Saleshub(セールスハブ)の評判・口コミを徹底調査!営業職が副業で稼げる紹介サービスの特徴・案件を解説!

Saleshub(セールスハブ) 」は、営業職に特化した副業、パラレルワーク(複業)のマッチングサービスです。

本業の会社に勤務しながら、他社で営業の仕事ができるマッチングシステムが用意されています。

キャリアアップや収入アップなど、幅広い方法で活用できるでしょう。働き方の選択肢も様々なので、あなたの都合に応じた案件が見つかるはずです。

今回の記事では、「Saleshub(セールスハブ)」のメリットや使い方について詳しく解説していきます。

副業やパラレルワーク(複業)を始めたい営業職の人はもちろん、フリーランス転向を考えているあなたも是非チェックしてみてください。

「Saleshub(セールスハブ)」ってどんなサービス?

「Saleshub(セールスハブ)」の運営会社情報

会社名株式会社Saleshub
住所〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-61-3-314
事業内容人材関連事業、組織・人事コンサルティング事業、メディア事業

「Saleshub(セールスハブ)」を利用する流れ(個人側)

「Saleshub(セールスハブ)」は、一般的な副業、パラレルワーク(複業)の人材紹介サービスとは少し勝手が異なっています。

具体的なシステムと、利用の流れについて紹介しましょう。

1.会員登録

「Saleshub(セールスハブ)」の会員登録は無料です。

Facebookアカウントを利用して登録することもできます。入力が簡略化されておすすめです。

新規でアカウントを取得する場合は、以下情報を入力する必要があります。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 現在の勤務状況(会社名・業種・勤務地・部署・役職など)
  • 屋号(フリーランスの場合・あれば)

2.案件探し・サポーター応募

会員登録をしたら、「Saleshub(セールスハブ)」のサイト内から、あなたのスキルや条件にマッチングした案件(紹介依頼)を探します。

適切な企業案件を見つけたら、サポーターとして応募します。

この「サポーター」というのは、顧客紹介をはじめとした事業拡大のサポートをする人のことです。

(例)

企業案件ビジネス教育系の動画を制作している企業。スポンサー協賛(インフルエンサーマーケ)をしてくれる企業を探している
サポーター自らの営業人脈から、協賛スポンサーになりそうな企業を紹介

3.審査

誰でも応募すればサポーターになれるというわけではありません。

「Saleshub(セールスハブ)」があなたの実績やスキルを審査し、通過する必要があります。

4.事前打ち合わせ

紹介依頼を掲載していたクライアント(企業)の担当者と面談を行います。

この時点では、まだあなたの知り合いを紹介することはありません。

事前に打ち合わせを行うことによって、

  • クライアント(企業)のニーズをより細かく把握できる
  • 条件のすり合わせができる
  • ビジネスパートナーとしての見極めができる
  • あなた自身の自己アピールができる
  • 一度担当者と顔を合わせをしておくことで、紹介までのハードルが下がる

など、様々なメリットが期待できます。

状況によっては省略できるプロセスです。

5.商談セッティング

クライアント(企業)に、あなたの知り合いで紹介したい起業・業者などが決まったら、商談をセッティングします。

事前や電話やメール等でアポイントを取っておき、当日は基本的にあなたとクライアント(企業)、知り合い業者の3者で商談を行います。

6.報酬を受け取る

「Saleshub(セールスハブ)」の報酬を受け取ります。

クライアント(企業)側からの「ご協力金」「お祝い金」という形です。

やることは商談アポのセッティングだけ!ビジネスマンの新しい副業

セールスハブで案件を見る

「Saleshub(セールスハブ)」の費用・料金体系

「Saleshub(セールスハブ)」の報酬は、「ご協力金」「お祝い金」として支払われます。

これは、あなたが繋いだクライアント(企業)が、「紹介のお礼」として支払うものです。

「ご協力金」の種類は以下の2つです。

アポのセッティング

クライアント(企業)と紹介相手の商談が完了した場合に贈られる「ご協力金」です。

価格は10,000円からで、高額に設定されている紹介依頼ほど、難易度が高い案件です。

こちらは必ず受け取ることができる報酬です。

ビジネスの成約

クライアント(企業)と紹介相手のビジネスが成約した場合に贈られる「ご協力金」です。

あくまで契約が成立した場合のみの支払いであるため、残念ながら契約に至らなかった場合は支払われません。

金額設定はクライアント(企業)ごとのビジネスモデルに応じて自由に設定される仕組みです。こちらも難易度が高い案件ほど、金額も高額になってきます。

やることは商談アポのセッティングだけ!ビジネスマンの新しい副業

セールスハブで案件を見る

「Saleshub(セールスハブ)」を利用するメリット(個人側)

