パーソルテクノロジースタッフの評判はどう?ITエンジニア専門派遣サービスの口コミから分かるメリットを解説!

「パーソルテクノロジースタッフ」は、IT・エンジニア専門の派遣・転職サービスです。

エンジニアやデザイナーなど、IT関連の求人に特化しており、高時給かつ好条件の案件が見つかりやすいことで知られています。

時短案件も豊富に取り扱われているため、副業やパラレルワーク(複業)に活用する人もたくさんいます。

今回はそんな「パーソルテクノロジースタッフ」について、サービスの具体的な特徴やメリット、口コミなどを紹介していきます。

転職を考えているITエンジニアはもちろん、副業や独立を目指しているあなたも是非チェックしてみてください。

当記事の内容はこちら
  • 「パーソルテクノロジースタッフ」は、IT・エンジニア分野に特化した転職・派遣サービス。人材分野の大手グループが運営しているため、豊富かつ好条件な求人を取り扱っている
  • すべての案件で交通費支給、オンライン登録可能、社会保険やライフサポートなどの福利厚生も充実している
  • ただし、完全在宅勤務には向いていない。未経験者向けの案件も少ないため、条件が合わないと仕事が見つけにくくなってしまう

パーソルテクノロジースタッフとは?

「パーソルテクノロジースタッフ」とは、IT・エンジニア関連に特化した転職・派遣サービスです。

転職や人材分野で国内トップクラスの実績を持つ「パーソナルグループ」が運営しているため、独自の求人ネットワークがあり、好条件の就労を目指しやすくなっています。

パーソルテクノロジースタッフ の運営会社はパーソルテクノロジースタッフ株式会社

パーソルテクノロジースタッフ株式会社
会社名パーソルテクノロジースタッフ株式会社
住所〒163-0451 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング51F
事業内容ITエンジニア派遣、ものづくりエンジニア派遣、IT・ものづくりに関する受託

よく分かるパーソルテクノロジースタッフのサービスの特徴

まずは、パーソルテクノロジースタッフの特徴を詳しく解説していきましょう。

IT・エンジニアに特化した転職・派遣サービス

パーソルテクノロジースタッフは、IT・エンジニア分野に特化した転職・派遣サービスです。

取り扱っている職種は、主に以下のようになっています。

パーソルテクノロージースタッフの案件職種

開発

  • オープン系・Web系
  • 汎用系
  • 制御・組み込み系
  • クラサバ系
  • DB系

ネットワーク

  • ルーティング系
  • サーバー系
  • 運用・監視系

テクニカルサポート・ヘルプデスク

  • テクニカルサポート系
  • ヘルプデスク系

その他

  • IT営業
  • Webクリエイティブ

機電エンジニア

  • 機械設計・開発
  • 電気・電子設計・開発
  • 制御・ソフトウェア設計・開発
  • CADオペレーション

パーソルテクノロジースタッフは基本的には派遣サービスですが、紹介予定派遣の案件も多いのが特徴です。

「紹介予定派遣」とは、派遣スタッフとして働きながら、契約社員や正社員を目指せる制度です。派遣期間の満了後、企業との条件が合致すれば、より安定した雇用契約を結ぶことができるのです。

まずは派遣スタッフとして働きながら、ゆくゆくは正規雇用を目指したいあなたにも向いているサービスでしょう。

キャリアコーディネーターによる案件紹介

パーソルテクノロジースタッフに登録すると、キャリアコーディネーターが条件に応じた仕事を紹介してくれます。

もちろん、キャリア相談にも乗ってもらえますし、スキルアップのアドバイスももらえます。初めて派遣サービスを利用する人や、今後のキャリアに悩んでいる人は、丁寧かつ有力なバックアップを得られるでしょう。

パーソルテクノロジースタッフのキャリアコーディネーターは、IT業界に精通しているだけではありません。

それぞれ専門分野を持っているため、より的確なアドバイスをおこなうことができるのです。

「Webクリエイターキャリアコーディネーター」「アプリケーションエンジニアキャリアコーディネーター」「インフラエンジニアキャリアコーディネーター」などが在籍しているため、それぞれの職種の特徴を理解した上で、もっとも効率よく働ける現場を見つけてくれるでしょう。

パーソルテクノロジースタッフってどれくらい稼げるの?

