パラレルキャリアで働きたい女性におすすめの複業サービスと事例を紹介!

働き方改革の影響もあり、近年は様々なワークスタイルが登場しています。

その中のひとつが「パラレルキャリア」という働き方です。

このパラレルキャリアは、これからの時代の女性にぴったりの働き方なのです。

今回の記事では、パラレルキャリアの詳細を説明すると共に、女性が取り組む魅力や注意点、具体的な事例などを解説します。

また、女性にぴったりのパラレルキャリア支援サービスも紹介します。

今後のキャリアビジョンに悩んでいる女性や、もっと自分らしく働きたいと思っている女性などは、是非チェックしてみてください。

当記事の内容はこちら
  • パラレルキャリアを実現している女性
  • 女性がパラレルキャリアを目指すメリット
  • 女性におすすめのパラレルキャリア支援サービスを徹底紹介
こーへい
本当の自分が見つかるパラレルキャリアの第一歩を踏み出そう!

パラレルキャリアを実現している女性の例

まずは、実際にパラレルキャリアで成功している女性の事例をご紹介します!

多くの人がイメージするようなダブルワークではなく、特技を活かした多彩な活動で成功されている女性の方が多いことがわかります。

コンサルタント&ラジオパーソナリティ&コラムニスト

松澤亜美さん

企業所属のコミュニティマーケティングコンサルタントやブランドマネージャーを経て、現在はフリーランスのコンサルタントをされています。異文化理解コミュニティ『Lunch Trip』の運営や、トラベルブロガー、コラムニスト、ラジオパーソナリティとしても活躍。

営業サポート&小説家

辻堂ゆめさん

大学在学中に、第13回『このミステリーがすごい!』大賞で優秀賞を受賞し作家デビュー。卒業後は作家活動と並行して、IT通信会社で営業サポートをおこなっています。

広報&評論家&タレント

本谷亜紀さん

大学在学中に、ラーメン評論家としてデビュー、タレント活動も開始しました。卒業後は評論家、タレント活動に取り組みつつ、企業で広報業務のパートをしています。

PRプランナー&教材ライター&社団法人理事&育児

平田麻莉さん

PR企業で広報を担当したのち独立し、現在はフリーランスのPRプランナーや教材ライターとして活動しています。また、一般社団法人『プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会』を設立し、理事としても活動しています。

二児の母でもあり、育児や家事もおこなっています。

接客&イラストレーター

つぐりさん

高校卒業後は正社員の美容師として働いていましたが、体調不良により退職。その後はドラッグストアやレンタルショップなどで接客業しながら、イラストレーターとしても活動しています。

商品開発&スポーツ選手

北村佳子さん

大学在学中にタッチラグビーを始め、卒業後は選手としてワールドカップにも出場。所属企業では、スポーツ系の商品開発をおこなっています。

開発&起業家&大学院特任助教授&地方コミュニティ運営

正能茉優さん

会社員として事業・製品開発をおこないながら、自社を起業・経営しています。経済産業省『兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会』の委員を務めるかたわら、地方コミュニティ『小布施若者会議』を運営。

慶應義塾大学大学院で特任助教授も務めています。

コンサルタント&ビジネス塾主宰&商品プロデュース

美宝れいこさん

企業所属の事業部長として活躍後、独立して現在はフリーランスのパラレルキャリアコンサルタントとなり、現在は女性向けサポート企業の代表取締役を務めています。

女性をターゲットにしたパラレルキャリア系のイベントやスクールも運営しています。

また、女性向けスキンケア商品のプロデュースもおこなっています。

美宝れいこさんのパラレルキャリアの推進活動とパラレルキャリア専門誌「Aile通信」をご紹介しています!

関連記事

この記事でわかることパラレルキャリア推進委員会の活動内容女性のパラレルキャリアの始め方やメリット主催者「美宝れいこ」さんの魅力フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」[…]

パラレルキャリア推進委員会とは?働く女性の人生を彩り豊かにするパラレルキャリア専門誌「Aile通信」と美宝れいこさんの活動を紹介

広報&ダンサー

柴田菜々子さん

大学在学中からダンサーチームに所属し、卒業後もダンサー公演やワークショップを続けています。所属企業では週3日、広報担当として活動しています。

NPO法人活動&育児&代表理事

大宮千絵さん

企業でマーケットリサーチを担当していましたが、産休と育休を経て退社。現在は、在職中からボランティアで参加していたNPO法人に正社員として加入しています。

育児に加えて、働く夫婦の支援団体を設立し、代表理事も担っています。

そもそもパラレルキャリアとは?