「Saleshub(セールスハブ)」は営業職に特化したマッチングサービスと銘打っていますが、個人が利用する上では、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。

時間の制限が少ない

副業やパラレルワーク(複業)は、本業を圧迫せずに行うもの。出勤時間や業務量を調整できるのがメリットです。

「Saleshub(セールスハブ)」を利用した副業やパラレルワーク(複業)は、一般的な副業求人サービスよりも、時間に縛られにくいという魅力があります。

「繁忙期以外に副業がしたい」「自分のキャパシティを使って単発の収入がほしい」という営業職の人にもメリットが大きいのです。

更に、商談によっては同席が不要なケースも少なくありません。気になる案件に応募して、クライアント(起業)に知り合いを紹介するだけで報酬が手に入ることもあります。

掲載案件が多い

副業、パラレルワーク(複業)のマッチングサービスは数多く登場しています。

しかし、営業職に特化したサービスは、あまり多くありません。総合求人サービスだと、どうしても営業案件は数が少なく、思うような条件の仕事ができないこともあります。

その点、「Saleshub(セールスハブ)」は営業職に特化したサービスになっている上、掲載案件が非常に多いという魅力があります。

既に900社以上が「Saleshub(セールスハブ)」を利用しています。中には大手企業や老舗サービスなど、好条件のクライアント(企業)もいます。

以下は、「Saleshub(セールスハブ)」の掲載企業の一例です。

  • ecbo株式会社
  • クックパッド株式会社
  • 株式会社マネーフォワード
  • 株式会社SORA
  • 株式会社ペイミー
  • Chatwork株式会社
  • 株式会社アドウェイズ
  • ベルフェイス株式会社  など

両者からの信頼度アップ

「Saleshub(セールスハブ)」でクライアント(企業)と知り合いを繋げることで、二社にメリットを与えることができます。

両者共に新しい取引先を獲得できるわけですから、橋渡しをしてくれたあなたに向けられる信頼度が増すでしょう。

今後一緒に仕事をする際には、この経験や実績が有利に働くケースもあるかもしれません。

キャリアアップのきっかけになる

「Saleshub(セールスハブ)」で仕事をすることで、これまで付き合いがなかった企業や業者、担当者と接することができます。

あなたの実績が認められたり、新しい縁が生まれたりすることで、キャリアアップが望める可能性もあります。

「副業から転職を考えている」「ゆくゆくはフリーランスで仕事がしたい」という人にもメリットがあるのです。

自社導入のチャンスもある

「Saleshub(セールスハブ)」に掲載されている紹介依頼の中で、自社で導入したい案件があった場合用の専用窓口が用意されています。

一部報酬の支払い対象外になってしまうものの、副業やパラレルワーク(複業)を本業に活かすことも出来るというわけです。

オファーを待つこともできる

「Saleshub(セールスハブ)」には、「紹介先登録」というシステムもあります

あなたが紹介できる企業や業者を登録しておくことで、クライアント(企業)側から「この相手を紹介してほしい」というオファー届くのです。契約チャンスをより増やすことができるでしょう。

また、自分から案件探しに行く必要がなく、副業やパラレルワーク(複業)にかける手間や時間を、よりコンパクトに節約できるのも魅力です。

登録数に上限はありません。より多くの紹介先を登録しておくほど、オファー率も高まるでしょう。もちろん、紹介相手とクライアント(企業)についてあなたが考え、オファーを断ることも可能です。

オファーシステムの流れ

  1. 紹介可能な相手の情報を登録する(企業名、部署名、役職名など)
  2. クライアント(企業)からのオファーが届く
  3. オファー内容を確認し、条件が合えば契約
  4. 商談
  5. 報酬の受け取り

登録した紹介者情報は、クライアント(企業)の管理画面のみに公開されます。一般にオープンになってしまうことはないため、安心して利用できるのもポイントです。

友達紹介システムがある

営業の仕事をしていると、同業同士の繋がりも厚くなってきますよね。

そんな人に嬉しいが、「Saleshub(セールスハブ)」の友達紹介システムです。

あなたが招待用のアドレスを送信し、相手がそれを経由して「Saleshub(セールスハブ)」にサポーター登録、紹介依頼をこなして報酬を獲得すると、あなたと友達の両者に3,000円がプレゼントされます。

