コンサルタントがフリーランスで稼ぐ方法は?【平均年収や仕事を獲得する方法も紹介】

この記事でわかること
  1. コンサルタントの仕事と必要なスキルとは?
  2. フリーランスのコンサルタントになる方法と稼ぐ方法
  3. コンサルタントのフリーランスとしての独立をおすすめする理由
フリーランスと会社員の現役パラレルワーカー「こーへい」

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「パラレルワーカーズ」を運営している「こーへい(@kohei_x_jp)」です。

会社員とフリーランスの現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します!

コンサルタントのみなさんは、フリーランスコンサルタントとして独立したいと一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

近年は、正社員だけでなくフリーランスのコンサルタントの需要が高まっています!

そして、コンサルタントの中には、フリーランスとして独立を果たし、高収入を得ている人が多くいるのです。

とはいえ、

  • フリーランスのコンサルタントなんて本当になれるの?
  • フリーランスのコンサルタントが高年収って本当?
  • フリーランスのコンサルタントになってメリットなんてあるの?

と、疑問を持っている人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「コンサルタントがフリーランスで稼ぐ方法や求められるスキル」について、詳しく解説します!

コンサルタントの仕事内容

コンサルタントの仕事内容

はじめに、コンサルタントの仕事内容や求められるスキルについて説明しておきます。

なぜ、説明するのか?

それは、コンサルタントの業務範囲は、幅広いため、人によってコンサルタントに対する認識が全く違うからです!

これからフリーランスとして独立を検討する前に、いま一度、自分の仕事やスキルについて振り返ってみてください。

コンサルタントとは?

コンサルタントとは、一言で表現すると「クライアントの課題を明らかにして解決する人」です。

コンサルタントは皆同じ業務を果たすのではなく、さまざまな業界に精通したコンサルタントが、それぞれの組織が抱えている問題を解決に向けてサポートしていきます。

経営をサポートする戦略系コンサルタント、専門知識が不可欠なIT系コンサルタントや金融コンサルタントなどカテゴリーごとに細かくわかれており、業務内容も異なります。

それでは、代表的なコンサルタント会社(コンサルティングファーム)の種類と仕事内容について説明します。

戦略系コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングファームは、企業の全社戦略やM&Aにおける事業統合のサポートや、海外新規参入戦略など企業経営のトップレベルに関わる問題解決を行う企業です。

経営者などの上層部とのやりとりがメインとなります。

IT系コンサルティングファーム

IT系コンサルティングファームは、ITを切り口とした提案でクライアントの抱える課題を解決していく企業のことです。

企業の業務課題を見つけ、解決に向けたシステムを設計し、コンサルティングファームによっては、システムの構築や運用指導なども手掛けます。

人事系コンサルティングファーム

人事系コンサルティングファームは、人事関連のコンサルティングを専門に行っている企業です。

人材開発戦略策定や人材の能力開発、給与制度の改革など幅広い領域を担当します。

また、新人研修プログラムの開発を行う企業もあります。

金融系コンサルティングファーム

金融系コンサルティングファームは、金融的な観点から、クライアントにアドバイスを行っている企業です。

資金調達、M&A案件などの事業戦略などをクライアント企業に提案します。

総合系コンサルティングファーム

あらゆる会社全体の企業課題を解決するために、戦略からIT、実行支援まで一気通貫で行っているコンサルティング企業です。

問題解決のためのシステム導入に関わることもあります。

コンサルタントに求められるスキル

コンサルタントに求められるスキルをまとめると、

  • コミュニケーション能力
  • 課題認識能力と仮説力
  • 情報収集力
  • プレゼンテーション力

などがあげられます。

いずれも、一朝一夕で身に付くスキルではないので、日ごろから意識してコンサルタントとしてのスキルを上げていきましょう!