ひとつの収入先に依存せず、並行して複数の仕事に取り組む働き方を「パラレルキャリア」と呼びます。「パラレルワーク」「複業」と表現することもあるでしょう。

働き方改革の影響もあり、近年はこのパラレルキャリアを選択する事例が増加しています。

パラレルキャリアを最初に提唱したのは、「マネジメント」でも有名なピーター・ドラッガー氏です。

ドラッガー氏は自著『明日を支配するもの』の中で、パラレルキャリアは本業を持ちながらも、第二のキャリアを築くことと説明しています。

「第二のキャリア」の定義は幅広く、代表的なものとしては「別企業所属の会社員」「フリーランス」「ボランティア活動」「非営利団体への参加」「家事・育児」などが挙げられます。

現在の日本国内では、ドラッガー氏が提唱したパラレルキャリアから、より発展した形が定着しつつあります。

本業をひとつに定め、第二キャリアを副業として扱うのではなく、あくまですべてのキャリアが同時並行で本業であると考える傾向になっているのです。

そのため、国内では「複業」と「副業」が別物としてとらえられています。

「副業」はあくまで本業を持つ場合のサイドビジネスであり、基本的に目的は収入アップです。

一方、「複業」の場合は決して収入アップだけを目的としたものではありません。前述したように、直接収入には結びつかない活動も含まれるのです。

副業は勤務先や周囲に隠しておく傾向にありますが、複業(パラレルキャリア)は、むしろ積極的にオープンにしていくケースも増えています。企業によっては、複業(パラレルキャリア)を推奨しているところもあるほどです。

女性がパラレルキャリアを目指すメリット

パラレルキャリアは、これからの時代の女性にぴったりの働き方です。

まずは女性がパラレルキャリアを選択することで、どのようなメリットを得られるのかを紹介しましょう。

自己実現のチャンスが増える

パラレルキャリアを選択することで、ひとつのキャリアに依存しない人生が手に入ります。

チャレンジしてみたかった業界に飛び込んだり、趣味や特技を活かした仕事をしたり、社会貢献をしたり……。

特に女性の場合、パラレルキャリアによって自己実現のチャンスが増えると言えるのです。

かつての女性は、どんなキャリアがあったとしても、結婚や出産によってそれらが絶たれてしまうというのが現実でした。もちろんそれらも非常に重要かつ魅力的なものなのですが、選択肢の幅は狭かったのは事実です。

しかし近年では、社会制度の改革もあり、女性のキャリアも構築しやすくなっています。男女雇用機会均等法で採用のチャンスが増え、育児休業制度が整うことで社会復帰もしやすくなりました。

本業一本であれば、「本当はこんな風に働きたかった」「こういう活動がしてみたかった」という思いも潰えてしまいやすいですよね。しかし、パラレルキャリアであれば、女性の自己実現が叶いやすくなるのです。

サードプレイスが見つかる

「サードプレイス」とは、学校や家庭・職場以外の第三の居場所のことです。

元々は、レイ・オルデンバーグが提唱したもの。第3の繋がりを得ることで、人生にやすらぎと喜びが生まれるという考え方です。

近年では、コーヒーチェーンの「スターバックス」が、「お客様のサードプレイスになる」というコンセプトを掲げていましたね。

パラレルキャリアは、女性がサードプレイスを見つけるのに非常に適した方法です。

女性はどうしても家庭に拘束されやすい立場です。その上本業一本になってしまうと、第3の居場所はなかなか獲得できないでしょう。

しかしパラレルキャリアを成立させることで、サードプレイスは格段に見つかりやすくなります。

新しい人と出会い、コミュニケーションの中で様々な情報や考え方に触れて、心地よい居場所となるのです。

人生全体にメリハリを与え、やりがいやモチベーションを得るチャンスにもなりうるでしょう。

人脈が広がる

前述したように、パラレルキャリアは新しい出会いが多くなります。

そのため、人脈が広がりやすいというメリットもあります。

人脈が増えるということは、それだけ世界が広がるということでもあります。ひとつのキャリアで得た人脈が、別のキャリアで役立つこともあるでしょう。

多角的な視点を養ったり、思考の柔軟性をアップさせたりする効果も期待できます。

ワークライフバランスが整う

パラレルキャリアは、仕事内容や時間、場所などを自分でコントロールできます。

そのため、自分がより働きやすい環境が手に入ります。

具体的な事例としては、「育児や家事と両立するために、短時間で働く」「会社員と両立するために、フリーランスで在宅作業をする」などでしょう。これらの選択肢も、パラレルキャリアだからこそ得られるメリットなのです。