副業にしてもパラレルワーク(複業)にしても、やはり「どのくらい稼げるのか?」は重要なポイントですよね。

パーソルテクノロジースタッフのサービスを利用した場合、報酬はどの程度得られるのかを解説していきます。

案件によって金額は多様

大前提として、求人案件によって報酬の金額は異なります。

パーソルテクノロジースタッフで取り扱っている案件は高時給のものが多いですが、クライアントや仕事内容、個人のスキルなどによって、具体的な報酬額は変動するものだと思ってください。

実際の時給例

パーソナルテクノロジースタッフで、実際に取り扱われている求人案件の時給例をピックアップしてみましょう。

SAPシステム等基幹システムの管理運営時給2,800円
ゲーム会社のカスタマーサポート時給1,800~1,950円
ExcelVBA、AccessVBAでの部内ツール開発時給2,400~2,500円
官公庁向け仮想化システムインフラ2次運用・構築時給2,400~2,600円
ソフトウェアエンジニアリング業務時給2,200~2,400円
ソーシャルゲームのデザイナー時給1,800~1,850円
オンラインゲーム企業での保守開発時給2,000円
大手ゲーム企業で3DCG背景モデリング時給1,630円~1,700円
宇宙機器の機械設計・解析時給2,500~2,700円
Web制作会社でのディレクター時給1,950~2,000円
図面作成補助(CADオペレーター)時給1,650円
センサー機器の機械設計補助、評価時給1,600~1,650円
自動車電子機器関連の生産準備時給1,800円
エレベーターの機械設計時給2,000~2,400円
民間航空機用エンジンのプロジェクト管理サポート時給1,800~2,000円
磁気共鳴装置のデジタル回路設計時給2,200~2,470円

こうして見ると、仕事内容によって時給にも幅があることが分かります。

平均時給としては1,700~2,400円程度の案件が多いと言えるでしょう。

ただし、上記はあくまで時給例なので、ボーナスや各種手当による年収の変動があり得ます。

数あるIT・エンジニア向けの転職・派遣サービスの中でも、高時給の案件が多いため、スキルや実績を活かして、がっつり稼ぎたい人には魅力的なサービスとなっています。

パーソルテクノロジースタッフ のメリットは?

