エンジニアになりたい人向け! プログラミングスクールまとめ

エンジニアは資格や学歴に関係なくできる仕事ですが、より効率良くスキルや知識を身に着けたいあなたには、プログラミングスクールがおすすめです。

最新の技術を身に着けやすいですし、疑問点もすぐに解決しやすいでしょう。

今回の記事では、エンジニアになりたい人向けのプログラミングスクールについて解説します。

プログラミングスクールに通うメリットや選び方、具体的なおすすめスクールを紹介するので、興味を持っているあなたは是非チェックしてみてください。

こーへい
プログラミングを覚えれば、一気に副業(複業)の選択肢が広がりますね!

当記事の内容はこちら

  1. プログラミングスクールに通うことで、エンジニアになるための勉強を効率良く進めやすくなる
  2. 実際に利用するプログラミングスクールを選ぶときには、授業タイプや授業料、就職支援サービスの有無などから検討すると良い
  3. 「ITCE Academy」や「TECH::EXPERT」「ポテパンキャンプ」などの優良プログラミングスクールから、自分と相性が良いところを利用するのがおすすめ

おすすめのプログラミングスクール8選

現在、IT業界の急成長もあり、非常に数多くのプログラミングスクールが登場しています。

その中でも特におすすめのプログラミングスクールをピックアップして8つ紹介していきます。

1.ITCE Academy

ITCE Academy

講義と就職支援まで、トータル完全無料で利用できるプログラミングスクールです。

オフライン形式の講義がメインですが、遠方に住んでいる人は宿泊施設のサポートを受けることもできます。エンジニアになるための金銭的な負担が、かなり軽くなるでしょう。

専任のコンサルタントが在籍しており、講義や今後のキャリアについて、マンツーマンで綿密なサポートを受けることも可能です。

完全無料で利用できるプログラミングスクール!

ITCE Academy公式サイト

2.TECH::EXPERT

エンジニアへの転職が成功すれば、授業料が全額返済されるプログラミングスクールです。

その上転職成功率98%を誇っているため、着実に実力を身に着けていけるでしょう。
未経験からエンジニアを目指せる丁寧なカリキュラムが特長なので、心機一転して新しいキャリアを探りたい人にもおすすめです。

講義はオフラインタイプとなっていますが、「短期集中コース」や「夜間・休日コース」など、自分のスケジュールに合わせた選択が可能となっています。

転職成功率98%!転職できれば授業料が全額返済!

TECH::EXPERT公式サイト

3.Tech Boost

最短3カ月から、エンジニアになるためのスキルを身に着けることができます。

運営元はエンジニア特化型のキャリアサービスを展開している「Branding Engineer」なので、スキル習得後の就職サポートも充実しています。

現役のエンジニアが講師として参加しているため、最新技術を漏れなく学習することができるでしょう。

実践型のカリキュラムとなっているため、今すぐエンジニアに転職したいと思っている人におすすめのスクールと言えます。

最短3カ月でエンジニアに!

Tech Boost公式サイト

4.GEEK JOB

未経験からの就職成功率が非常に高いプログラミングスクールです。

講義参加から転職成功までの期間は、最短22日。実践型の講義スタイルで、短期間に集中してスキルアップを目指すことができます。

説明会や体験会が頻繁に開催されており、参加費は完全無料。

実際の授業スタイルを体験して、納得がいった場合のみ本格的に申し込みをすることができます。

マンツーマンの指導スタイルを取っているため、現役のエンジニアやプログラマーから、綿密なレッスンを受けることができるでしょう。

卒業時に実際の制作もおこなうため、転職時には既に実績を持てるのもポイントです。

実際の授業スタイルを体験できる!

GEEK JOB公式サイト

5.ポテパンキャンプ

エンジニア向けのキャリアサービスを展開している「ポテパン」が運営するプログラミングスクールです。

独自のカリキュラムは、企業サイドに求められているエンジニアを育てるための内容となっているため、転職してからも即戦力になれるスキルが身に着くでしょう。

講義はオフラインタイプで、複数人の現役エンジニアから指導が受けられます。

スタート時には授業料が発生するものの、無事に転職が成功すれば、全額キャッシュバックしてもらえるサービスつき。

もちろん、転職支援も充実している上、都度細やかなキャリア相談を受けることも可能です。

即戦力になれるスキルが身に着く!