体調のコントロールがしやすい

パラレルキャリアは、前述したように仕事内容や量、時間や場所を自分の裁量で決められます。

そのため、女性が体調に合わせて働きやすいという魅力もあるのです。

たとえば、毎月の生理。個人差はありますが、心身ともにかなりの不調になってしまい、働きにくいという人もいるでしょう。

企業によっては生理休暇を導入していますが、まだまだ普及しきっていません。休暇申請の相手が男性社員だと、つい言い出しにくくいという女性も多いでしょう。

パラレルキャリアであれば、生理中の体調に合わせて、柔軟に働くことができます。仕事の時間や量を調整して、無理なく働きやすいのです。

妊娠や出産後なども、自分の裁量で仕事がしやすくなります。

体調に合わせて「在宅であれば仕事に復帰できる」「短時間であれば働ける」といったコントロールが、パラレルキャリアであればスムーズです。

スキルアップができる

これは決して女性に限ったことではないのですが、パラレルキャリアはスキルアップのチャンスが格段に増えると言えます。

ひとつのキャリアしか持っていないと、得られるスキルも知識も限界があります。パラレルキャリアの場合は、複数のキャリアに向き合うことになりますから、スキルアップや知識吸収のシーンが圧倒的に多くなるのです。

また、パラレルキャリアではスキルアップに対するモチベーションも高まりやすいでしょう。

これは自身のスキルが、今後のキャリアに直結するからです。スキルアップをしないと、単純に次の仕事に結びつかないという事例もありますから、意識から改革したい場合にもおすすめです。

精神のメンテナンス効果がある

パラレルキャリアは、女性が精神的な健康を維持するためにもおすすめです。

女性の社会進出が一般的になってきたとはいえ、まだまだ育児や家事、介護などを女性が担う傾向にあります。妊娠や出産に関していえば、どうしても女性しか出来ないものですよね。

こういった事例から、女性のキャリアにはストレスがつきものです。

妊娠・出産前後の精神不調や、育児や介護のストレスは、決して軽いものではないでしょう。

それに加えて、男女問わず仕事のストレスも貯まるはずです。ひとつの本業だけに絞っていれば、業務内容から対人関係、出勤時間などのストレスといった事例もあるでしょう。

パラレルキャリアは、適度なストレス発散に適しています。

自分の裁量で仕事を調整できれば、可能な限りストレスから遠い働き方を選べます。

ボランティア活動やセミナー、スクールの利用などにより、精神にメリハリを与えることも可能でしょう。

パラレルキャリアは精神を適度にメンテナンスし、リフレッシュしながらキャリアを築いていきやすいのです。

収入アップができる

こちらも女性に限ったことではありませんが、パラレルキャリアは収入アップがしやすい働き方です。

仕事内容や量によって具体的な金額は変わりますが、収入先が増えるほど、総額も増加する傾向が強いからです。

また、自分が働きやすい環境が持てるため、効率良く稼げるというメリットもあります。

「子どもが眠った深夜に自宅で働く」「得意な仕事内容を選び、短い時間でも高いクオリティが出せる」といった事例もあります。

パラレルキャリアであれば、自分がより働きやすい環境を整え、ムダなく稼げるのです。

そして、前述したスキルアップのチャンスが多いことも、最終的には収入アップに繋げられます。

パラレルキャリアの場合、仕事の受注・発注を自らおこなうことも多いでしょう。高いスキルや実績を持っている人材ほど、より条件が良い仕事に取り組めるのは明白です。

セミナーやスクールなどを利用し、所定の資格やスキルを身に着けて働けるのも、パラレルキャリアならではの魅力と言えます。

女性がパラレルキャリアを目指す注意点

ここまでで紹介したように、女性がパラレルキャリアを目指すことには様々なメリットが期待できます。

しかし一方で、女性がパラレルキャリアを選択することには、いくつかのデメリットもあります。そのため、以下の注意点は特に意識しておきましょう。

慣れないうちは両立しにくい

女性に限ったことではなく、パラレルキャリアを成功させるためには、複数のキャリアを両立させる必要があるのです。

これは、収入が伴うものも、伴わないものも同じです。

たとえパラレルキャリアだと意識していなくても、働きながら育児や介護をしている人には、両立が求められていますよね。パラレルキャリアであれば、キャリアの数ほどバランスを取るのは難しくなるのです。