コンサルタントの年収はどれくらい

コンサルタントの年収

DODA 職種別・平均年収ランキング 2020によると、コンサルタントの平均年収は、以下の通りです。

戦略/経営コンサルタント679万円
業務改革コンサルタント678万円
会計コンサルタント647万円
リスクコンサルタント644万円
人事コンサルタント573万円

平均では、実際の年収との差が大きいので、もう少し詳しく見ておきましょう。

男女別 コンサルタントの年収

男性女性
戦略/経営コンサルタント714万円576万円
業務改革コンサルタント742万円527万円
会計コンサルタント684万円547万円
リスクコンサルタント672万円591万円
人事コンサルタント617万円494万円
(引用:DODA 職種別・平均年収ランキング 2020)

年代別 コンサルタントの年収

戦略/経営コンサルタント20代524万円
30代861万円
40代879万円
50代871万円
業務改革コンサルタント20代520万円
30代716万円
40代-万円
50代-万円
会計コンサルタント20代486万円
30代656万円
40代-万円
50代-万円
リスクコンサルタント20代576万円
30代633万円
40代-万円
50代-万円
人事コンサルタント20代467万円
30代525万円
40代690万円
50代747万円
(引用:DODA 職種別・平均年収ランキング 2020)

フリーランス・会社員のコンサルタントの年収

働き方平均年収
会社員623万円
フリーランス(エージェント利用)1,386万円
(引用:ハイパフォコンサル案件を基に作成)
こーへい
フリーランスのコンサルタントは、人によって年収は様々ですが、エージェントを利用することで安定した収入を得ることができます。

フリーランスのコンサルタントになる方法

フリーランスのコンサルタントになる方法

ここまで、コンサルタントの仕事やスキルについて説明してきました。

コンサルタントは専門技術ということもあり、年収は高い傾向にあります。

しかし、フリーランスで働いているコンサルタントは、正社員のコンサルタントよりも、はるかに高い報酬を受け取っています。

近年は、新興国を中心としたグローバル化や競争激化による業界再編など、課題の複雑化が進んでおり、コンサル業界では恒常的に人材が不足しており、フリーランスのコンサルタントへの需要が高まっています!

フリーランスであれば、「年収アップ」、「良好な職場環境」、「自由な働き方」を手に入れられる可能性が高いので、ぜひ検討しましょう!

それでは、気になるフリーランスのコンサルタントになる方法について解説します。

フリーランスのコンサルタントになる方法は、以下の3つです。

  • 直契約
  • フリーランスエージェント
  • 求人・マッチングサービス

それでは、詳しく説明します。

直契約

直契約とは、コンサルタントを求めている企業を自分で開拓し、案件を受注する方法です。

つまり、自分で

  • 新規営業
  • 提案・条件交渉
  • 契約締結

を行わなければいけません。

直契約で、フリーランスのコンサルタントとして活動するには、豊富な人脈がなければ、かなり厳しいです。

また、職務経歴書・スキルシートやポートフォリオなど、提案資料などの準備も必要です。

フリーランスエージェント

クライアント企業とフリーランスをマッチングしてくれるエージェントサービスです。
具体的には、

  • フリーランスへ案件の情報提供
  • フリーランスとクライアント企業との面談への同席やサポート
  • フリーランスとクライアント企業との条件交渉や契約サポート
  • フリーランスの就業中のサポート

などのサービスを提供しています。

エージェントは、案件の紹介から契約手続きのサポートをしてくれるので、営業にかかる手間や時間を省けます

そして何より、エージェントが紹介してくれる案件は、単価が高いので、高年収を実現したいコンサルタントにおすすめです。

求人・マッチングサービス

求人・マッチングサービスは、

  • 求人サイトに掲載されている案件に自らエントリー
  • プロフィールやスキルを登録してスカウトを待つ

ことで、案件を受注できるサービスです。

マッチングサービス経由で案件を受注するには、案件調査、募集内容の読込、企業担当者との交渉やアピールなど、想像以上に労力がかかります

また、エージェントと比較すると単価が低い傾向にあります。

ただ、マッチングサービスの場合、リモートワークや週1日など副業に向いた仕事も多くあるので、自由な働き方を求めるフリーランスのコンサルタントには向いているサービスです!