イベント参加が可能

「Saleshub(セールスハブ)」では、不定期にリアルイベントを開催しています。

既にサービスを利用しているサポーターはもちろん、これから利用したいと思っている人も参加可能なものがほとんどです。

紹介依頼を掲載しているクライアント(企業)が参加して、ピッチイベントを開催することもあるため、イベントから副業やパラレルワーク(複業)が進むケースもあるでしょう。

その他にも、業界を限定したトークイベントやキャリア相談会などもあり、今後のネットワーク拡大から独立に活かせるチャンスがありますよ。

やることは商談アポのセッティングだけ!ビジネスマンの新しい副業

セールスハブで案件を見る

「Saleshub(セールスハブ)」を利用する流れ(企業側)

続いて、「Saleshub(セールスハブ)」で紹介を依頼するクライアント(企業)側の利用方法をチェックしてみましょう。

1.企業アカウントの登録

「Saleshub(セールスハブ)」は、登録自体はクライアント(企業)側も無料で行えます。

2.紹介依頼を投稿

どんな相手を紹介してほしいのかを投稿します。

これが案件情報となり、サポーター(利用者)からチェックされます。

3.事前打ち合わせ

紹介先を提案してくれるサポーターと面談をします。

細かい条件をすり合わせたり、お互いの質疑に答えたりします。

4.商談

実際に紹介してもらう業者・企業と商談を行います。

セッティングはサポーターが行いますが、実際の商談は一対一で行うことも可能です。

5.報酬の送付

商談が無事に成立したら、サポーターに所定の報酬を支払います。

銀行振り込みも行えますが、「Saleshub(セールスハブ)」上でクレジットカード決済も可能です。

「Saleshub(セールスハブ)」を利用するメリット(企業側)

「Saleshub(セールスハブ)」は、紹介を依頼するクライアント(企業)側から見ると、どのようなメリットがあるサービスなのでしょうか。

営業コストが減る

「Saleshub(セールスハブ)」を利用することで、サポーターから成約率の非常に高い紹介を受けられるため、テレアポや飛び込みなど営業にかかるムダなコストを節約することができます。

投稿した紹介依頼への応募を待つだけでなく、オファー制度を利用することも可能です。

信頼度の高い業者を紹介してもらえる

「Saleshub(セールスハブ)」を通して紹介してもらった業者は、信頼度の高い相手であることが多いです。

紹介による契約率の高さは、テレアポや飛び込みの4倍以上とされているからです。

既にサポーターが評価している業者を紹介してもらえるわけですから、長く付き合える取引相手を見つけることも出来るのです。

利用金額が手ごろ

「Saleshub(セールスハブ)」は、所謂営業代行サービスではありません。

完全成果報酬タイプのリファラル営業サービスなので、ムダな支払いを一切せずに利用できるというメリットがあります。

初期費用、月額料金共に無料です。

「ご協力金」の35%分の金額を手数料として「Saleshub(セールスハブ)」に支払うだけで使えるので、営業をより節約して行いたい企業に喜ばれています。

「Saleshub(セールスハブ)」利用者の口コミ

利用者(個人)の口コミ

利用者(企業)の口コミ

Saleshubに掲載したところ、早速サポーター様からのご応募を頂きました!

多い時で80件ほど行っていたテレアポも20件、少ない時は0件とまったく行わない日も生まれるようになりました。
お客様への訪問が増えたのが本当に嬉しいです。

(株式会社メタップスペイメント)

「Saleshub(セールスハブ)」を始めてから営業がほぼリファラルだけで完結するようになりました。
リファラルという形なので精神的にもストレスになりません。

(株式会社リアルミー)

成約はもちろん「リード獲得」に役立っています。Saleshub(セールスハブ)経由のアポイントだと、これまでのやり方ではタッチできなかった業界・業種のニーズも拾うことができるのが大きいです。

(ウォンテッドリー株式会社)

