと年収600万円となるケースもあるのです。

コンサルタントやディレクターなど企業のリーダーに位置する職種につくだけで年収は数百万円アップに期待できるでしょう。

やはり、webデザイナーは全国だけでも多くの人が働いているため、企業側としても替えがいくらでも利きます。

しかし、企業のプロジェクトを動かす人材は、少なく難しいので年収に反映されるというわけです。

当然、webデザイナーよりも責任や重圧は高まりますが、大手企業のプロジェクトを任せてもらえるほどの人材になれば年収1000万円も夢ではなくなるでしょう。

スキルを磨く

webデザイナーの技術的なスキルアップは確かに年収をあげる上で必要ですが、年収の桁を変えるためにはもっと重要なスキルがあります。

そのスキルは「コミュニケーション能力」と「人脈形成」です。

まず、コミュニケーション能力を身に付けるとことでキャリアチェンジしやすくなります。

というのも、企業のプロジェクトでは、webデザイナーだけでなく数多くの人が関わるため、作業は1人でも他者との話し合いも時には必要なのです。

コミュニケーション能力を高めることで、話し合いでも自分の意見を通しやすくすることも可能になるため、無駄な修正も減ります。webデザイナーの中には、業務に追われてスキルアップをする時間が取れない人も少なくありません。

無駄な修正がなくなれば、業務効率が良くなるだけでなく心にも余裕が生まれてモチベーションアップにもつながるでしょう。

コミュニケーション能力=人と接する能力と誤解する人もいますが、本当は相手を信頼させる力なのです。

周りの人からの信頼を得られればコンサルタントやディレクターなどへのキャリアチェンジもスムーズになります。

次に、大切なスキルが人脈形成です。人脈が多ければ多いほど、大きな仕事のチャンスが増えやすくなるのです。

もちろん、ただ人脈が多いだけでは大企業まで自分の存在を知らせることはできません。

そのため、人脈形成では、いかに企業の社長や副社長といったトップクラスの人と付き合っていくかがポイントになります。

トップクラスの人と交流を深めれば、スキルに応じておのずとビックプロジェクトの話が舞い込んでくるでしょう。

最初からトップクラスの人と交流を持つのは難しいかもしれませんが、積極的に交流会やセミナーに参加して自分を売ることで人脈形成のスキルを高めることができます。

年収1000万円を目指すためには、大企業のプロジェクトに参加することが近道なので、人脈形成のスキルを高めることがおすすめです。

フリーランスとして独立

webデザイナーとして企業で働いたとしても年収は300~500万円程度で止まる可能性が高いといえます。

しかし、フリーランスとして独立すれば話は別です。フリーランスは、企業と直接契約をするため自分のスキル次第で契約金額は全く違ってきます。

例えば、同じスキルを持ったwebデザイナーの場合、正社員は年収300万円から急にアップさせることはできません。

一方、フリーランスならば同じような作業でも年収を500万円や600万円で請け負うことができます。

つまり、webデザイナーでもフリーランスになるだけで年収1000万円に近づきやすくすることができるのです。

しかし、フリーランスとして独立する人の多くが廃業にいたるケースも少なくありません。

その背景には、やはり仕事が取れないことや単価が上がらないことが原因です。未熟なうちからフリーランスとして独立すると、必ず上記のような壁にぶち当たり正社員の給料と比べてしまいます。