パラレルキャリアを形成する上で、ひとつのキャリアがおろそかになってしまったり、体調を崩してしまったりすることもあるでしょう。同時並行で取り組んでいるがゆえに、ひとつのキャリアにトラブルが発生することで、その他のキャリアにもなし崩しにダメージが出てしまう事例は少なくありません。

まとまった収入確保は一苦労

これはパラレルキャリアかあくまで収入を伴う場合の事例ですが、まとまった収入を確保することは、決して簡単なことではありません。

パラレルキャリアを目指す女性の中には、まずは正社員としての本業を維持しながら、副業として何かしらの仕事をスタートさせる人が多いです。

軌道に乗って来たら、稼働時間や量のバランスを取ったり、企業から独立したりして、本格的なパラレルキャリアを歩もうとする事例が多いですね。

実際に体験して実感した人も多いのですが、生活を成り立たせるための収入確保には工夫が必要です。

現代は「複業時代」とも呼ばれていますが、「副業」を「複業」にするためには、事業に対するモチベーションも、求められるスキルも大幅に高めなくてはならないのです。

女性がパラレルキャリアでまとまった収入を確保するためには、以下のような複業選びがおすすめです。

  1. 会社員時代の経験を活かす(同業界、同業種など)
  2. 得意なことを複業にする
  3. スクールやインターンを利用してスキルを身に着ける
  4. 研修にも賃金を支払ってくれる複業を選ぶ

1の「会社員時代の経験を活かす(同業界、同業種など)」は、以前働いていた仕事の内容を、複業として受け継ぐ形です。

事例としては、「IT企業でエンジニアとして働いていた女性が、独立してフリーランスのエンジニアとなり、その他のキャリアと両立する」などでしょう。

比較的スムーズに収入源を確保しやすいです。

2の「得意なことを複業にする」のは、特技の内容によって変わります。

「スポーツが得意な女性が、インストラクターや講師になる」といった事例が挙げられるでしょう。

「ハンドメイドが得意な女性が、Webストアで商品を販売する」「専業主婦として培った家事スキルで、家事代行として働く」などの事例もあります。

3の「スクールやインターンを利用してスキルを身に着ける」であれば、経験や実績がなくてもパラレルキャリアが築けます。

複業の分野で代表的な事例と言うと、IT関連のプログラミングは無料スクールも多いでしょう。

4の「研修にも賃金を支払ってくれる複業を選ぶ」ことができれば、3と同じようにやはり経験や実績がなくても、安定してパラレルキャリアにチャレンジしやすいです。

むしろ3の場合、勉強中は報酬が得られませんが、4であれば学びながら報酬も受け取ることができます。

あなたのタイプに合わせた、的確な複業選びが成功のコツでしょう。

周囲の理解が得難い

パラレルキャリアを選択する人は、世界各地で増え続けています。日本国内でも事例が増え続けていますが、とは言えまだまだメジャーな働き方とは言い難いのが実情です。

特に女性の結婚や出産、育児に関する価値観は、現時点では個人差が大きいです。そのため、パラレルキャリアについて周囲の理解が得難いことがあるでしょう。

企業に所属している場合は、パラレルキャリアを認めているかどうかも重要です。

「複業」や「副業」に関しては、企業ごとの就労規則があります。ルールを破って複業や副業をおこない、裁判などに発展した事例もあるので十分注意してください。

タイムマネジメントが重要

パラレルキャリアを目指す場合は、タイムマネジメントスキルを高める必要があります。

タイムマネジメントとは、読んで字のごとく「時間管理」の能力です。

目標達成のため、それぞれのタスクをどのように進めていけばよいのか、的確な設定と管理ができなくてはなりません。

タイムマネジメントがうまくいかないと、パラレルキャリアは崩壊します。

時間に追われやすくなるため、両立ができなくなったり、ワークライフバランスが崩れてしまったりした事例もあります。

また、自分の裁量で仕事量や時間が調整できるため、ついダラダラしてしまったり、進捗が大幅に遅れてしまったりする可能性もあるでしょう。

タイムマネジメントのコツは、主に以下の通りです。

  1. タスクの整理(ToDoリストの活用)
  2. 自分のスキルを的確に把握する
  3. タイムスケジュールの設定・調整

1の「タスクの管理」は、ToDoリストでやるべきことを把握した上で、優先順位を正しくつけることです。

2の「自分のスキルを的確に把握する」のは、それぞれのタスクにかかる時間を正確に把握するためにおこないます。客観的な視点を持ちましょう。

3の「タイムスケジュールの設定・調整」は、1と2を併せて、どのようにスケジュールを組むか、遅れを調整するかということです。締め切りが設定されている仕事に対しては、余裕を持った進捗スケジュールが組めるのが理想でしょう。

