スタートアップとは

パラレルワークの文脈で用いられる用語「スタートアップ」について解説します。

スタートアップとは

スタートアップ(startup)とは、ビジネスの「立ち上げ」や「起業」を指す言葉です。

企業形態そのものを表す言葉ではなく、「スタートアップ企業」という言い回しで、「創業から2~3年ほどの企業」を指していることが多いでしょう。

そしてスタートアップ企業とは、短期間で急成長を遂げる企業でもあるため、画期的な新しいビジネスを取り扱っている割合が高いです。創業まもない企業であっても、既に存在するビジネスを取り扱っている企業のことは、スタートアップ(企業)とは呼ばれません。

しばしば混同されやすいですが、スタートアップ(企業)は、「ベンチャー企業」とは意味が異なるものです。

創業間もなく、小規模な組織で運営しているというニュアンスは近いですが、ベンチャー企業はあくまで「新しい技術・高度な知識等をもとにして、大企業では実現しにくい経営を展開するスモールビジネス」です。

また、スタートアップ企業がアメリカ生まれの言葉であるのに対し、ベンチャー企業は和製英語です。

スタートアップ企業で働くメリット

スタートアップ企業で働くことは、既存の大手老舗企業で働くことと比べて、様々なメリットが期待できます。

今回は一部のメリットをピックアップして紹介しましょう。

自己裁量が大きい

スタートアップ企業は、コンパクトな人数で経営しているところばかりです。

そのため、社員ひとりあたりの責任が大きく、裁量の幅も広いです。

自分のアイディアや努力が、会社としての実績に直結しやすいため、やりがいを求める人に向いている職場でもあります。

スピード感を持って働ける

スタートアップ企業で手がける事業は、どれも今後の成長が見込めるものばかりです。

そのため、案件ごとのスピード感が早いという特徴があります。経営者やクライアントとの距離も近いため、迅速なやり取りが可能になります。

ひとつの企画を実現するまで、非常にスピーディに進められるため、短期間に豊富な実績を残したい人にも向いています。

スキルアップチャンスが多い

スタートアップ企業は任される仕事が多く、裁量も広い上、責任者との距離が近いです。

そのため、スキルアップのチャンスが非常に多いと言えるでしょう。

スピーディな現場は刺激も多く、効率良く成長したいと思っている人に向いています。

将来は独立や起業を考えている人にとっては、かなり勉強になります。

スタートアップで複業・副業をするなら、シューマツワーカーがおススメです!

関連記事

エンジニアなどの専門的なスキルを持っている人で複業を行ってみたいけれど、企業から仕事を請け負う方法がわからない人はいませんか。その悩みを解決してくれるのがシューマツワーカーです。シューマツワーカーでは、スタートアップした[…]

シューマツワーカー