そのため、安易にフリーランスとして独立ことはおすすめできませんが、年収アップを目指すのであれば独立するのもひとつの方法だといえるでしょう。

webデザイナーで年収アップさせる具体的な方法

正社員のwebデザイナーでも年収1000万円を超えられないわけではありません。

中には、フリーランスとして独立するリスクから仕事を辞めたくない人もいるでしょう。

そのため、雇われているwebデザイナーでも年収をアップさせられる方法を紹介していきます。

副業をする

もっとも簡単ですぐに始められる方法が副業です。2019年現在では、働き方改革によって多くの企業で副業を推奨するケースが増えています。

また、副業を後押しするクラウドソーシングサービスも多く存在するため、営業能力や交渉術のスキルが未熟でも簡単に仕事を請け負うことが可能です。

webデザイナーの案件が多いクラウソーシングサービスは、さまざまですがクラウドワークスやランサーズなどが知名度も高くおすすめでしょう。

もちろん、webデザイナーに特化したクラウドソーシングサービスも普及してきているため、自分に合ったもので構いません。

重要なのは副業をしてスキルと収入を上げることです。副業で月10万円を獲得すれば、年間120万円を手に入れることができます。

厳密に税金などを計算すると年収は減りますが、それでも正社員1本でwebデザイナーをしているよりは年収は確実に上がるでしょう。

副業を通じてコミュニケーション能力や企業との関わりも増えるため、年収が正社員を超えればフリーランスとして独立も検討できます。

自分のスキルに合った案件を選べるため、低スキルの人も気軽に利用できるのも副業のメリットです。

着実にスキル・年収アップを目指したい人は、副業をおこなってみましょう。

複業をする

複業は、副業とは違って2つ以上の企業から仕事を請け負うことを指します。副業は、自分の好きな時間や作業量を決めやすい特徴がありますが、複業はプロジェクトに参加するため責任が高くなるのです。

もちろん、複業の方が副業に比べて単価も高く年収アップに結び付きやすい傾向にあります。

また、複業では、常駐型と呼ばれる企業内で仕事をするスタイルがあり、自分よりも高いスキルを持った人と交流を持つことが可能です。

高いスキルを持った人の側にいれば、webデザイナーとしての技術以外にも多くのスキルを高めることができるので、大きなスキルアップに期待できます。

しかし、複業は仕事を2つ以上も掛け持ちするため、体力面や精神面での負荷も多くなってしまう可能性もあるでしょう。

そのため、複業は大きな年収・スキルアップにはおすすめですが、無理をしない程度におこなうことも大切です。

転職をする

上記の平均年収データにもあるように、地方よりもwebデザイナーの需要が高い地域で働いた方が年収は高くなります。

年収を第一に考えるのであれば、関東や近畿などへ転職することも検討しましょう。

同じ作業レベルでも転職するだけで年収を上げることもできるため、比較的ハードルの低い方法です。

ただし、家庭を持っている人や事情により地域を離れられない人も多いので、すべての人が利用できる方法だとはいえません。

しかし、webデザイナーの需要の高い地域に転職すれば、複業の案件数も増えるためキャリアアップやスキルアップしやすい環境を得ることはできます。

もし、転職ができる環境にいる人は、webデザイナーの需要が高い地域へ転職するのもおすすめです。

まとめ

webデザイナーの平均年収は、約357~426万円なので普通に働いても年収1000万円は難しいのが現状です。

また、年収1000万円を達成させるためには、コミュニケーション能力や人脈形成などwebデザイナーの技術的要素以外が必要となってきます。

まだ、スキルが足りていないけれど年収アップを目指したい人は、副業や複業を始めてみると良いでしょう。

副業や複業は、単純に収入も増えますし企業側と知り合うきっかけにもなります。

注意点もありますが、自分を磨くにはおすすめの方法なので正社員+副業・複業から始めてみてはいかがでしょうか。

[st-kaiwa1]今年収1,000万円目指すためには、まずは新しいことをはじめてみましょう![/st-kaiwa1]
関連記事

Webサイトのデザインを手掛ける「webデザイナー」は、近年需要が急激に高まっている仕事のひとつです。案件単位で受注することも可能で、在宅で取り組みやすい仕事ということもあり、フリーランスやパラレルワーク(複業)、副業で[…]

関連記事

「レバテッククリエイター」は、IT・Web業界で働くクリエイター向けの求人・案件紹介サービスです。Webデザイナーやイラストレーターなど、IT・Web業界で活躍するさまざまなフリーランスが活用しています。[…]

レバテッククリエイター