コンサルタントがフリーランスになるメリット

コンサルタントがフリーランスとして独立するメリットは、以下のとおりです。

  • フリーランスのコンサルタントの年収は正社員よりも高い傾向にある
  • 労務管理や就業時間が正社員と比較すると短くできる
  • 自由な働き方やパラレルワークが実現できる
  • キャリアアップやキャリアチェンジしやすい

フリーランスコンサルタントのデメリット

フリーランスになると、職種に関係なく、以下のようなデメリットや注意点があります。

  • 仕事や収入が安定しない
  • 健康保険や公的年金などの社会保険が薄い
  • 確定申告が必要
  • 有給休暇がない

フリーランスのコンサルタントにおすすめのエージェント

パラレルワーカーズ編集部で調査したコンサルタントにおすすめの人気のフリーランスエージェントをご紹介します。

フリーランスコンサルタントにおすすめエージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ、サービスの詳細を調査した記事も作成しているので、ぜひ見てください!

エージェントサービス特徴・記事リンク
BTCエージェントforフリーコンサルタント平均単価147万円の高単価エージェントサービス
ハイパフォコンサルITコンサルタント・PMに特化したエージェントサービス

それでは、フリーランスコンサルタント向けの各エージェントサービスについて説明します!

BTCエージェントforフリーコンサルタント

BTCエージェントforフリーコンサルタント
(参照:BTCエージェントforフリーコンサルタント)

BTCエージェントforフリーコンサルタント公式サイト

BTCエージェントForコンサルタントは、フリーランスのコンサルタント向けのエージェントサービスです。

平均単価147万円とハイクラスの案件を揃えており、独自の販路により、BTCエージェントForコンサルタントでした取り扱っていない案件も多数あり。

コンサルタント案件は、短い期間で契約が終わってしまう割合が高いとされる中、BTCエージェントForコンサルタントは、1つの案件につき、平均継続契約期間は11.5ヶ月と非常に長い間、コンサルタント案件を継続することができます。

「難易度が高くても、より報酬の良い案件が良い」「スピードを重視して、面談からすぐに参画できる案件を紹介してほしい」「週3日稼働の案件を探している」など、要望に沿った案件を探せるのも特徴です。

ハイパフォコンサル

ハイパフォコンサル
(参照:ハイパフォコンサル)

ハイパフォコンサル公式サイト

ハイパフォコンサルは、INTLOOP株式会社が運営する、フリーコンサルタントエージェントサービスです。

フリーランスコンサルタントとしてがっつり稼ぎたい人は、登録しておくべきエージェントのひとつです。

ハイパフォコンサルの場合は、支払いサイトが翌月15日となっており、他のフリーランスエージェントと比べ、約1か月早く支払いが行われるのが特徴です。

支払いサイトの長さは、フリーランスのコンサルタントにとっては、死活問題にかかわりますので、支払いが早いのは大きなポイントになります。

また、ハイパフォコンサルは高単価の案件が多数揃っているので、短期的に一気に稼ぐことも可能です。

複数のエージェントの登録をおすすめする理由

フリーランスエージェントによって、得意業界職種が違います。また対応の質も当然エージェントによって大きく違ってきます。

初めてフリーランスに転向を考えているエンジニアの方は、まずは複数のエージェントに登録して面談を通じて対応の品質を確認しましょう!

また、エージェントによって、スキルや経験が同じでも、取り扱っている案件の質が違うので、当然ながら単価にも差がでてきます。

複数のエージェントに登録して案件を紹介してもらい、比較することで生涯年収が大きく変わってくるので、複数登録することをおすすめします!

今回は、厳選したエージェントをご紹介しましたが、こちらの記事では、優良なエージェントを選ぶ方法についてもご紹介しています!合わせてご覧ください!

