複業・副業サービス比較

プログラマーが土日に副業で稼ぐ方法とは?ITエンジニアが週末にできる副業案件サービスを徹底解説します!

投稿日:2019年5月26日 更新日:

プログラマーが土日副業で稼げるおすすめサービス11選!

プログラマーとして働いている人の中には、本業の収入だけでは不満だけど自分のスキルとは関係のないバイトはしたくないと考える人も多いのではないでしょうか。

どうせ副業をするのであれば、高単価でスキルに繋がるプロジェクトに参加したいというのが本音ですよね。

実際に、プログラマーの人が土日の副業だけで数十万円を稼いでいる事例も少なくありません。

それだけ、プログラミングというスキルはIT・Web系の企業にとって貴重な存在なのです。

しかし、自分にとって良い副業案件はどう探せばよいのか?本当に自分の生活スタイルに合った副業があるのか?と副業への一歩を踏み出せない人もいるでしょう。

そこで今回は、土日の週末に、副業として働きたいと悩んでいるプログラマーの方に、好条件のプロジェクトを見けられる方法や、案件探しでのポイントについて紹介していきます。

土日に副業をすると、収入アップ&スキルアップで、自分の新しい世界が広がりますよ

当記事の内容はこちら

  1. プログラマーが土日副業するためのサービスの種類と特徴
  2. プログラマーが週末副業を探す上での3つのポイント
  3. プログラマーが土日副業をするメリット・デメリット

プログラマーにおすすめの土日副業サービス11選

1.Workship AGENT(ワークシップエージェント)

Workship AGENT(ワークシップエージェント)

Workship AGENT(ワークシップエージェント)は、デジタル業界に特化したスキルシェアサービスです。

プログラミングスキルを主にしたエンジニアやプログラマーだけでなく、デザイナーやディレクター、マーケターなど幅広いジャンルのスキルを持った人が活用することができます。

Workship AGENT(ワークシップエージェント)では、土日のみや週1回のリモートワークが可能な案件が豊富に揃っているため、週末だけ副業で仕事をしたい人でもプロジェクトに参加することが可能です。

プロジェクトに参加すると、仕事の概要や条件などは発注者とチャットでやり取りするため、時間の自由度の高いことが特徴です。

Workship AGENT(ワークシップエージェント)を利用している人の中には、月収70万円以上の高収入案件を受けている人もいるため、スキルに応じて副業の収入が本業の収入を超えることも少なくありません。

Workship AGENT(ワークシップエージェント)のサービスは、完全無料で受けることができるので、安心要素のひとつだといえるでしょう。

ココがポイント

週1回や土日のみなど週末に副業をしたい人に使いやすい

本業の収入を超える!?

Workship AGENT公式サイト

Workship AGENTをわかりやすく
解説した記事はこちら
【徹底調査】「Workship AGENT(ワークシップエージェント)」フリーランスとプロジェクトをマッチングするスキルシェアサービス
Workship AGENTは、副業で高収入を目指すフリーランスのエンジニアにおすすめ!評判・口コミまで徹底解説!

「Workship AGENT(ワークシップエージェント) 」は、フリーランス向 ...

続きを見る

2.レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、IT・ Web系のエンジニアやクリエイター、プログラマーなどの業種に特化したエージェントサービスです。

対応エリアは、東京や神奈川などの関東地域だけでなく、関西や九州地方など幅広い人に利用しやすいことが特徴。

フリーランスのアドバイザーは、プログラミング言語やデザインツールなどの専門知識が豊富のため、プログラミングのスキルレベルなどをしっかりとヒアリングして企業とマッチさせてくれます。

そのため、仕事を始めてイメージと違う、自分にはレベルが高すぎると感じることも少ない傾向にあるでしょう。

また、レバテックフリーランスでは企業に対して定期的なコンタクトを取っていることで、内情をよく把握しており、案件を決める際に表面的な収入面や概要だけでなく、人間関係や実際にプロジェクトに参加した人の意見を参考にすることが可能です。

そのため、副業であっても自分の働きやすい場所を見つけたい人におすすめのエージェントサービスでしょう。

ココがポイント

案件選びで失敗したくない、内情までしっかりと理解したい人におすすめ!

利用者の平均年収は862万円!