ポテパンキャンプ公式サイト

6.TechAcademy [テックアカデミー]

エンジニアやWebデザイナー、マネジメントなど、IT業界向けの様々なコースがあるスクールです。

特にエンジニア向けのコースは多岐に渡っており、「Webアプリケーションコース」「フロントエンドコース」「Javaコース」「Unityコース」など、身に着けたいジャンルに特化した講義を受けることができます。

目指にしたい方面が固まっている志望者に向いているプログラミングスクールだと言えるでしょう。

もちろん、複数のコースを選択することも可能です。お得なパックプランもあるため、無料相談からスタートするのがおすすめです。

コースの種類が豊富!

TechAcademy公式サイト

7.Udemy

オンラインタイプの教育プラットフォームです。

様々なスキルや知識のレッスン動画を視聴できるサービスで、特にIT業界向けのレッスンが充実しています。

現役エンジニアが手掛けている動画も非常に多いため、現場の最先端をリアルタイムに体感することができるでしょう。

無料の動画も多いため、まずは気になる講座を軽くチェックしてみて、徐々に絞込んでいくと良いでしょう。

オンラインで気軽に始めたい方は!

Udemy公式サイト

8.DMM WEBCAMP

転職保証付きのプログラミングスクールです。

利用者のうち90%以上が未経験からスタートしているため、新しいキャリアを探りたいあなたにもぴったりです。

現役エンジニアの丁寧な講義で、0からスキルや知識を養っていくことが可能です。

万が一転職ができなかった場合は、授業料を全額返金してもらえます。学びながら自分のキャリアを考えていきたい人にもぴったりでしょう。

利用者の90%以上が未経験!

DMM WEBCAMP公式サイト

プログラミングスクールに通うメリットとは?

エンジニアは、学歴や資格に関係なく務めることができる仕事です。

しかし、プログラミングスクールを利用することは様々なメリットがあります。具体的な内容を紹介しておきましょう。

勉強を継続しやすい

資格や学歴が関係ないとは言え、エンジニアの仕事は非常に専門性が高い内容です。

そのため、独学で勉強をすると壁にぶつかってしまうことが多いのです。疑問点が解決できなかったり、モチベーションの維持が難しかったりして、独学でエンジニアを志望する人の90%は挫折していると言われています。

プログラミングスクールに通うことで、効率良く学ぶノウハウを身に着けることができます。

自分と同じようにエンジニアを目指している人が通っているため、モチベーションの維持がしやすいでしょう。

継続して勉強に取り組みやすくなり、挫折率を下げやすくなるのです。特に未経験の人にはぴったりでしょう。

就職・転職支援が受けやすい

プログラミングスクールの中には、就職や転職の支援をしているところが非常に多いです。

ITやWeb業界と深い結びつきを持っているプログラミングスクールも多いため、就職斡旋をしてくれたり、ポートフォリオ作成や面接のアドバイスをしてもらえることもあるでしょう。

プログラミングスクールで身に着けたスキルや知識をムダにすることなく、スムーズな就職・転職がしやすくなるのです。

現役エンジニアの声が聞ける

プログラミングスクールの中には、現役のエンジニアが講師を担当しているところも少なくありません。

そのため、現場経験者ならではのアドバイスを受けやすい上、即戦力になるスキルや知識を与えてもらいやすいのです。

プログラミングスクールの選び方

エンジニアを目指している人にとって、どのようなプログラミングスクールに通うべきなのでしょうか?