関連記事

この記事でわかること フリーランスエージェント選びが重要な理由 担当エージェント・カウンセラーを見極めるポイント 評判の良いおすすめのフリーランスエージェンをご紹介フリーランス・複業・パラレ[…]

優良なフリーランスエージェントを選ぶチェックポイントとは

フリーランスのコンサルタントにおすすめのマッチングサービス

パラレルワーカーズ編集部で調査したコンサルタントにおすすめの人気のマッチングサービスをご紹介します。

フリーランスコンサルタントにおすすめマッチングサービス一覧

各マッチングサービスの評判・口コミ、サービスの詳細を調査した記事も作成しているので、ぜひ見てください!

マッチングサービス特徴・記事リンク
Workshipマッチング機能とエージェントサービスが融合したハイブリットサービス
Workshipのサービス内容・評判・口コミ
CODEAL案件の40%以上が完全リモート案件の副業に最適なサービス
CODEALのサービス内容・評判・口コミ
ビザスク国内最大規模を誇るスポットコンサルタントサービス
ビザスクのサービス内容・評判・口コミ

それでは、フリーランスコンサルタント向けの各マッチングサービスについて説明します!

Workship

Workship(ワークシップ)
(参照:Workship)

Workship公式サイト

Workship(ワークシップ)は、リモート案件や週1~3日などが豊富な複業・フリーランス向けの求人マッチングプラットフォームです。

案件の半数以上がリモートOKなので、いま複業・副業に最適なサービスとして注目を集めています!

もともと、W-AGENTというエージェントサービスを展開していて、現在も、Workshipに無料登録後にW-AGENTに相談できるようになっています。

もっと、workshipの評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

Workship(ワークシップ)は、リモート案件や週1~3日などが豊富な複業・フリーランス向けの求人マッチングプラットフォームです。案件の半数以上がリモートOKなので、いま複業・副業に最適なサービスとして注目を集めています。今回[…]

複業・フリーランスの人気マッチングプラットフォームを徹底調査!

CODEAL

即戦力プラットフォーム「コデアル」
(参照:コデアル)

CODEAL公式サイト

CODEALは、平均時給3,868円の高単価の案件マッチングプラットフォームです。

12,000人の即戦力人材が登録しており、フリーランスや複業・副業に最適なサービスとして注目を集めています。

もっと、CODEALの評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

「CODEAL(コデアル)」は、フリーランスや副業、パラレルワーク(複業)など各分野において、高い評価を集めている求人サイトです。デザイナーやエンジニアなどをメインターゲットとしており、週1日稼働の案件から、完全リモート[…]

CODEAL(コデアル)

ビザスク

visasq(ビザスク)

(参照:ビザスク)

「visasq(ビザスク)」は、国内最大規模を誇るスポットコンサルタントサービスです。

1時間あたりの謝礼金は平均15,000円で、得意分野やクライアント次第で更に高収入も目指せます。

クライアントニーズは幅広く、対面や電話など幅広いスタイルでコンサルタントできるため、会社員の副業や、フリーランスのパラレルワーク(複業)にもぴったりのサービスです。

もっと、ビザスクの評判やサービス内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

ビザスク(visasQ)の評判や口コミはどうなの?ビザスク(visasQ)は副業や週末にも利用できるの?ビザスク(visasQ)の報酬はどれくらい稼げるの?この記事では、ビザスク(visasQ)に登録[…]

ビザスク(visasQ)の評判は実際どう?

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

今回は、コンサルタントがフリーランスになるための方法やおすすめのフリーラスエージェントについて詳しく解説しました。

フリーランスのコンサルタントにとって、エージェントは必要不可欠な存在です。

特にこれからフリーランスに転向しよう、という方は必須と言ってもいいでしょう!

あなたにあった、エージェントが見つかれば、高収入・安定も夢ではありません!

ぜひ、この機会に気になるエージェントに登録してみて、あなたの可能性を広げてみてください!

フリーランスと会社員の現役パラレルワーカー「こーへい」
こーへい
エージェントやマッチングサービス登録は無料なので、まずは情報収集のために、登録だけしておくのもいいですよ!