レバテックフリーランス公式サイト

レバテックフリーランスをわかりやすく
解説した記事はこちら
【徹底調査】「レバテックフリーランス」向上したいエンジニアにおすすめの実力派フリーランス専門エージェント
【レバテックフリーランスの評判・口コミを徹底調査!フリーランスエンジニアにおすすめのサービスの特徴・案件を解説!

フリーランスに興味のあるITエンジニアやWEBデザイナー、フリーランスで収入や仕 ...

続きを見る

4.codesprint(コード・スプリント)

codesprint(コード・スプリント)

codesprintは、株式会社ギブリーが運営するエンジニア向けのマッチングサービスです。

codesprintでは、スキルに特化したマッチングが特徴で、プログラミングスキルチェックツールを使用して案件選びを行います。

プログラミングスキルチェックツールの結果によって、実践スキルを見える化するものです。

実践結果に合わせて、企業の求めるレベルとマッチする案件を探すことが可能なので、スキルが高いのに低単価の案件を受けることや、自分がこなせない案件に応募するリスクを軽減できます。

さらに、スキルチェックの活用によって、履歴書や学歴に自信がない人でも高単価案件を請け負えることが魅力です。

スキルチェックや面接はパソコンやスカイプを利用するため、自宅で簡単に行うこともできます。

そのため、自分のプログラミングスキルに見合った案件を獲得したい人におすすめでしょう。

ココがポイント

学歴や経歴に左右されない案件選びが可能!

自分のスキルをチェックすることができる

codesprint 公式サイト

4.パソナテック

パソナテック

パソナテックは、 IT Web 系のものづくり業界のエンジニアに特化したエージェントサービスです。

株式会社パソナテックが1998年から運営してお学歴や経歴に左右されない案件選びが可能で、 ベンチャー企業などの中小企業600以上から案件を請け負うことができます。

プログラマーでプログラミングの技術を活かして、エンジニアとしても副業で活躍してみたい人におすすめです。

パソナテックの展開している拠点も幅広く、全国に札幌、仙台、横浜、名古屋、愛知、大阪、広島、福岡の9つがあります。

そのため、関東地方に住んでいない人でもプログラミングのスキルを活かしてエンジニアになることが可能です。

さらに、パソナテックでは スキルアップ制度も充実しており、プログラマーやエンジニアとしてのスキルを高めることができ、主にTOEICや専門書籍を特別価格での利用や、2,800本ものオンライン動画を無料視聴などの魅力があります。

現在、プログラマーでプログラミングや英語のスキルを高めて、将来的にエンジニアとして活躍したい人はパソナテックで学習するのも良いでしょう。

ココがポイント

スキルアップと案件探しを1社で行えるので一石二鳥!

あなたが目指すライフスタイルを実現!

パソナテック公式サイト

5.TechClipsエージェント

TechClipsエージェント は、首都圏限定の IT エンジニアに特化した転職エージェントサービスです。

TechClipsエージェントの案件の中には、年収500万円以上の企業が82%を超えているため、高収入を狙いたい人におすすめです。

また、年収だけでなく福利厚生や寮完備など待遇が良い案件が多いことも特徴。

ただし、TechClipsエージェントでは、副業よりも転職を進めることが多いため土日のみなどWワークで行える案件は少ないかもしれません。

企業の中には、週末可能やリモートでの案件も出ている可能性もありますが、基本的に転職を念頭に置いたプロジェクト参加が基本となります。

そのため、TechClipsエージェントを利用する場合は、プログラマーでのプログラミングスキルをエンジニアのキャリアップとして活用したい人や、週末に副業するなら、本業よりも待遇のよい企業でガッツリ頑張った方が良いという人に、適しているでしょう。

ココがポイント

企業の82%が年収500万円超えだから、好待遇に期待できる

高年収&高待遇に特化した求人

TechClipsエージェント公式サイト

6.Geekly(ギークリー)

Geeklyは、 IT・Webなどの業界に特化した 転職エージェントで、エンジニアやクリエイター、プログラマーなどの人材紹介ビジネスを展開しています。

2017年度上半期の、紹介求人案件満足度部門や、転職決定人数部門で、上位10社に入るほどの実力を持っているのが特徴です。

Geeklyでは、エンジニアプログラマーが活躍できるプログラミングや、アプリ開発などの案件が多く、求人数が6,000件以上もあるため、自分に合った企業と出会いやすいことが魅力。

また、面接通過率も比較的高いことで、エージェントの豊富な知識やサポート体制が充実していることが伺えるマッチングサービスでしょう。

案件の中には、土日のみなど週末限定で行えるものは少ないかもしれませんが、転職を検討している人や、将来的にプログラマーやエンジニアとして、プログラミングのスキルを活かした場が確保されていることは、副業としてプログラミングを行う人にとって安心感やモチベーションアップに繋がります。

ココがポイント

スキルを伸ばして好待遇で高収入の案件を獲得!