スクールの基本的な選び方について紹介します。

授業タイプ

プログラミングスクールには、主に2つの授業タイプがあります。

「オフラインタイプ」は、対面式の授業です。

一般的な講義なので、タイムラグなく質問もしやすいですし、スクーリングによってその他の生徒と交流を持つこともできます。

「スクールに通っている」という実感も沸きやすいため、モチベーションを上げるのにも効果的でしょう。

一方で、決められた場所や時間で通う必要があるため、手間や時間のコストがかかりやすいという弱点もあります。

「オンラインタイプ」は、パソコンの動画配信やネット通話を利用した授業です。

時間や場所の制限が少ないため、忙しい人が隙間時間を有効活用してエンジニアを目指しやすい授業スタイルと言えます。

自分のペースで勉強が進めやすいというメリットもあるため、無理なく着実にスキルアップを目指せるでしょう。

一方で、質問や相談によるタイムラグは発生しやすいです。

「オフラインタイプ」も「オンラインタイプ」も、どちらもメリット・デメリットがあるので、あなたにより適切な方のプログラミングスクールを利用するようにしましょう。

授業料

授業にどのくらいの金額が発生するのかも、プログラミングスクールを選ぶ重要なポイントになります。

金銭的な負担は軽い方が良いため、割り引きサービスやキャンペーンが適用できるプログラミングスクールを選ぶと良いでしょう。

ただし、単に「授業料が安いかせら」という理由だけでプログラミングスクールを選んではいけません。

金額の安さには、それだけ理由があります。

たとえば一回の授業に参加する生徒数が多く、講師にかかる費用が少なくて済むからかもしれません。

マンツーマンレッスンで、細かい質疑応答を期待している人には不向きです。

授業以外のサポートサービスが薄いからかもしれません。就職支援やキャリア相談を期待している人には不向きのスクールでしょう。

授業料の安さは、理由を分析した上で、あなたにとって問題がないプログラミングスクールだと判断してから申し込むようにしましょう。

就職支援

プログラミングスクールの中には、規定の講義が終了したあとは、就職支援を受けられるところもあります。

身に着けたスキルや知識を活かして、すぐに就職先を見つけたい人は、就職支援が充実しているプログラミングスクールを選ぶと良いでしょう。

中には、エンジニア向けの求人サービスが運営しているプログラミングスクールもあります。この場合、就職を条件として授業料が完全無料になるパターンもあります。

今後のキャリアビジョンを明確にした上で、将来に結びつくプログラミングスクールを選ぶのがおすすめです。

まとめ

今回の記事では、エンジニアを目指す人に向けて、プログラミングスクールのメリットや選び方などを解説しました。

IT業界の休息発展により、エンジニアの需要はますます高まっていくでしょう。

しかし、エンジニアは高い専門知識や技術が求められるため、独学でスキルを身に着けるのには限界があります。

そのため、講義タイプや授業料、就職支援などの条件が良いプログラミングスクールを利用するのがおすすめです。

あなたと相性が良いスクールを身に着けて、エンジニアへの道を切り拓いていってください。

関連記事

働き方改革という時代が大きく変化する中、副業を始めて収入アップやスキルアップを図りたいITエンジニアの方も多いのではないでしょうか。webディレクター・コーダー・デザイナー・プログラマーなどのITエンジニアの方は、副業や[…]

エンジニアが副業で稼げる案件サービスを徹底解説!
関連記事

副業したいエンジニアやプログラマーにおすすめのエージェントサービスやマッチングサービスをランキング形式でご紹介します。「収入アップしたい」、「スキルアップしたい」など、様々な理由で副業を始めたいと考えているエンジニアの方[…]

エンジニアにおすすめの複業サービスランキング【2019年版】
関連記事

プログラマーとして働いている人の中には、本業の収入だけでは不満だけど自分のスキルとは関係のないバイトはしたくないと考える人も多いのではないでしょうか。どうせ副業をするのであれば、高単価でスキルに繋がるプロジェクトに参加し[…]

プログラマーが土日副業で稼げるおすすめサービス11選!
関連記事

エンジニアは、パラレルワーク(複業)や副業がしやすい仕事と言われています。在宅でも働きやすい上、スポットで案件受注もしやすいことから、エンジニア向けの人材サービスやマッチングシステムもたくさん登場しています。パラレルワー[…]