プロジェクトとは

パラレルワークの文脈で用いられる用語「プロジェクト」について解説します。

プロジェクトとは、ある目的を達成するために結成された、組織や業務そのもののことを指す言葉です。

あくまで企業や組織そのものではなく、その内側・外側で構成された業務の単位だと言えるでしょう。

そのため、プロジェクトを遂行させるために集まった集団を「プロジェクトチーム」、その中のトップやリーダー、管理者のことを「プロジェクトマネージャー」「プロジェクトリーダー」などと呼ぶことがあります。

具体的な呼び方や役割は、業界やそれぞれプロジェクトの内容等によって変わります。

「プロジェクト」とは、複数の「タスク」から構成されています。

タスクを遂行し続けていくことで、プロジェクトが達成されるという流れがあります。

プロジェクトを効率良く進めるコツ

プロジェクトの中には、規模が大きなものや、短期間で目標を達成しなくてはいけないものなど、管理や進行の難易度が高いものもあります。

臨機応変な工夫が必要なのはもちろんですが、今回はプロジェクトを効率良く進めるための、基本的なコツを紹介します。

シングルタスクに分類し、優先度をつける

プロジェクトは、複数のタスクの集合体です。

マルチタスクは効率の良さにも繋がりますが、失敗すると大幅な遅れに繋がるケースもあります。

一度シングルタスクに置き換えて、それぞれに優先度をつけてみましょう。その上で、最も優先すべきタスクから順番にクリアしていくことで、スムーズなプロジェクト進行が実現しやすくなります。

タスクの開始と終了を管理する

タスクの開始と終了を明確にし、ひとつひとつを管理することで、進捗管理がスマートになります。

これはスケジュール管理を適切におこなうことにも繋がるため、進行にトラブルや遅れが発生した場合、問題を速やかに解消しやすくなるのです。

おすすめの方法は、Excelでガンチャートを作成することです。

タスクのスケジュールと担当者を明記し、終了次第チェックしていきます。日付でマイルストーンを表示させると、全体の管理がしやすくなります。

情報共有を徹底する

複数人で取り組むプロジェクトの場合は、情報共有が非常に重要なポイントになります。

どんな些細なことであっても、内容を共有し、文面で残しておけるようにしましょう。

ちょっとした変更点であっても、共有不備から大きなトラブルに発展するケースがあります。

細かく情報共有をおこなっていけば、ムダな業務を大きく減らすことができるため、最終的な生産効率の向上にも繋がるでしょう。