IT・Web・ゲーム業界に特化した仕事なら!

Geekly公式サイト

7.Forkwell Scout

Forkwell Scout

Forkwell Scoutは、エンジニアやプロジェクトマネージャーなどに特化したスカウト型マッチングサービスです。

スカウト型なので、自分で行うことはプロフィール登録のみなので営業活動しなくて良いことが特徴です。

Forkwell Scoutは、プログラマーとして高いプログラミングのスキルを持っている人におすすめで、土日など週末だけの副業やリモートのみなどの条件を指定できます。

そのため、本業に差し支えのない時間帯で副業することも可能ですし、自分に合った企業を自由に選べるメリットが魅力です。

ただし、案件数が600件程度と少ないため能力や経歴によっては、条件に合った案件のスカウトが来ない可能性もあるので注意しておきましょう。

ココがポイント

条件指定ができるから土日のみなど週末での副業にも最適

スキルの棚卸しにも使える!

Forkwell Scout公式サイト

8.ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、エンジニアやプログラマーなどが働きやすい環境を整える手助けをするために設立されたエージェントサービスです。

業種も多岐にわたり、エンジニアやプログラマーだけでなくデザイナーやマーケターに適した案件も揃っています。

ITプロパートナーズでは、土日など週末に限定することや週2日・3日など副業をしたい日数を選択できることが魅力です。

対応地域は、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県などの、関東圏 が多いので、該当する方はチェックしてみるといいでしょう。

ココがポイント

週2日や3日、土日など週末限定のリモートワークが可能

「週2日」からのお仕事紹介!

ITプロパートナーズ公式サイト

9.ココナラ

ココナラ は、自分のスキルをお金に変えることができるクラウドソーシングサービスです。

登録料や利用料も無料で行えて、仕事の内容も自分で自由に決めることができます。

例えば、プログラミングのスキルを持っていれば「アプリ開発のお手伝いをします」「コードを書きます」など自分のスキルに合わせて副業をすることが可能せす。

対応時間や報酬金額も自分で選ぶことができますし、自分の紹介文やスキルに応じて顧客の反応を実感できるため、マーケティングのノウハウも身に着けることが可能です。

ただし、自分のスキルを出品しても受注されないこともあるため、あくまでもお小遣い稼ぎやスキルアップでの副業として活用することになるでしょう。

ココがポイント

報酬額や出品する内容を自由に選択できる

気軽に始めるにはぴったり!

ココナラ公式サイト

10.シュフティ

シュフティは、主婦向けのクラウドソーシングサイトで、プログラマーだったが主婦として仕事を休んでいる人が副業をしたい場合に適したサービスです。

報酬や作業内容などは自分で決めることが可能で、受注件数やスキルが高ければ企業から直接オファーをもらうこともできます。

シュフティでは、報酬の一部が手数料として引かれる仕組みですが、手数料が10%と他社のクラウドソーシングに比べて少ないため、手元に残る金額が高いことが特徴です。

まずは、土日などの週末を使ってプログラミングのスキルアップを目的に副業したい人におすすめでしょう。

ココがポイント

手数料が少なく、気軽に副業ができる

自分で仕事が調節できる!

シュフティ公式サイト

11.エン派遣

エン派遣

エン派遣は、上場企業であるエン・ジャパン社が運営している派遣会社の求人情報ポータルサイトです。

全国各地の企業から募集されている案件は約4万円件を超えており、土日のみなど週末だけ副業として働きたいなどの条件を選ぶこともできます。

その他、勤務地や時給なども設定できるため、プログラミングのスキルを最大限に生かせる企業と出会えるかもしれません。

しかし、案件の種類は地域によって異なるため、自分に合ったものがないこともあるので注意が必要です。

ココがポイント

自分の指定した条件でWワークや副業をすることができる

派遣求人情報の提供に特化!

