ワークライフバランスとは

パラレルワークの文脈で用いられる用語「ワークライフバランス」について解説します。

ワークライフバランスとは

ワークライフバランス(work–life balance)とは、生活と仕事の調和・調整を指しています。

ワークライフバランスには、以下の2つの軸があります。

ファミリーフレンドリー(両立支援):働きながら育児・介護をするための環境を整える

男女均等推進:性別によって、募集・採用・配置・昇進における差別を受けない

上記を実践するためには、特に以下の改革が必要です。

  • 育児休暇
  • 短時間勤務制度
  • フレックス制度
  • 長時間労働の解消
  • 福利厚生の充実
  • 在宅勤務の実現   など

内閣府では、ワークライフバランスを以下のように定義しています。

「仕事は、暮らしを支え、生きがいや喜びをもたらすものですが、同時に、家事・育児、近隣との付き合いなどの生活も暮らしに欠かすことができないものであり、その充実があってこそ、人生の生きがい、喜びは倍増します。

しかしながら、現実の社会には、安定した仕事に就けず、経済的に自立することができない、仕事に追われ、心身の疲労から健康を害しかねない、仕事と子育てや老親の介護との両立に悩むなど、仕事と生活の間で問題を抱える人が多く見られます。

これらが、働く人々の将来への不安や豊かさが実感できない大きな要因となっており、社会の活力の低下や少子化・人口減少という現象にまで繋がっていると言えます。

それを解決する取組が、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現です。

仕事と生活の調和の実現は、国民の皆さん一人ひとりが望む生き方ができる社会の実現にとって必要不可欠です。」

(引用:http://wwwa.cao.go.jp/wlb/towa/index.html

そして、ワークライフバランスが実現することによって、以下が成立するとしています。

  • 就労による経済的自立が可能な社会
  • 健康で豊かな生活のための時間が確保できる社会
  • 多様な働き方・生き方が選択できる社会

ワークライフバランスが広がるメリット

ワークライフバランスが浸透することで、様々なメリットが得られます。

代表的な内容を、ピックアップして紹介しましょう。

女性社員が定着する

出産・育児における支援が充実し、かつ女性の雇用環境が安定することで、新しい働き手を確保することができます。

優秀な人材の確保

社員を大切にし、柔軟な働き方を実現することで、優秀な人材を効率良く確保できるようになります。

これは、人材の育成コストを削減することにも繋がります。

結果的には、国全体の労働生産性の上昇に繋がるでしょう。

モチベーションの向上

ワークライフバランスが充実している職場では、社員のモチベーションも上がりやすいです。

安定した労働環境が確保されているため、効率よく働きやすくなるのです。これは、職場内におけるコミュニケーションの活性化にも繋がるため、結果的にはやはり労働生産性の上昇に結びつくのです。