もしも自分にタイムマネジメントスキルが不足していると感じていたら、改めて時間管理について学んでみるのがおすすめです。

明確な目的意識が必要

これも女性に限った話ではありませんが、パラレルキャリアを目指すためには、明確な目的意識が不可欠です。

参考を挙げてみましょう。以下は、パラレルキャリア活動をしていない人を対象におこなったアンケート結果です。

Q1.パラレルキャリアに興味はあるか?

パラレルキャリアに興味はあるか?

Q2.パラレルキャリアをしていない理由は何か?

(出典:エン・ジャパンhttps://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3206.html

Q2の質問では、上位2位が圧倒的な数字を出しています。パラレルキャリアに踏み出していない人の多くは、「何をしたらいいのか」「どうしたらいいのか」が分からず踏みとどまっている状態なのです。

実際のところ、これは正しい選択でもあります。具体的な目的意識が成立していないと、パラレルキャリアは成立しにくいのです。

ここまで紹介してきたように、パラレルキャリアは自分の裁量でキャリアを調整しなくてはなりません。誰かがやり方を支持し、守ってくれるわけではないのです。

そのため、「こういうキャリアが築きたい」「こういう目的が達成したい」という明確なビジョンを持っていないと、早々に破たんしてしまう危険性があるでしょう。

何から始めたら良いのか分からないという女性は、まずは「自分が何のためにパラレルキャリアを目指すのか」「どんなキャリアにチャレンジしてみたいのか」を書き出してみるのがおすすめです。

女性におすすめのパラレルキャリア支援サービス

パラレルキャリアをスタートさせたい女性は、支援サービスを利用するのがおすすめです。

仕事の紹介やマッチングをはじめとして、応募書類の添削や面接練習、クライアントとの交渉などをおこなってくれるところもあります。

とは言え、目指しているパラレルキャリアのスタイルによって、適切な支援サービスは違います。

あなたのパラレルキャリアにより活かしやすい支援サービスを選べるようにしましょう。

今回は、女性のパラレルキャリア向きの支援サービスを、大まかなタイプ別に分類して紹介します。

転職サイト・エージェント

Type女性の転職エージェント

Type女性の転職エージェント

年間5000名以上のキャリアカウンセリング!

Type女性の転職エージェント公式サイトはこちら

女の転職type

女の転職type

女の転職type公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア公式サイトはこちら

LiBzCAREE(リブズキャリア)

LiBzCAREE(リブズキャリア)

LiBzCAREE(リブズキャリア)公式サイトはこちら

スマートキャリア

スマートキャリア

スマートキャリア公式サイトはこちら

日経WOMAnキャリア

日経WOMAnキャリア

日経WOMAnキャリア公式サイトはこちら

セミナー・イベント

Web担の主催セミナー・イベント

Web担

Web担の主催セミナー・イベント公式サイトはこちら

EventForce

EventForce

EventForce公式サイトはこちら

セミナー情報.COM

セミナー情報.COM

セミナー情報.COM公式サイトはこちら

TECH PLAY

TECH PLAY

TECH PLAY公式サイトはこちら

Connpass

Connpass

Connpass公式サイトはこちら

ビジネス・セミナーガイド

ビジネス・セミナーガイド

ビジネス・セミナーガイド公式サイトはこちら

在宅ワーク支援サービス

shufti(シュフティ)

shufti(シュフティ)

shufti(シュフティ)公式サイトはこちら

mama works(ママワークス)

mama works(ママワークス)

mama works(ママワークス)公式サイトはこちら

Lancers(ランサーズ)

Lancers(ランサーズ)

Lancers(ランサーズ)公式サイトはこちら

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークス公式サイトはこちら

Bizseek(ビズシーク)

Bizseek(ビズシーク)