エン派遣公式サイト

土日など週末のみでも各種サービスを利用すれば、プログラミングスキルを活かした副業が可能。プログラマーならスキルアップや転職のきかっけにも繋がるのでおすすめですね
エンジニアランキング
エンジニアランキング

プログラマーが土日副業を探す3つのポイント

プログラマーが土日副業で案件を探すときに、事前に理解しておきたいポイントを3つ紹介していきます。

1.エージェントを利用する

エージェントを利用する

エージェントを活用した副業を探しでは、土日副業が可能なエージェントサービスを利用することが大切です。

エージェントサービスの中では、エンジニアやプログラマーに特化しているが条件に合った案件が少ない場合もあります。

そのため、副業先を探す際にエージェントを活用する場合は、複数のエージェントサービスに登録しておくと良いでしょう。

また、エージェントサービスで案件が見つからないことも想定して、クラウドソーシングも併用して利用すると土日副業の案件獲得の可能性が高まります。

ただし、クラウドソーシングでは、案件は見つかりやすい反面、報酬額の低さや手数料が引かれるデメリットもあるので事前に理解しておきましょう。

2.紹介を受ける

2.紹介を受ける

プログラマーが土日など週末に副業したい案件を探す際に、人を通じて紹介を受ける方法があります。

人からの紹介ならば、自分の人柄やスキルなどを知人がある程度話してくれていることが多いため、案件を簡単に獲得することも可能です。

また、IT・WEB系中小企業の社長が集まる交流会やセミナーに参加すれば、自分の存在を知ってもらえるため、スキルが高ければ週末のみの稼働でも高収入を得る案件に出会えるかもしれません。

しかし、友人の紹介だと顔見知りの契約となるため、割りに合わない報酬額になることもあります。

さらに、交流会やセミナーに参加したからといって確実に案件がもらえる補償はないため、時間と労力がかかるでしょう。

3.インターネットの利用

3.インターネットの利用

インターネット上には、プログラミングのスキルを必要とする企業がプログラマーを募集していることがあります。

もし、募集に通れば土日副業でも案件を獲得できるだけでなく、仲介手数料がかからない分報酬額が高めです。

他にも、TwitterやFacebookなどのSNSから企業にアプローチしたり、ブログで自分を売り込んだりすることでインターネットを通じて案件を獲得することも可能です。

しかし、個人で企業と契約した場合「納品したのにお金が振り込まれない」などのトラブルに遭遇しやすい特徴もあるので、注意しておきましょう。

プログラマーが土日副業をする手段はたくさんあるけれど、どの方法にも魅力やリスクがあるのを理解しておくことが大切ですね

プログラマーが土日副業をするメリット

プログラマーが土日に副業をするメリットは大きく分けて以下の4つです。

  1. 収入アップ
  2. スキルアップ
  3. 場所を選ばない
  4. 単価アップしやすい

1.収入アップ

1.収入アップ

プログラマーとして土日も副業として働くわけなので、本業とは別に収入を得ることになります。

プログラミングの副業は基本的に成果報酬型が多く、やればやっただけ収入を増やすことが可能です。

週末プログラマーの中には、プログラミング作業を土日のみ1日2時間、一週間で4時間程度だけでも月10万円を稼ぐ人も存在します。

また、スキルが上がれば時給単価や作業スピードが上がるため、さらなる収入アップに期待できるメリットの高い副業ジャンルなのです。

本業では時給制の場合が多く、成果に対して対価が支払われることは少ない傾向にあります。

しかし、プログラミングでの副業の多くは、成果の質や量によって対価が支払われるため、収入の幅広さからモチベーションアップにもつながることがあります。

例えば、先月よりも同じ副業をした時間は同じなのに収入が1,000円上がった場合、目視で自分のレベルが上がっていることに気付けるわけです。

そのため、収入アップ=モチベーションアップにもつながるといえます。

もちろん、プログラミングの副業をすればモチベーションを上げられるというわけではありませんが、作業量に対しての収入を得ることは可能なので本業+副収入を得たい人におすすめです。

2.スキルアップ

2.スキルアップ

副業としてプログラミングを行えば、プログラミングについてのスキルを高めることが可能です。

プログラマーという職業は、2019年現在でも需要が高まって傾向にあり、AIの普及に合わせてプログラミング技術の必要性が上がり、プログラマーやエンジニアの需要も高まっていくといえます。

そのため、プログラミングのスキルを持っておくことは後々の人生にプラスとなるので副業を通じてスキルアップできるのは大きなメリットです。

とくに、パソコンソフトやアプリ開発に関わる企業に勤めている場合、スキルを本業に活かしやすいでしょう。

もちろん、本業でプログラミングの作業を行わない会社でもパソコンスキルを持っておくと企業側から好印象を持たれる可能性が高いので、パソコンスキルを高めたい人にもプログラマーの副業はおすすめです。

