スキマ時間とは

パラレルワークの文脈で用いられる用語「スキマ時間」について解説します。

スキマ時間とは、予定と予定の間に発生した時間のことを指す言葉です。そのほとんどは短時間であり、「わずかな余裕」「少ない空き時間」といったニュアンスを持つ傾向にあります。

ビジネスでもプライベートでも利用できる言葉で、移動時間や待機時間を指すことが多いでしょう。

スキマ時間の有効活用方法

短いスキマ時間でも、効率良く利用することで、大きな成果をもたらしてくれる場合があります。

おすすめの活用方法を、スキマ時間の長さ別にいくつか紹介していきましょう。

~5分のスキマ時間

  • スケジュール確認
  • ToDoリストの見直し
  • ニュースのタイトルチェック
  • メールやラインのチェック
  • バッグやフォルダの中身を整理する

~10分のスキマ時間

  • メールやラインの返信
  • 電話連絡
  • ニュース本文を読む
  • 資料内容を確認する
  • 領収書を仕訳する
  • 気になる本のタイトルをチェック
  • 参考書のピックアップ
  • アイディアをメモする

~20分のスキマ時間

  • 気になる本を読む
  • 参考書を読む
  • アイディアをまとめる
  • 新聞を読む
  • 日報を書く

スキマ時間を有効活用するコツ

スキマ時間をムダなく活用するためには、いくつかのコツを知っておく必要があります。

短時間はインプットに充てる

一口にスキマ時間と言っても、その長さは異なります。

10分以上の余裕があれば、アウトプットにも利用できますが、3分や5分のスキマ時間では、まとまったアウトプットは難しいでしょう。

そのため、より短いスキマ時間は、インプットに活用するように意識してみてください。インプットは単位が小分けにしやすいため、ほんの僅かなスキマ時間でも実践しやすいのです。

「電車に乗っている移動時間」「お湯が沸くまでの待ち時間」などでも十分です。

良質なインプットをおこなうことは、上質なアウトプットに繋がっていくでしょう。

やることリストを作っておく

いざ発生したスキマ時間でも、「何をしようか」と悩んでいるうちに終わってしまってはもったいないですよね。

スキマ時間は、思いがけずに発生することも多いです。

いざ空き時間を手に入れたとき、やるべきことにすぐ手をつけられるようにしておくと、よりムダのない活用が実現します。

そのためには、「スキマ時間でやることリスト」を作っておくのがおすすめです。スマホのメモ機能や手帳の隅を利用した、ごく簡単なもので構いません。

リスト項目は、優先順位がわかりやすいようになっておくと良いでしょう。