パーソルテクノロジースタッフのサービスを利用すると、具体的にはどのようなメリットが期待できるのでしょうか? 項目別に詳しく解説していきます。

副業にも使いやすい

パーソルテクノロジースタッフは派遣サービスですが、「週3日以下」「時短」などの案件も多数取り扱われています。

そのため、副業やパラレルワーク(複業)の案件探しにも有効活用しやすいのです。

「独立準備のために片手間で働きたい」「ワークライフバランスを重視して働きたい」といった希望も叶えやすいサービスだと言えるでしょう。

オンライン登録ができる

転職・派遣などの人材サービスは、利用時にまず「来社して登録手続きをしなくてはならない」というケースがとても多いです。

このコストは、実はとても大きいもの。

既に忙しく働いている人は時間が惜しいですし、遠方住まいの人は手間や交通費もかかります。

パーソルテクノロジースタッフは、登録拠点まで来社する必要なく、オンライン上で登録が完了するという魅力があります。

24時間365日、いつでも好きなタイミングで登録できるため、忙しい社会人でも最低限のコストで済むのです。

オンライン登録後は、そのまま案件の紹介が受けられるため、仕事探しにおけるタイムラグも発生しにくくなるでしょう。

もちろん、来社登録会も開催されています。

その場でキャリアコーディネーターのカウンセリングを受けることも出来るため、登録拠点に足を運びやすい人は、直接登録でももちろん良いでしょう。

手続きは1時間30分ほどかかりますが、直接アドバイスや説明がほしい人向けとなっています。

交通費が支給される

パーソルテクノロジースタッフで紹介されているすべての案件で、通勤にかかる交通費が支給されます。

もちろん、規定報酬以外の別途支給となっているため、「交通費だけで一日の手取りが減ってしまう」といったリスクもありません。

副業やパラレルワーク(複業)などでエンジニアをしていると、実費で交通費を支払うことも多いですよね。

そのコストを最大限に節約して働けるのも、パーソルテクノロジースタッフならではのメリットです。

社会保険に加入できる

パーソルテクノロジースタッフでは、派遣スタッフ用の社会保険を完備しています。

エンジニアの副業やパラレルワーク(複業)は、どうしても不安定になりがちです。

健康保険や厚生年金など、会社員ならではの安定性がないため、将来に不安を覚える人も多いでしょう。

パーソルテクノロジースタッフであれば、この生活基盤をしっかり維持し、安定して働くことができます。加入資格を満たしていれば、必ず加入してください。

パーソルテクノロジースタッフの社会保険

  • 健康保険
  • 介護保険
  • 厚生年金保険

パーソルテクノロジースタッフの労働保険

  • 労働者災害補償保険
  • 雇用保険

ただし、加入条件は「常用雇用者」と「短時間労働者」で異なります。

副業の場合は、本業の企業の社会保険との兼ね合いもあるため、事前にキャリアコーディネーターや営業担当などに確認しておきましょう。

健康診断が受けられる

副業やパラレルワーク(複業)において、健康維持は絶対に欠かせない要素です。

パーソルテクノロジースタッフであれば、年に1回の健康診断が受けられるため、定期的な体調確認がしやすいでしょう。

また、パーソルテクノロジースタッフはメンタルヘルスのサポートも充実しています。

就労中は年1回必ずストレスチェックをおこなっており、過重労働や心身の不調予防に役立ちます。

また、「産業医面談」や「厚生労働省・こころの耳 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト」なども利用できます。対面、電話、メールなどあなたの条件に応じたメンタルサポートが受けられるでしょう。

有給休暇がある

パーソルテクノロジースタッフは、一定期間継続して働けば、有給休暇を利用することができます。

原則6カ月の継続勤務から有給休暇が発生する仕組みになっているため、安定した働き方が目指しやすいでしょう。

有給休暇の申請は、電話やマイページでおこなうことができます。

休暇の残日数もマイページ上でチェックできるので便利です。

育児休暇・介護休暇が取得できる

所定の要件を満たしていれば、パーソルテクノロジースタッフでは育児休暇や介護休暇を取得することも可能です。

ワークライブバランスを重視して働きたい人にも、かなり大きなメリットと言えるはずです。

勤務先の就労規則によって条件が変動するため、就労前にキャリアコーディネーターや担当営業とともに確認しておきましょう。

スキルアップ支援がある

エンジニアとしてのスキルアップは、収入アップやキャリアアップなど、さまざまな方面に役立ちます。

パーソルテクノロジースタッフでは、各種スキルアップ支援をおこなっているため、働きながら実力を伸ばしたい人にもぴったりなのです。

プログラミングスクールの料金割引や、各種テキストの割り引き、語学アカデミーの優待や、資格取得サポートなど、かなりのバラエティとなっています。

以下は、スキルアップ支援の一例です。

OA

  • 富士通FOM社テキスト購入サービス
  • アビバOAスクール割り引き
  • KENスクール受講料金割り引き

語学

  • TOEIC(R)テスト優待試験制度
  • ベルリッツ入学金割り引き
  • アルクの通信講座が法人価格
  • 翻訳センターアカデミーの通信料金割り引き
  • DHC通信講座に法人料金適用

資格

  • エンジニア資格インセンティブ制度
  • LEC 東京リーガルマインド講座割り引き
  • 資格の大原グループ割り引き
  • WAO資格カレッジのe-ラーニング講座割り引き

ビジネスその他

  • 産業能率大学の授業料割り引き
  • 日本能率協会マネジメントセンター特別受講料適用
  • 産経学園の入学金割り引き
  • JETRO講座割り引き

ライフサポートが充実している

パーソルテクノロジースタッフは、福利厚生として各種ライフサポートもそろっています。

スポーツクラブの料金割引や、育児・出産関連のサポートサービスなど、さまざまな制度が整っているのです。

以下は、ライフサポートの一例です。

スポーツセントラルスポーツクラブの法人料金適用
育児・出産ワーキングママ&パパ専用相談窓口
育児・出産チャイルドケアサービス
育児・出産仕事復帰プログラム
健康おうちでドック
就労パーソル・D&I応援制度
ビジネス日経BP社ビジネス書籍割引購読