他にも、プログラマーとして副業を行うことで「コミュニケーション能力の向上」「交渉術の取得」「責任のある行動」などのスキルを身に着けることも可能です。

副業をする場合、個人と企業か個人と個人が関わることになります。

プログラマーは基本的に作業メインの制作過程を任されることが多いのですが、契約を取る際にコミュニケーション能力や自分を売り込む力が必要となってきます。

また、契約中の企業へ単価アップを提案する場合は、交渉術の能力を磨く必要がありますし、納期は守らなければなりませんのでおのずと責任感も付くでしょう。

つまり、プログラマーとして副業を行うことで、プログラミングなどの技術系のノウハウだけでなく、人間関係や心理学などの複数分野のスキルを取得できるということです。

収入だけでなく、多くのスキルを得られるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。

3.場所を選ばない

3.場所を選ばない

プログラミングは、ノートパソコンがあればどこでも仕事が行えることも嬉しいメリットです。

情報収集だけでいいのであれば、パソコンがなくてもスマホで作業を行うことだってできます。

そのため、本業で出張になった場合でも、移動中に作業を行えることもできるため、本業の合間にお金を生むことができるのです。

移動手段が新幹線だった場合、ノートパソコンを使うこともできるため、Wi-Fi環境にもよりますがプログラミングの作業を進めることだってできるでしょう。

また、場所を選ばないプログラマーの副業は、仕事場を自由に変えることも可能です。

例えば、週末に自宅では副業をする気分ではないときでも、カフェやビーチ、緑に囲まれた公園などモチベーションの上がる場所を選ぶことができます。

プログラマーの友人がいれば、場所を指定して一緒に作業を行うこともモチベーションアップに繋がるでしょう。

上記のように、副業は自分の気持ちによって作業効率が全く変わってくるため、場所を変えることでモチベーションをコントロールできる環境は長く続けられるきっかけのひとつになります。

さらに、週末に副業で集まれる人を募れば、同じ境遇の人々と一緒に仕事をすることも可能です。

いずれにしても、どこでも仕事ができるプログラマーは、副業をする上でメリットの高い職種だといえるでしょう。

4.単価アップしやすい

4.単価アップしやすい

プログラマーという職業は、ある程度覚えることが多く専門的と感じる人も多いのですが、プログラミング初心者でも、仕事を請け負えるまでの時間が短い特徴があります。

とういのも、プログラマーはプログラミングに対する知識が完璧でなくても、仕事中に学びながら作業をこなせる分野なのです。

例えば、翻訳をする仕事だと日本を英語など最低でも2カ国の言語をマスターする必要があり、取得までに時間がかかりやすい傾向にあります。

確かに、プログラミングの基礎などは必要ですが、他の専門分野に比べて報酬を得るレベルに到達するまでの期間か短めと感じる人が多いようです。

さらに、スキルを向上させれば単価アップに繋がりやすいのもプログラマーの大きなメリットとなります。

インターネットやAIの普及によって、プログラマーやエンジニアの需要が増える中、スキルの高い人材が不足しているのも現状だといわれており、そこにプログラミングのスキルを高めて参入すれば企業から高い報酬で長期的な仕事を受けることも十分に可能なのです。

