スキルだけではNG!案件獲得に必要なものとは?

安定してパラレルワーク(複業)に取り組むためには、スキルだけでは足りないと知っていましたか?

案件を獲得するためには、仕事をこなすスキル以外にも必要なものがあったのです。

今回は、パラレルワーク(複業)の案件を得るために必要な条件について、詳しく解説していきます。

これからパラレルワーク(複業)にチャレンジする人はもちろん、案件探しで苦労をしている人も是非チェックしてみてください。

こーへい
仕事をこなすだけでは案件がとれない!?案件を獲得するために必要なポイントを紹介します。
当記事の内容はこちら
  • パラレルワーク(複業)で案件を獲得するためには、スキル以外にも必要なものがたくさんある
  • 案件獲得のために必要なスキルや経歴は、工夫次第で身に着けることができる
  • スキル不足を補うために、適宜サポートサービスを利用するのもおすすめ

1.実績

パラレルワーク(複業)で案件を獲得するためには、「実績」がとても重要です。

たとえ同程度のスキルを持っていたとしても、まったくの初心者と、実績豊富な経験者では、後者の方が選ばれることが多いです。

それは、「実績=信頼度」と考えるクライアントが非常に多いからです。

実績を出してきたということは、「仕事を任せても大丈夫」という安心感に繋がります。

たとえ高いスキルを持っていたとしても、現場でどのように活用されるかは未知数です。資格やポートフォリオは確かに重要な参考資料になりますが、実践における信頼度としてはやや足りないのです。

そのため、パラレルワーク(複業)をするためには「まず実績を積む」ということを考えましょう。

その上で、職務経歴書やオンラインのプロフィール画面は、常にもっとも豊富な実績がわかるよう更新しておいてください。

2.営業力

パラレルワーク(複業)で案件を獲得するためには、的確な「営業力」も欠かせません。

クライアントに対し、あなたの持ち味をアピールして、仕事を発注してもらうスキルが必要不可欠です。

パラレルワーク(複業)だけではなく、フリーランスや副業など、新しい働き方を実現する上で欠かせない能力だと言えるでしょう。

仕事そのものをこなす実力はあるものの、営業が下手で案件獲得ができないという人はかなり多いです。

パラレルワーカー向けの勉強会やセミナーなどでも、「営業力をどう身に着ければ良いのか?」といった内容は、かなり頻繁にレクチャーされています。

実践的な営業ノウハウを身に着けることで、パラレルワーク(複業)も安定しやすくなると言えるのです。

案件獲得用の営業力を身に着けるためには、市場を正しく分析する必要があります。

直接売り込みをする方が良いのか、知り合いに紹介してもらうのが良いのか、あるいはホームページやSNSを活用すれば良いのか……。

あなたが活動するジャンルごとの特徴を分析するところから始めると良いでしょう。

3.コミュニケーション力

パラレルワーク(複業)を安定させるためには、「コミュニケーション力」も欠かせません。

仕事内容にもよりますが、ひとりきりで完結する仕事はほとんどありません。

ひとりきりで完結する仕事であっても、クライアントがいます。

クライアントのニーズを掴みとり、求められている内容を反映して仕事をこなす必要があります。

リテイクが発生すれば、意図をくみ取って対応しなければなりませんし、疑問や質問もうまく処理するためには、やはりコミュニケーション力が欠かせないのです。

グループやプロジェクト単位でこなす仕事であれば、尚更コミュニケーション力が重要になります。

指示をする側も、受け取る側も、一定のコミュニケーション力がなければやり取りは成立しません。

面談や交渉の段階で、コミュニケーション力がたまりに乏しいと、こういった場面に対処できないと判断され、案件獲得ができない可能性もあるのです。

コミュニケーションを身に着けるためには、地道な勉強が必要です。

ビジネス書を読むのも良いですし、身近な人とのやり取りから学ぶのも良いでしょう。 パラレルワーカーやフリーランス向けのセミナーや勉強会もありますから、積極的に活用してみてください。

交流会などに意欲的に参加して、現場で実力を磨いていくのもコツです。

4.人脈

パラレルワーク(複業)で案件を獲得するためには、「人脈」もかなり重要になります。

会社員から独立した人であれば、かつての仕事関係者から案件を発注してもらうことは多いでしょう。

これまでの働き方を理解されているため、あなたがこなしやすい案件を獲得しやすいです。

あなたとしても、クライアントについてよく分かっていますから、仕事そのものもこなしやすいはずです。

また、知人づてにクライアントを紹介してもらうケースも多いです。

クライアントとしても、まったく見知らぬ相手よりは、信頼できる人からの紹介相手の方が、安心して仕事を任せやすいというものです。

もちろん、クライアントになりうる相手との直接的な縁も重要です。

たとえ即案件発注という話にはならなくても、タイミングがあったときに声をかけてもらいやすくなります。

人脈を得るためには、積極的にコミュニケーションを取っていく必要があります。

業界内のセミナーや交流会などの各種イベントはもちろん、総合型のイベントや勉強会などにも積極的に足を運ぶと良いでしょう。

コミュニティスペースの活用や、コワーキングスペースの利用なども人気があります。

とは言え、人間関係の形成に絶対の正解はないものです。あなたならではの「人脈の広げ方」を研究するのもおすすめです。

5.サポート

案件を獲得する上で、自力の営業に限界を感じることもあるでしょう。

そんなときは、適宜サポートサービスを活用するのがおすすめです。

パラレルワーク(複業)向けのサービスは非常に豊富であり、案件の紹介やクライアントとのマッチングなどが受けられます。

ただし、数あるサポートサービスは、それぞれ特徴が異なっています。

どのサービスを使っても、問題なく案件が獲得できるというわけではありません。

案件獲得のためには、自分と相性が良いサポートサービスを使いこなすスキルが必要なのです。

まずは、自分が取り組むパラレルワーク(複業)の詳細を把握しましょう。

どのような方法で案件を獲得するのが良いのかを考え、適切なサポートサービスに登録してください。

たとえば、エンジニアやプログラマーであれば、人材エージェントやクラウドソーシングを利用する人が多いです。

総合型のサービスも良いですが、IT業界やエンジニアに特化したものを利用すれば、理想に合った案件が獲得しやすいでしょう。

クライアントの種類や、案件ごとの単価、登録者に求められるスキルもサービスによって異なります。

サービス詳細はもちろん、利用者の口コミなども詳しくチェックして利用しましょう。場合によっては、複数のサービスを並行して活用しても良いです。

現場で役立ったものは?口コミの紹介

ここまでで、パラレルワーク(複業)で案件を獲得するために必要なものを解説しました。

実際に現場で活躍している人の口コミを紹介します。

まとめ

今回の記事では、パラレルワーク(複業)で案件を獲得するために必要なものについて解説しました。

パラレルワーク(複業)でコンスタントに案件を獲得するためには、スキル以外にも様々なものが必要です。

  1. クライアントと出会う
  2. クライアントに信頼してもらう
  3. クライアントの要望に応える

上記の3ステップをバランスよくこなせるようになると、安定して案件獲得がしやすくなるはずです。

安定してパラレルキャリアが築けるよう、スキル以外の部分も工夫していってください。

こーへい
技術力だけでなく、コミュニケーション力や人脈も大事です。そのためには、サポートサービスを活用するのがおすすめです。
関連記事

この記事でわかることどんな複業・副業を選べばよいのか?選び方のポイント!自分に合った複業・副業サービスや転職サイトの見つけ方を解説!複業や副業をするメリットとは?こーへい複業・パラレルワー[…]

複業・パラレルワークや副業におすすめの求人サービスを徹底比較!