語学を活かして働きやすい

パーソルテクノロジースタッフは、あなたの語学力を活かして働きやすいというメリットもあります。

英語や中国語、韓国語などの語学スキルを活かして働ける案件の取り扱いが多い上、好条件に結びきやすいのです。

語学関連の資格を持っている人や、留学経験がある人、外資系企業で働きたい人などにも好評を博しています。

以下は、語学スキルを活かして就労できる案件の一例です。

ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア(海外サポートチームへのエスカレーション、グローバルワークショップへの参加など)時給3,000~3,500円
開発エンジニア(ひな形なしの英文作成、英文による資料・マニュアル作成など)時給3,000円
CADオペレーション(英語の仕様書や図面理解および作成)時給2,390~2,850円
テクニカルサポート(システムに関する英語ヘルプデスク業務)時給1,800~1,950円
設備保全(溶接条件のグローバル展開に関わる業務、海外出張)時給2,310~2,440円
PMO・SEアシスタント(外資系企業のアシスタント、ビジネス英会話やビジネス英文書作成など)時給3,300円
セキュリティエンジニア(グローバルで推進する部署でのPMO)時給3,100円

このように、語学力があるほど高報酬の案件も増える傾向にあります。

もちろん、言語や語学レベルに合わせたマッチングをおこなってくれるため、無理なく就労できる環境も実現しやすいでしょう。

パーソルテクノロジースタッフのデメリットはないの?

さまざまなメリットが期待できるパーソルテクノロジースタッフですが、一部にはデメリットもあります。

実際にパーソルテクノロジースタッフのサービスを利用する際には、弱点についても的確に把握しておくようにしましょう。

リモートワーク(在宅)には向いていない

パーソルテクノロジースタッフでは、完全在宅案件は基本的に取り扱っていません。

転職・派遣を目的とした求人サービスなので、いずれの案件も原則出社勤務です。実際の就労先の条件によって、一部リモートワークが認められることもあり得ますが、完全在宅勤務の案件を探している人には向いていないでしょう。

遠方に住んでいる人も、サービスへの登録自体は可能ですが、あくまで転居予定がある場合のみとなっています。

未経験者向けの求人は少ない

パーソルテクノロジースタッフで取り扱っている求人は、経験者向けの案件が多めとなっています。

中には未経験者でも応募できる案件もありますが、これまでの実績やスキルを重要視するクライアントの割合が高くなっています。即戦力を期待する傾向にあるからこそ、高時給が実現しているとも言えるのです。

既にエンジニアやプログラマーの経験があり、新しい分野にチャレンジしたいという場合は、ポテンシャルを重視してくれることもありますが、まったくの未経験から就労を目指すのは難しいかもしれません。

キャリアアドバイザー・営業担当とのミスマッチがある

前述したように、パーソルテクノロジースタッフにはキャリアアドバイザーと営業担当が在籍しており、あなたの就労をサポートしてくれます。

基本的には細かくキャリア相談に乗ってくれる上、的確な案件相談をしてくれるはずなのですが、人と人同士なので、どうしても相性が合わないことがあります。

スタッフとのミスマッチがあると、思う通りの条件で働けなかったり、アドバイスを役立てにくかったりすることもあるでしょう。

希望すれば担当を交換してもらうことも出来ますが、その手間やストレスがデメリットに繋がることもあります。

地方の案件は少なめ

パーソルテクノロジースタッフの対応エリアは「関東」「関西」「東海」となっています。

都心部ほど求人が多く、地方にいくほど案件の数は減っていきます。

そのため、地方在住者は就労しにくかったり、出勤のコストがかかりやすいというデメリットがあるのです。

パーソルテクノロジースタッフの口コミ・評判

実際にパーソルテクノロジースタッフのサービスを利用している人の口コミや評判をチェックしてみましょう。

僕が派遣社員として就業したその会社は非常に恵まれた労働環境で、和気藹々としつつも、スキルの高いエンジニアが多く、ほぼ素人だった僕にも手取り足とりITを教えてくれました。
正直、彼らには今でもめちゃくちゃ感謝しております。そんな最高の現場を見つけてくれてパーソルテクノロジースタッフよ、ありがとう。

引用:引用:https://www.ryukke.com/?p=4553

オンラインで登録した内容・職務経歴を踏まえた上で、こちらの希望を具体的に話すことができます。
僕はRubyを使ったプロジェクトに参加したいと考えておりましたが、実際に職務でRubyを使ったことはありませんでした。若干ダメ元で相談してみたのですが、「参加できるRuby案件いくつかありますよ」と担当者の一言。
しかも時給は最低でも2000円は保証できるとのこと。未経験者を送り込むことのできる案件獲得力と営業力は流石大企業。まさかエンジニア歴2年の僕が業務で使ったことのないプログラミング言語を使った現場に就業できるとは思ってもみませんでした。