そのため、プログラマーの需要と供給の関係からスキルアップ=単価アップに繋がりやすいと覚えておくと良いでしょう。

プログラマーの仕事は、作業する場所が自由で、高収入にも期待できるということをメリットとして覚えておくとよいですね

プログラマーが土日副業をするデメリット

プログラマーが土日副業をするデメリットは以下の4つです。

  1. 規則を破る可能性がある
  2. 確定申告の必要性
  3. 作業量が増える
  4. セルフコントロールが重要

1.規則を破る可能性がある

1.規則を破る可能性がある

会社の就業規約などに副業禁止と記載されている場合、無断で副業することはできません。

そのため、規約に副業禁止と書いてある場合は、会社の社長に副業をしたい理由を伝えることが大切です。

例えば、プログラミングの知識を高め、働いている企業に貢献する目的ならば副業をしても良いとなるかもしれません。

絶対ではありませんが、規約に副業禁止と記載されていても諦めず相談してみることが大切です。

日本全体でも、政府の働き方改革によって副業への意識は変わりつつあるため、中には副業を積極的に取り入れている企業もあります。

好待遇の会社が見つかれば転職をされる会社も出てくる可能性もありますが、副業を行うことでスキルアップをする人が増えることは会社にとってもメリットが高いでしょう。

そのため、ダブルワークを検討している人は副業禁止の会社に勤めている場合、副業の交渉をしてみてそれでもダメならば転職を考えた方が良いかもしれません。

規則を守ることは大前提なので、副業をする際はしっかりと会社との契約内容を把握してから行うように注意が必要です。

2.確定申告の必要性

2.確定申告の必要性

本業を行っている人でも、副業の所得が一定金額を超えると確定申告をしなければなりません。

確定申告では、税金や所得に対しての知識が必要で、提出期限が設けられていることもあり面倒な作業と感じ人が多いようです。

そのため、副業をする上で確定申告があることはデメリットだといえるでしょう。

しかし、不慣れな確定申告は面倒に感じる面もありますが、確定申告を行うことで税金の知識や仕組みを学ぶことができます。

さらに、将来的にプログラマーやエンジニアとして副業から起業を考えている人なら早めに理解しておいたほうが、節税対策を行いやすい特徴もある分野です。

フリーランスや会社を持てば確定申告以外にも法律など覚えることも多いため、起業時に確定申告を1から覚えるよりも事前に理解しておいた方がメリットは高いでしょう。

そのため、一見、確定申告を行うことはデメリットでもあるのですが、将来的に見るとメリットの要素が強いといえます。

副業からプログラマーとして独立を検討している人は、確定申告を含む税金についての知識も副業の内に経験・取得していきましょう。

3.作業量が増える

3.作業量が増える

週休2日制の会社に勤めている人で土日が休日の場合、副業をすることで心身共に疲れが出やすくなってしまう可能性があります。

やはり、通常体を休めるために設けられている時間なので、その時間をプログラミングの作業に費やすことで疲労やストレスを溜める原因になってしまうことがデメリットでしょう。

副業で頑張りすぎて本業に力が入らないケースもあるため、優先順位はあくまでも本業にあることを理解しておき、本業よりも副業の分野の方が自分に向いていると感じた場合は、副業で本業の収入を超えたら転職・起業を検討するのをおすすめします。

ただ、プログラミングの副業収入が本業の収入を超すためには、必要以上の努力と気力が必要です。

副業といっても、一度仕事を請け負えば、責任をもって納期までにやらなければクライアントに迷惑がかかってしまいます。

そのため、プログラマーとして副業を始める際は、最初から頑張りすぎるのではなく作業日を土日のどちらかにするなど、本業に支障のない範囲で行うと続けやすいでしょう。

4.セルフコントロールが重要

4.セルフコントロールが重要

プログラミングの仕事はパソコンがあればどこでもできるなどの自由度が高い反面、セルフコントロール能力を高く必要とする業種でもあります。

セルフコントロールとは自制心、つまり自分の感情をコントロールする力です。

例えば、週末が納期の仕事を請け負っているのに関わらず「副業への意欲が出ない」「友達の誘いを断れない」「疲れたから明日にしよう」などはセルフコントロール能力が低いということになります。

しかし、人間は意識しないとセルフコントロールは弱くなるように設定されており、ストレスを溜めないように考える習性があるのです。

つまり、セルフコントロールが弱いままだと副業でクライアントに迷惑をかける結果になりかねません。

また、たとえ納品日までに提出できたとしても、計画性のないものは質の良い物となりにくい傾向にあります。

ただ、この自分の感情をコントロールできる能力は、フリーランスの人でも壁にぶち当たることが多いのも事実です。

つまり、副業の時点でセルフコントロールをマスターしておけば、起業後もプログラマーとして成功するひとつの要因となります。

そのためには、なぜプログラミングの副業をしているのかを自分で考える必要があり、将来的に収入が伸びたらプログラマーとして独立するのかまで検討しましょう。

もし、プログラマーとして独立をするのであれば、副業の段階から仕事と周りの人からの誘いを天秤にかけて最善の選択ができるように感情をコントロールする力や、副業の時間と作業量を計算できるような計画性の高い判断力を養うことが大切です。