やることは商談アポのセッティングだけ!ビジネスマンの新しい副業

セールスハブで案件を見る

「Saleshub(セールスハブ)」で稼ぐためのポイント

初めて副業をする人、パラレルワーク(複業)を始めたばかりの人は、「Saleshub(セールスハブ)」でどう稼げばよいのか把握するのは難しいですよね。

実際に「Saleshub(セールスハブ)」で効率良く稼ぐためのポイントを紹介していきましょう。

本業時間を効率良く利用する

「Saleshub(セールスハブ)」で稼ぐためには、本業の営業タイムを上手に利用しましょう。

これは決して「本業中に副業の交渉をしよう」という意味ではありません。本業の営業中に、普段接している業者・企業の悩みや問題点を詳しく聞いておくということです。

商談までこぎつけても、実際の成約に発展しなければ、サポーターであるあなたも、紹介先もクライアント(企業)も、うまみは少なくなってしまいますよね。

前もって紹介する業者のニーズを把握しておけば、条件が合う紹介依頼を見つけやすくなり、成約まで進みやすいのです。

事前打ち合わせは必ず行う

クライアント(企業)とサポーターであるあなたの一対一の「事前打ち合わせ」は、ルール上は省略しても良いプロセスではあります。

ただし、「Saleshub(セールスハブ)」側も実行を推奨しています。

クライアント(企業)ニーズを確認しやすく、条件のすり合わせもしやすい上、紹介へのハードルも下げやすいからです。

簡単な顔合わせ程度でも構いませんから、必ず実行するようにしましょう。

商談に同席する

クライアント(企業)と紹介先の商談には、サポーターであるあなたは同席しなくても構いません。

ただしこちらに関しても、「Saleshub(セールスハブ)」側は同席を推奨しています。

仲介相手が同席した方が、両者の信頼度も増しやすいです。加えて、自分の仕事(=業者の紹介)を見届けるという責任も果たせます。

「責任感のある人」という評価を受け取ることは、副業やパラレルワーク(複業)を活性化させていく上ではとても重要なことです。

とは言え、この商談の形はケースバイケースです。「絶対にこういう商談をしなくてはならない」というルールは「Saleshub(セールスハブ)」には存在しないため、クライアント(企業)と紹介先と話し合い、適切なものを選択するようにしましょう。

紹介先はできるだけ多く登録しておく

前述した通り、「Saleshub(セールスハブ)」にはオファー制度があります。

事前に登録してある紹介先が多いほど、クライアント(企業)側からのオファー数は多くなりやすいです。候補の紹介先は、できるだけ詳しく、たくさん登録しておきましょう。

名刺やFacebookのリストを確認してみるのがおすすめです。

紹介先として登録できる情報

  • 紹介先の名前(本名でなくても可。非公開)
  • 紹介先との関係性(知り合ってからの年数、仕事をした回数)
  • 紹介先の身分(所属企業、フリーランスなど)
  • 紹介先の詳細(勤務地、部署、役職、担当業務など)
  • 紹介先について詳細情報(得意業務など最大300文字以内)

やることは商談アポのセッティングだけ!ビジネスマンの新しい副業

セールスハブで案件を見る

さあSaleshub(セールスハブ)で副業をはじめよう

今回は、営業職向けの副業、パラレルワーク(複業)マッチングサービス「Saleshub(セールスハブ)」について紹介しました。

利用者は「サポーター」として、クライアント(企業)が求める人材を紹介し、そのお礼金を受け取る仕組みです。

「Saleshub(セールスハブ)」を使いこなすことにより、営業職にとって重要な「人脈」を活かして副業やパラレルワーク(複業)に取り組めるでしょう。

  • 本業に負担をかけずに済む
  • 取り扱い案件が多い
  • 大手企業や高額報酬の案件もある
  • 商談だけでも報酬が受け取れる
  • 他社からの信頼度が上がる
  • キャリアアップのきっかけになる
  • 友達紹介特典がある

サポーターには、上記のようなメリットが期待できます。

より効率良く「Saleshub(セールスハブ)」で稼ぐコツとしては、

  • 本業時間を利用する
  • 商談前の事前打ち合わせは必ず行う
  • 商談は可能な限り同席する
  • 紹介先をたくさん登録しておく

上記4点を是非行ってみてください。

あなたの営業スキルや実績を活かして、「Saleshub(セールスハブ)」で副業やパラレルワーク(複業)への道を切り拓いていきましょう。

やることは商談アポのセッティングだけ!ビジネスマンの新しい副業

セールスハブで案件を見る