引用:引用:https://tisnote.com/persol-tech-haken/

パーソルテクノロジースタッフを利用する流れ

それでは、実際にパーソルテクノロジースタッフのサービスを利用する場合の流れについて解説していきます。

1.マイページ開設

まずはオンライン上から「マイページ」を開設します。

登録はすべて無料でできるため、まずはお試しで開設してみるのも良いでしょう。

2.登録

パーソルテクノロジースタッフのサービス登録をおこないます。

「オンライン登録」か「来社登録」のどちらかが選べます。

オンライン登録の場合は、簡単なプロフィールや職務経歴書を提出します。

実際の仕事が決まったら、身分証明書などの詳細な書類を準備してください。

パソコンはもちろん、スマートフォンからも登録できるため、より気軽に利用しやすいでしょう。

来社登録の場合は、パーソルテクノロジースタッフのオフィスに行ってください。

所用時間は1時間30分程度で、身分証明書や職務経歴書を持参しましょう。

具体的な流れは、以下のようになっています。

  1. 登録ガイダンス
  2. 適正確認シート・スキルチェック
  3. キャリアコーディネーターによるカウンセリング

3.求人紹介・面接

マイページへの入力内容や、登録会でのカウンセリング内容などに応じて、案件の紹介をしてもらいます。

マイページ上のメッセージ、メール、電話など、あなたが利用しやすい方法で連絡がもらえます。

紹介予定派遣であれば、求人案内のあとに、クライアントとの面接があります。

条件のすり合わせや、あなたのアピールなどをおこなってください。

4.仕事決定

面接の内容を踏まえて、本格的に仕事が決定したら、担当営業から連絡が入ります。

この時点で、改めて就労条件や就労意志の確認をおこないます。面接を受けたからといって、必ずその仕事を受けなくてはいけないわけではありません。

入社意志が固まったら、この時点から契約の手続きに進みます。

5.入社手続き・オリエンテーション

契約内容の確認や、社会保険等への加入手続き、就業ルールや秘密保持のオリエンテーションなどをおこないます。

オンライン登録の場合は、本人確認書類(パスポートや運転免許証など)の提出と、現住所の確認(住民票や公共料金の支払い明細など)をおこなってください。

6.就労スタート

契約先の企業での実働がスタートします。

就労中は定期的に担当営業からのヒアリングがあるため、不安や疑問などを細かく相談することが可能です。

7.契約更新・案件紹介

派遣契約で働いている場合は、契約期間に応じて更新の確認や、次の案件紹介などもおこないます。

こちらも担当営業から連絡があり、就労中の業務の傍らで相談することができます。

案件同士のタイムラグなく、続けて就労できるようにバックアップしてもらえるでしょう。

8.正社員への切り替え

紹介予定派遣の場合は、正社員への雇用切り替えをおこなう場合もあります。

就労先とあなたの意思確認をおこなった上で、担当営業やキャリアコーディネーターと相談し、条件が合えば内定・入社のステップに進むことになります。

パーソルテクノロジースタッフをはじめよう

パーソルテクノロジースタッフは副業で利用できる?サービスの特徴や口コミ・評判まで解説!

今回の記事では、IT・エンジニア関連に特化した転職・派遣サービス「パーソルテクノロジースタッフ」について解説しました。

パーソルテクノロジースタッフは、エンジニアの好条件求人を多数取り扱っているサービスです。

ITエンジニア、機電エンジニアの両方を対象にした、数多くの案件がそろっています。

国内最大規模の人材企業が運営しているため、「高時給」「キャリアアップ」など、ニーズに応じた案件を見つけやすいという魅力があるのです。

福利厚生も充実しており、有給休暇や育児休暇、介護休暇などの制度もあるため、ワークライフバランスを重視して働きたい人にもメリットがあるでしょう。

ただし、完全在宅を希望する人や、未経験の人にはあまり向いていません。

自分の働きたい分野や傾向をチェックするのは忘れないようにしてください。

そしてパーソルテクノロジースタッフのサービス登録やカウンセリングは完全無料です。まずはお試しで登録してみるのも良いでしょう。

実際の案件情報をチェックしたり、キャリアコーディネーターと相談したりしながら、条件の合う案件が見つかった時点で、本格的な契約を検討すれば良いのです。

あなたのスキルや実績を強みに、是非パーソルテクノロジースタッフを活用してみてください。