副業へのデメリットは労力や時間を割くことにフォーカスしていますが、将来的に見るとメリットになる部分が多い特徴がありますね

今回、11つのサイトやエージョントを紹介しましたが、プログラマーやエンジニアを副業として始める人には無料で利用できる嬉しいメリットが付いています。

以下の特徴を見て自分に合ったサイトを活用すると良いでしょう。

サイト名 おすすめ度 特徴
Geekly(ギークリー) スキルを伸ばして好待遇で高収入の案件を獲得に期待
Workship AGENT 週1回や土日のみなど週末に副業をしたい人に使いやすい
レバテックキャリア 案件選びで失敗したくない、内情までしっかりと理解したい人におすすめ
codesprint(コード・スプリント) 学歴や経歴に左右されない案件選びが可能
パソナテック スキルアップと案件探しを1社で行えるので一石二鳥
TechClipsエージェント 企業の82%が年収500万円超えだから、好待遇に期待できる
Forkwell Scout 条件指定ができるから土日のみなど週末での副業にも最適
ITプロパートナーズ 週2日や3日、土日など週末限定のリモートワークが可能
ココナラ 報酬額や出品する内容を自由に選択できる
シュフティ 手数料が少なく、気軽に副業ができる
エン派遣 自分の指定した条件でWワークや副業をすることができる

プログラマーの副業が行えるサービスは上記のように数多く存在しますが、「土日副業」に適したサービスに特化するとForkwell ScoutやITプロパートナーズ、Workshipが利用しやすいでしょう。

プログラミングのスキルが高い人ならば、高待遇や高報酬の案件が多いサービスもおすすめですが、手がけるプロジェクトの責任も上がるため、本業に支障をきたす可能性もあります。

もし、土日など週末副業ができる案件がない場合は、ココナラやシェフティなどのクラウドソーシングを活用して自分のスキルを売ることから始めてもよいかもしれませんね。

いずれにしても、プログラマーとしてのスキルは需要が高いので積極的にサービスを活用して土日副業をしてみると良いでしょう。

エンジニアランキング
エンジニアランキング

まとめ

プログラマーのプログラミングスキルは、AI技術の発展と共に今後も需要が高まるだけでなく、エンジニアへのキャリアアップも望めるものです。

しかし、プログラマーでも会社によっては、スキルアップが難しい仕事内容のケースも少なくありません。

将来的にキャリアアップ高待遇の企業へ転職を考えるならば、週末の休みを使って副業を行うことが重要です。

たとえ、土日だけの副業でも自分のスキルを高めることもできますし、他社のプロジェクトに参加することで、新しい発見ができるかもしれません。

このままの作業をこなす人生か、週末副業して自分を高める人生を送るのか少しの行動で変わってくるでしょう。

週末副業をすることは自分の将来においてメリットばかりなので、副業の有無で悩んでいる人は、まずエージェントサービスやクラウドソーシングに登録して第一歩を踏み出しましょう。

副業のサービスを理解して、実現できるように一歩づつ行動していきましょう

エンジニア案件サービス人気ランキング

クラウドテック

第1位クラウドテック

案件の種類が豊富!かつ週1勤務や在宅リモート案件など、働き方もバラエティがあり複業・パラレルキャリアにおすすすめ!

フリーダ

第2位フリーダ

高額報酬、出勤日0日の完全リモートありと、フリーランスはもちろん、副業で働いている人も利用しやすい。

Midworks

第3位Midworks

正社員クラスの充実保証で案件は業界トップクラス!マージン率は10~15%と低マージンなので稼ぎやすい。

こちらの関連記事も
よく読まれています
ITエンジニアが副業で稼げるおすすめの案件サービスを探す方法
ITエンジニアが副業で稼げるおすすめの案件サービスを探す方法

働き方改革という時代が大きく変化する中、副業を始めて収入アップやスキルアップを図 ...

続きを見る

エンジニアが複業(副業)を始める前にチェックする12のポイント!

エンジニアは、パラレルワーク(複業)や副業がしやすい仕事と言われています。 在宅 ...

続きを見る

ITエンジニアが副業で稼ぐ方法!スキルや経験を活かした副業をいますぐ始めるべき理由
ITエンジニアが副業で稼ぐ方法!スキルや経験を活かした副業をいますぐ始めるべき理由

ITエンジニアやSEの方は、スキルや経験が活かせる副業の案件がとても豊富です!副 ...

続きを見る

-複業・副業サービス比較
-, , , ,

Copyright© パラレルワーカーズ , 2019 All Rights Reserved.