Bizseek(ビズシーク)公式サイトはこちら

@SOHO

@SOHO

@SOHO公式サイトはこちら

ボランティア支援サービス

もんじゅ

もんじゅ

もんじゅ公式サイトはこちら

Yahoo!ボランティア

Yahoo!ボランティア

Yahoo!ボランティア公式サイトはこちら

NPO法人 二枚目の名刺

NPO法人 二枚目の名刺

NPO法人 二枚目の名刺公式サイトはこちら

CollaVol (コラボル)

CollaVol (コラボル)

CollaVol (コラボル)公式サイトはこちら

家事代行サービス

タスカジ

タスカジ

タスカジ公式サイトはこちら

関連記事

タスカジは、掃除や料理、チャイルドケアなどの家事代行サービスです。あなたの家事力を活かして、今すぐ始められる副業斡旋サービスとしても利用できるでしょう。長く専業主婦をしていた人でも、その実力を仕事にすることが可能です。今[…]

【徹底調査】「タスカジ」専業主婦こそ即戦力 、高時給で働ける家事代行サービス

Bears(ベアーズ)

Bears(ベアーズ)

Bears(ベアーズ)公式サイトはこちら

KAJITAKU(カジタク)

KAJITAKU(カジタク)

KAJITAKU(カジタク)公式サイトはこちら

ダスキン メリーメイドサービス

ダスキン メリーメイドサービス

ダスキン メリーメイドサービス公式サイトはこちら

キッズライン

キッズライン

家事や育児のスキルを活かせる!

キッズライン公式サイト

複業マッチングサービス

KAIKOKU(カイコク)

KAIKOKU(カイコク)

KAIKOKU(カイコク)公式サイトはこちら

関連記事

デジタルマーケティングに特化した複業・パラレルワークを支援するサービス「KAIKOKU(カイコク)」を知っていますか?KAIKOKU(カイコク)は、デジタルマーケティング事業を行う株式会社BLAMが運営していることから、[…]

KAIKOKU(カイコク)は利用すべき?案件・報酬・口コミ評判から比較解説

ワースタ

ワースタ

ワースタ公式サイトはこちら

関連記事

複業紹介サービス「ワースタ」は、ITエンジニアやデザイナー・Webディレクターなどの様々な職種の複業案件の求人を紹介してくれるサービスです。週1日出社やフルリモート案件が豊富な紹介サービスなので、複業やパラレルキャリアを検討している[…]

ワースタ

シューマツワーカー

シューマツワーカー

シューマツワーカー公式サイトはこちら

関連記事

エンジニアなどの専門的なスキルを持っている人で複業を行ってみたいけれど、企業から仕事を請け負う方法がわからない人はいませんか。その悩みを解決してくれるのがシューマツワーカーです。シューマツワーカーでは、スタートアップした[…]

シューマツワーカー

まとめ

 

今回の記事では、女性のパラレルキャリアについて詳しく解説しました。

パラレルキャリアとは、複数のキャリアに同時並行で取り組むことを指します。

提唱したのはピーター・ドラッガーですが、日本国内では彼の定義から変化したものが普及しつつあります。

現在、国内におけるパラレルキャリアは「パラレルワーク」「複業」とも言い、あくまでサイドビジネスである「副業」とはわけて考えることが多くなっているのです。

女性がパラレルキャリアを形成することには、様々なメリットがあります。

ただし一方で、パラレルキャリア選択にはデメリットもあります。

女性がパラレルキャリアを目指す際には、弱点を把握した上で、対策を準備しておくようにしましょう。

実際に、パラレルキャリアで成功を収めている女性の事例はたくさんあります。

様々な支援サービスも登場しているため、あなたと相性が良いものを選び、是非有効活用してください。

あなたの可能性をより広げることができるパラレルキャリアに、今こそチャレンジしてみましょう。

関連記事

働き方改革という時代が大きく変化する中、副業を始めて収入アップやスキルアップを図りたいITエンジニアの方も多いのではないでしょうか。webディレクター・コーダー・デザイナー・プログラマーなどのITエンジニアの方は、副業や[…]

エンジニアが副業で稼げる案件サービスを徹底解説!
関連記事

この記事でわかることどんな複業・副業を選べばよいのか?選び方のポイント!自分に合った複業・副業サービスや転職サイトの見つけ方を解説!複業や副業をするメリットとは?こーへい複業・パラレルワー[…]

複業・パラレルワークや副業におすすめの求人サービスを徹底比較!